1-1.子供の頃

祖母が入信していた3世。よって生後3ヶ月で入信しました(させられてました)。
物心つく前から、親と座談会に行くことが普通の生活です。。
ただ、今から思えば、夜の会合についていくと、終わるのが20時半頃で、だらだらとお茶を飲み、帰宅が21時頃。それから風呂に入ったりするわけで、決して子供にとって規則正しい生活のリズムではなかったと思います。

小学校5,6年の時は、県の合唱団に入りました。11~12歳ながら、信心についての厳しい訓練を受けました。周りの大人は褒めてくれるし、疑うことはありませんでした。

それ故、当時の「創価以外は邪宗」という教えがこびりつき、子供の頃、友達と神社のお祭りに行くとか、子供神輿を担ぐだとか、初詣に行くということは、未経験の世界。
神社のお守りを大事に持つ同級生達を、心の中で笑っていたほどです(全くもって恥ずかしい話)。

それでも、小学生ながら、多少の疑問がありました。
「お題目は、一遍でも心を込めて唱えれば御本尊様に通じるのよ」と言われたり
「1時間しっかりお題目をあげれば、勝利に向かって進めるのよ」と言われたり。
一遍でも通じるなら、1時間も2時間もあげる必要ないんじゃないの?
毎日心のこもった三遍やってればいいんじゃいの?
…なんて思っていました。

その後も熱心に活動を続け、中等部、高等部では部長として、活動していました。
未来部で、「祈れば願いが叶う」と教えられました。「信心があれば、何事も勝利できる。」

でも、勉強ができる友達、運動ができる友達。みな、学会員ではありませんでした。カバンに神社のお守りをつけている。その子が学年トップクラスの成績だったり、スポーツで県大会出場したり。
信心が無くても、勝てるんじゃない?という、素朴な疑問を持ち始めた10代でした。

小中高と、今で言う「バリ活」という部類だったのかもしれませんが、私は、勤行・唱題が嫌いでした。
「普通の子供だから」だと思います。
長時間正座して、お題目を唱えるなんて、出来ませんでした。
(今振り返ると、この点が良かったこと、なのですが。)
でも、周りからは「あげてる?」「頑張ってる?」と聞かれ、「はい」と嘘をついていました。嘘でも「はい」と言えば、褒められるからです。

簡単です。勉強やスポーツとは違うのです。
「勉強してる?」「はい。」嘘をついても、結果が出ます。テストで点を取れなければ嘘はバレます。
「練習してる?」「はい。」スポーツだって同じです。練習していなければ出来ないことがあるし、嘘はバレます。

しかし、創価は違います。 「お題目あげてる?」「はい。」嘘をついても、どうにでもなるのです。
ちょっと成績があがれば「お題目をあげたからだね」と言われ、
ダメだったら「もっとお題目をあげれば変わるよ」と言われる。

どっちでもオッケーなのです。

幼かった頃…。
母は「御本尊様が守ってくれるから」「お題目あげてるからね」と言ってくれました。
でも、後から考えると「お母さんがいるから大丈夫よ」って言われたこと、あったっけ?

私自身、母親となって考えました。
「ママがいるから大丈夫よ」そういってハグすると、子供は満面の笑みを返してくれます。
私が子供の頃、そう言われたことって?






[PR]
Commented by choco at 2015-01-26 13:47 x
初めてコメント書き込みさせて頂きます。
私は学会員でも無く、元学会員でもない。たまたまマンションの学会員バリ活さん達に、嫌がらせをされてるもので、周りに学会員が居なかったものですから、学会員の事を知りたく、元学会員の方のブログ記事を時々拝見している者です。

「お母さんがついてるから大丈夫よ」これって、当たり前のように、誰でも子供の頃に、親からかけて貰う言葉だと思ってましたが、そうではないお話に驚きで、想像もつきませんでした。
時々同じような事が多々あるのです。
非会員には当たり前の事が、元学会員の方の記事の中に、ご自分の覚醒に至った経緯などのエピソードの中に、世間とのズレ、ギャップの大きさを感じるます。
これは、学会員の親を持ってたからこその経験だと思います。
そんなエピソードがたくさんあるので、学会って不思議、学会員って何?と思ってます。

こちらの嫌がらせする学会員は、世間でいうところのお花畑集団で、所謂創価脳と呼ばれる典型的な方達です。
やたら攻撃的で、人のせいにばかりしますが、学会員の中にいてそうなったのか、元々の気質なのか、一般人から見て大きく違和感があります。

色々書きましたが、基本的に嫌がらせや迷惑行為をしなければ、信心は自由なので構わないと思ってます。
Commented by awake_2014 at 2015-01-27 00:22
chocoさん、コメントありがとうございました。アズラです。

嫌がらせですか…。全ての学会員がそうではないと思うのですが
(幸いなことに、私の周囲にはおりません)
中には過激な人もいると、覚醒された方のブログで拝見しました。
chocoさんは、学会員でもないのに…なんですね。
何ともひどい話です。

