※最新記事は次の記事からです。この記事は常にトップとなります。

ハンドルネーム「アズラ」。
祖母からの学会3世。現在は、非活の40代主婦です。

10代は活動に打ち込むものの、八王子のS大学在学中、一般世間とのズレを感じ始める。
女子部時代は仕事に打ち込み幽霊状態。
婦人部となり、出産&退職後、我が子を思って活動したが、やはり違和感。
2013年の終わりに、地区婦人部長との会話がきっかけで、「違和感」が「不信」へ。
2014年2月、地区婦人部長の「20年30年後を楽しみにします。」というメールの一文で、覚醒へ。
ネットで様々な方の体験・経験を知り、「私だけじゃ無かった」と確信をもつ。
現在、非活として自分の半生を振り返り中。

自分の半生を振り返ると同時に、同じように悩んでいる方が何かを感じてもられえば、と思い、まとめました。
「人生は山あり谷あり」。「仏罰」などないのです。
誰にでも良いことは起こる。悪いことも起こる。悩みも出てくる。

冷静に考えれば、悩みの無い人なんて、いるのでしょうか?
壁に当たって宗教を求めることがあっても、それは個人の自由。
義務でもなく、人から強制されるものではないはずです。
私に創価の力は不要です。

2014年に感じたことを中心に、1~4のカテゴリでまとめました。
各記事の日付は時系列に並べたもので、実際に記事を書いた日付ではありません。
カテゴリ5.~は、2015年~に思ったことを綴っています。

【重要:コメントについて】
コメントは、承認制とさせて頂きます。
私と同じ考えの方(=創価という組織活動に反対意見を持つ方)のみ承認させて頂きます。
失礼ながら、創価万歳!という方、そういったコメントは、承認せず削除させて頂きます。
(創価の素晴らしさを語ったり、私に対して間違っている!と反論するコメント等)

私は、創価のおかげで幸福!という方は、周囲に迷惑をかけなければ良いと思っています。
宗教は自由なものと思うからです。
創価万歳の方に対し、反論して、やめなさい!とは言いません。
ですから、私に対しても、創価は正しい!と反論したり、説き伏せるようなコメントは拒否します。
私のブログのコメント欄は、同じ考えを持つ者同士が意見交換できれば、と思っています。

覚醒の確信をもつきっかけをくださった、「わだかまらない生き方(旧 don't trust ///)」の祥蘭さんに、心から感謝します。





[PR]
# by awake_2014 | 2018-12-31 23:59 | 0.はじめに

選挙ですねぇ

毎度のおきまり文句ですが、またまた久々の更新です。
が、我が家、平穏に暮らしております。日々、感謝。

始まりましたねぇ。選挙戦。
公示前は、毎日情勢が変わるような感じで、こんなの過去に無かったですね。
野党第一党が新党に吸収されちゃうなんて。
そしてナツオさんは「立憲民主党は、いっけん民主党だ」と演説でおっしゃっていて…テレビ見ながら「ダジャレかよっ!」と一人ツッコミ入れてました(汗)

当たり前ですが、今回も自分の意志でしっかりと考えた党・人に投票します。
これだけ情勢がドタバタしていると、マニフェスト見たり、立候補者の意見を読んだりするだけで、手一杯ですけどね。とても他人様に、ぜひ○○を!なんてオススメしてる余裕はございません。

私のブログでも、度々選挙のことは書いておりますが…
3-5.覚醒後の生活・2
今、アレなんでね
背筋の凍る選挙活動
投票には行きました
Fとるぞ!福運つむぞ!と思っている方々…最低限、公明党のマニフェストとか、しっかり読んで理解して下さいね…ホントに。

それにしても、公明党、最近ユルユルじゃないですかね?
昨年の参議院選挙で比例トップ当選をした長沢広明復興副大臣。
20代のホステスを議員宿舎に宿泊させ、カードキーまで貸していて、辞職。
さらに、比例近畿ブロックで公認されていた樋口尚也前文部科学省政務官。
文春に、赤坂のホテルで女性と密会、と報道されて公認辞退、離党。
まあ、指摘されてすぐ辞めるのは、最近多い不倫疑惑議員よりも幾分マシかもしれませんが。

解散総選挙か、と報道され始めた頃「考えただけで疲れる」とメールに書いてきた母ですが、この不倫議員に激怒しておりました。母に同情しときます(汗)
でも、私の感覚では思っていたほど大きく取り上げられなかったな、というか。
なんかこう…大きな力が、これ以上取り上げるなよ~という封じ込めをしているような気がしてなりませんけども。

そして、春頃から何もなく平穏だったのに、先日、地区婦が訪問…。夫が居たので「出かけてます」ってドアホンで対応してもらいましたけど。
普段は、あんな未活の人どーでもいいわ、なのに、選挙と財務の時だけは、一部員さんですから!みたいな対応してくるっていうね。
そして、その数日後、ポストに封筒が。
「ビクトリー唱題会のご連絡です。公明党の資料も入れておきます。」と、毎度おなじみ手作り入場券と資料。
はっきり言えよ~。選挙よろしく!って。確かこの名の唱題会、定例でやってるはずだけど、久々に聞きましたけどね。こんな時だけ連絡ですか。

ホントにもう…分かりやすいっていうか。
選挙終わったら、今度は財務の時期にくるんでしょうね。
何も活動してないのに、なんで最低1万円の寄付しなくちゃいかんのか。会館の敷地に入ったこともないし、何のお世話にもなってないんですけどね。

と、吐き出させて頂いて、家の中では笑顔で楽しく過ごしたいと思います♪



[PR]
# by awake_2014 | 2017-10-13 00:00 | 7.その後(2017年) | Comments(4)