1-5.出産、ヤング

出産前に仕事を辞め、専業主婦になりました。仕事中心だった私が、専業主婦になったことで、婦人部には喜ばれました。
夫はシフト勤務、二世帯同居の義父は認知症の要介護者。そのような状況の私に時間を合わせてくれることもあり、小グループなどの近隣で行われる会合には、月1で参加していました。

ヤング(幼い子供がいる主婦、という認識でいいのでしょうか?)になった、と言われ、ヤングの会合にも参加しました。
出産は自宅から離れた病院だったこともあり、近隣に親子共々同世代の知り合いが少なかったので、子育てや幼稚園に関する情報を教えてもらえることは助かりました。
しかしながら、ヤング幹部が「うちの旦那は、池田先生みたいに立派じゃないからな~」と笑いながら言って、それを周りで、「そ~よね~」なんて話してる場に、違和感…。



しかしながら、翌年春に子供の幼稚園入園を考えていた私は、そういった情報を教えてもらえる場でもありました。
その年の秋、子供にあった雰囲気の幼稚園を希望したところ、定員を超えた為、抽選となりました。
私の住んでいる所は、公立幼稚園はなく、全て私立幼稚園。近隣にマンションが乱立し、ここ数年で人口が増加した為、先着順の幼稚園は前日の夜から保護者が夜通し並ぶ程になってしまったのです。

私の希望した所は、抽選式でした。
そして、大きな病気もせず育ってくれた我が子の、最初の山でした。

疑問を感じながらも、私は題目を上げていました。
創価という組織に疑問を感じつつも、やはり題目には力があるのではないか、と思ったのです。
そして、約3分の1の確率のところ、私は抽選に当たりました。
それによって、勘違いしてしまったのです。「功徳かもしれない」と。

後から思えば、くじ引きなのですから、誰が当たるか分からない話、です。
こんなことでも「功徳」と思ってしまう…。MCですね。

ヤング・婦人部に話すと、皆喜んでくれました。
「祈ったからだね!」「功徳だね!」と。

あとから聞いた話ですが、ヤングの幹部が、私と同じ抽選の場にいたそうです。
が、見事ハズレ。バリバリ活動している方に、功徳は無かったのでしょうか・・・?



ヤングになって1年経つと、それまで支部ヤング長をやっていた人が、仕事をすることになり、他に人がいないので、支部副ヤング長として、やってもらえないか、と話がきました。
色々な思いがありましたが、子供の幼稚園のことなどもあり、お世話になったこともあったので、引き受けることにしました。

「副」というのは、未入会(どちらかといえば反対)の主人や同居家族のことで、時間の制約があるから。しかしながら、「副」とはいえ、「正」がいないのだから、やることは一緒です。
主人・子供・義父母と無関係に動ける時間。これを月に1日とはいえ、確実に見つけることが大変でした。支部婦人部長が会場の手配などをしてくれましたが、それを連絡したり、配布書類を届けるのも、大変なことでした。

しかし、支部の部員は、「選挙は協力するけど会合は出ません」というAさん、都合があえば出るけど…のBさん、数ヶ月前に入会したばかりのCさん(出産後で求職中)。

Aさんは、「会合に出るつもりはないので、申し訳ないから連絡も不要」と支部婦人部長に伝えている程の人、Bさんも出席したのは最初の1回だけ、Cさんはメールしても返答もあるかないか。

それでも毎月開催しなければならず、結局参加するのは、私、支部婦人部長、ヤングの本部長、婦人部幹部。毎月プリントを作っても、支部婦人部長やヤング本部長と家庭訪問をしても、何も変わらず、無意味さを感じるようになりました。
Aさんのように、堂々と宣言する人をうらやましいと思いました。私もそう言えたら、どれほど楽だろうか、と。

ヤングの活動は、無駄に時間を費やした気がしますが、Aさんを知り、同世代であるヤング幹部の様々な発言に疑問を持つことで、覚醒への第一歩が始まったような気がします。






[PR]
by awake_2014 | 2014-12-05 00:00 | 1.子供の頃~婦人部 | Comments(0)