子供の頃から創価の内側にいると、それが「普通」と思ってしまうんです。
マインドコントロールですね…。
大人になり、母になって、自身の子供の頃を振り返ると、普通ではない
生活だったと感じています。
今、あぁ~普通のことをしてるな、なんて思ってしまうんです。

嫌がらせの方は、元々そういった気質なのかもしれませんが、
創価という組織が拍車をかけてしまっている…かもしれません。
特に年配の方は、昔の教え(我ら以外は邪宗)が残っているので、
お参りする、神棚を置く、お守りを持つ…となると、
罰が当たる、無駄なことをしてる…と悪口三昧の方がいました。

私自身も、法に触れることをせず、自身が信じて粛々と行うのは
自由だと感じております。
Commented by ひっかき傷 at 2015-01-28 09:34 x
はじめまして。
私も同じく、学会に生後数か月で入った、学会二世です。
私は少年部のころ、ウソが下手だったため、
「お題目あげてる?」
「勤行してる?」

などといわれると、挙動不審(笑)になって、
「あ・・・あげてません」
などとバカ正直に言ってました(笑

「うんうん、だろうとおもったよ。幹部になると、その人がお題目をあげてるかどうか、すぐにわかるのよ」
なんて言われて、
「え、、すごーい」
なんて思い、次の会合には褒められようと、
一生懸命にお題目をあげて行っても、
「今日もあがってないみたいね。
お題目をあげないから表情が暗いのよ」
のようなことを言われてショックを受けたことがあります。

・・・何十年も学会の世界にいると、いろいろ不信、不満がたまりすぎて、私も一刻も早く脱退をしたいと思っています。
よかったら、私のブログにも遊びに来てください^^
Commented by awake_2014 at 2015-01-28 13:43
ひっかき傷さん、コメントありがとうございました。アズラです。

とても素直なお子さんだったんですね。
私は怒られるのが嫌で嘘ついてました。困ったもんです。
でも、そのおかげで「あげてないのに褒めてきた…」と
子供ながらに疑問を持ち始めて、今につながったのかな、と。

いずれにせよ、意志がしっかりと定まらない子供のうちから
植え付けられるというのは、よろしくないことですね。
社会的なルールであれば、幼い頃から教えてあげたいものですが。

ブログ拝見しました。よろしければ、リンクさせて頂けますか?
Commented by ひっかき傷 at 2015-01-29 08:49 x
昨日は、私のブログにコメントいただき、ありがとうございました。^^

同じ悩みを持つ同志ができると、すごく心強いです。

学会2世、3世ばかり集めた飲み会とかやったら、私、一晩中語り明かせそうです(*^^*)

ぜひ、リンク、よろしくおねがいします。
Commented by awake_2014 at 2015-01-29 10:33
ひっかき傷さん、コメントありがとうございました。アズラです。

ブログを公開するにあたり、不安もあったのですが、
こうして同じ気持ちをもつ方々と意見交換できて、
私も心強いです。ありがとうございます。

きっと、一晩中では足りないでしょうね(苦笑)
リンクさせて頂きました。今後ともよろしくお願いします。
Commented by かおるん at 2015-02-08 16:33 x
こんにちは。祥蘭さんのブログから来ました。

祥蘭さんのコメントのアズラさんのコメントも、読ませて頂いておりました(^^)
※私もコメントしておりました。
そちらでも書かれていることを、うんうんと頷きながら拝見させて頂いておりました。

私も3世で、アズラさんと同じような思いもしてきまして、1記事目からデジャブを勝手に感じております。
お父さんがいるから、お母さんがいるから大丈夫だよって言ってもらえたことなかったです。アズラさんのブログ見て、はっとしました。そしてそんな事に今まで気付かなかった自分に対しても悲しくなりましたが、今気付けて良かったです( ; ; )ありがとうございます!


ブログ、これから一記事ずつ読ませて頂きます。
またコメントさせて頂きますね(^^)
Commented by awake_2014 at 2015-02-08 23:44
かおるんさん、コメントありがとうございました。アズラです。

私も祥蘭さんのコメント欄で、かおるんさんのコメント、拝見しておりましたm(__)m
やはり、2世3世…となると、生まれながらに創価で、同じ思いをしている方が多いですね。
私も色々な方のブログを拝見して、「私だけじゃなかった」を強く強く実感しています。

覚醒して、祥蘭さんのブログに刺激を受け、私も自分の事を言葉にしてまとめ始めたのですが、ふと思ったんです。
学校で嫌な事があった時、「お母さんがいるから大丈夫」ではなかったな、と。

今、自分が母親になって、子供が何か言ってきたら、「ママは○○の味方だよ。大丈夫だよ。」と。そう言ってあげたい気持ちでいっぱいです。
子供が小さいうちに覚醒できて、ホントに良かったと思います。

祥蘭さんのように素敵なお返事が書けませんが、これからもよろしくお願いします。

by awake_2014 | 2014-12-01 00:00 | 1.子供の頃~婦人部 | Comments(8)