※最新記事は次の記事からです。この記事は常にトップとなります。

ハンドルネーム「アズラ」。
祖母からの学会3世。現在は、非活の40代主婦です。

10代は活動に打ち込むものの、八王子のS大学在学中、一般世間とのズレを感じ始める。
女子部時代は仕事に打ち込み幽霊状態。
婦人部となり、出産&退職後、我が子を思って活動したが、やはり違和感。
2013年の終わりに、地区婦人部長との会話がきっかけで、「違和感」が「不信」へ。
2014年2月、地区婦人部長の「20年30年後を楽しみにします。」というメールの一文で、覚醒へ。
ネットで様々な方の体験・経験を知り、「私だけじゃ無かった」と確信をもつ。
現在、非活として自分の半生を振り返り中。

自分の半生を振り返ると同時に、同じように悩んでいる方が何かを感じてもられえば、と思い、まとめました。
「人生は山あり谷あり」。「仏罰」などないのです。
誰にでも良いことは起こる。悪いことも起こる。悩みも出てくる。

冷静に考えれば、悩みの無い人なんて、いるのでしょうか?
壁に当たって宗教を求めることがあっても、それは個人の自由。
義務でもなく、人から強制されるものではないはずです。
私に創価の力は不要です。

2014年に感じたことを中心に、1~4のカテゴリでまとめました。
各記事の日付は時系列に並べたもので、実際に記事を書いた日付ではありません。
カテゴリ5.~は、2015年~に思ったことを綴っています。

【重要:コメントについて】
コメントは、承認制とさせて頂きます。
私と同じ考えの方(=創価という組織活動に反対意見を持つ方)のみ承認させて頂きます。
失礼ながら、創価万歳!という方、そういったコメントは、承認せず削除させて頂きます。
(創価の素晴らしさを語ったり、私に対して間違っている!と反論するコメント等)

私は、創価のおかげで幸福!という方は、周囲に迷惑をかけなければ良いと思っています。
宗教は自由なものと思うからです。
創価万歳の方に対し、反論して、やめなさい!とは言いません。
ですから、私に対しても、創価は正しい!と反論したり、説き伏せるようなコメントは拒否します。
私のブログのコメント欄は、同じ考えを持つ者同士が意見交換できれば、と思っています。

覚醒の確信をもつきっかけをくださった、「わだかまらない生き方(旧 don't trust ///)」の祥蘭さんに、心から感謝します。





[PR]
# by awake_2014 | 2017-12-31 00:00 | 0.はじめに

あっという間に春

仕事がちょっと多かった2月。
グループのメンバーさんが入院されちゃったのでね。みんなでカバーでした。
そして、あっという間に3月!
もうすぐ子供も春休み!くーっ!!世の中の子育てママさん、頑張りましょう!

…というわけで、またも期間が空いてしまいました。
コメントの承認やお返事が遅れて、申し訳ございません。
遅れても必ずお返事しますので、何か吐き出されたい方は、ぜひどうぞ。



前回のブログで「凶ひいた」という事を書きましたが、立春の日に、新たな春だ!ということで改めてひきにいったら、吉でした。まぁ…良かったです(汗)

そんな中、若手の女優さんが宗教団体に出家されたとかで、しばしワイドショーは賑わってましたね。(かなり前の話題でスミマセン。)私はNHKの朝ドラも見ていないし、全然知らなかったんですけども。
私は、その報道よりも、それに対しての長井秀和さんのFacebookの発言や記事の方が、興味津々でした。

創価に改宗したら、とか。
大先生の降ろしてお言葉を拝聴したら、とか。
とりあえず新聞を1ヶ月無料贈呈します、とか。
「長井秀和 Facebook」で検索すると、まあすごい量の記事が出てきます。興味のある方は見てください。

Yahoo!ニュースのコメント欄では、こういった発言に対して、気持ち悪い、というコメントが多かったけれど、私としては、かなり笑わせて頂きました。
気持ち悪い…な方は、長井さんが創価に籍がありつつ(ご本人は除籍されてるかも、とおっしゃってますが)、内部批判(になるのかな?)を芸人らしくしている現状があることをご存じないからでしょうね。

バリ活の方も、大先生の霊を降ろしてお言葉を…なんていうところは、ちょっと心揺れたんではないでしょうかね。すっかりお姿は拝見できませんし、新聞上での発言等も、大先生ご自身のものか分かりませんし。とても皮肉った感じです。
新聞の1ヶ月贈呈も、全く知らない方からすれば、気持ち悪い、ですけど、何かと新聞啓蒙やらされて、友人知人に自腹で1ヶ月「贈呈」しちゃう現状を知っている私からしたら「プププ」と吹き出してしまう一言です。
このニュースから少し時間が経ちましたが…あちらの団体さん、信者数は増えたのでしょうかね?



この一件で、週刊誌やネットでは、宗教団体の比較みたいな記事が出たりしました。相変わらず創価の信者数は、827世帯ということですが、本当にそうでしょうかね。
総務省統計局の発表によれば、平成27年の国勢調査で、日本の世帯数は約5300万世帯だそうです。
となると、約6.4世帯に1世帯は創価、ということになります。

マジか~?!

ご近所の向こう三軒両隣のうち一軒は創価世帯?
ワンフロアに7つの部屋があるマンションなら、ワンフロアに1世帯は創価世帯?
まぁ…私のような退会してないけど活動してない、できればさっさとやめて縁を切りたい人も含めれば、なんでしょうけど…。

って、いやいや、そんなにいますかね?
うちの近所を考えても、名簿見せられた時、結構な世帯数がいるこの町内で、何軒あったことか。
私みたいな幽霊を入れても、そんなにいるとは思えません。
まして、日々勤行唱題に励み、会合に参加し、新聞や書籍を読んでいる人なんて…。

財務の金額も謎だし、信者数も怪しいし…悪いことしてないのなら隠す必要なんてないのだし、正式な数を出してくれませんかね?
国勢調査みたいに、創価信者と言われる人全員に調査してくれないもんでしょうかねぇ…。

本当に800万世帯の信者がいて、みんなが頑張ってる組織だったら、もっと公明党の国会議員も増えるでしょうに。自民党との連携なんていらないはずなんですけども。



…と、女優さんのニュースを見ながら、あれこれ考えたりしておりました。
私の非活生活は、とても穏やかです(^^)
地区婦がかわって、またしつこく来られたらイヤだなぁ…と思っていましたが、「新地区婦に宣言」で書きましたけども、とりあえずズバッと言ったからなのか、訪問もメールも、な~んもなく。私の生活に創価が入り込んでくるのは、心配性の母ぐらいとなりました。
母については、まあ、度々書きたくなることが起こるわけですが(汗)
それはまた、ということで…。



[PR]
# by awake_2014 | 2017-03-15 00:00 | 7.その後(2017年) | Comments(8)