1-2.進学、学生時代

高校3年になり、進学を考えたとき、勉強したい分野等から大学を絞っていくと、八王子のS大学と、都内の2,3の大学に絞られました。
かなり迷いましたが、親孝行にもなるのではないかと、八王子の大学に決定。推薦入試に申し込みました。筆記試験と面接。見事合格しました。

正直、私は英語が大の苦手で、筆記試験の点数は見るも無惨だったと思います。きっと面接で通ったのではないかと…。
高等部では部長としてバリ活でした。面接でもバリ活幹部並に(笑)、自信満々に受け答えしていた記憶があります。

そして、面接時に驚いたのが、5人ほどのグループ面接で4人が、全員、同じ市内で部長でバリ活だった顔ぶれ。バリ活だったので、大きな会合では度々一緒に役員を行い、気心知れた仲でした。そして、その面々は、全員合格。
推薦入試は、学力というよりも、創価学会員としての素性で合否が決まったのではないかと思ったほどです。

入学し、学生時代も熱心に活動しました。

大学の授業以外は、創価の活動をしていたようなものでした。学食で語り合ったり、行事だって「創立者への感謝の気持ちを!」と言いつつ、裏では「題目あげてる?」みたいなことなわけです。学内に御本尊様を安置している場所もあるのです。

行事前は、終電で帰宅することも多く、たまに早く帰宅して、地元の座談会に出ると、大学の話を聞かせて!と言われ、ちょっとしたエピソードを話すと、壮年・婦人部は喜んでくれました。

そんな学生時代、宗門問題が起きました。

この頃から、新聞や配布される資料等に「打倒日顕」「極悪粉砕」等々、人の幸せを祈る組織とは思えない言葉を多々目にするようになり、違和感を覚え始めました。
趣味等で学外の友人関係が広がり、色々な人と繋がるなかで、さらに学会に対する違和感が増していきました。

1年次は、学内行事で役員になったものの、1年次の秋以降、基本参加のものですら、やる意識が薄れていき、勉強と資格取得に励むようになりました。
早く卒業して、社会人になりたかったのです。







[PR]
by awake_2014 | 2014-12-02 00:00 | 1.子供の頃~婦人部 | Comments(0)