1-4.結婚

20代の終わりに知り合った彼。3年ほど付き合って結婚することになりました。
恋愛時代に、私が創価学会だということは伝えていました。でも、さほど熱心でも無いのだ、とも。

ただ、両親は熱心。恋愛ならまだしも、結婚となったら、どうなるか?と思っていました。
彼が私の家に挨拶に来た時、父は結婚の条件として、御本尊様を安置すること、と言いました。それがOKなら、結婚もOKだと。その場ではすんなり受け入れた主人でしたが、後に「それが条件ってことにビックリした」と。そりゃそうです。それが普通の感覚です。私ですら内心、びっくりしました。

結婚前には、仏壇を買うように、とお金をくれました。しかし、部屋に仏壇をどっしり置く場所もなく、布団を敷く寝室しかないので、既にあるタンスの上に置く、小さな仏壇を購入しました。父は、そんな小さいやつなのか…と不満そうでしたが。母は、未入会の彼がOKしてくれるのだから…と好意的でした。

両親の思いとは逆に、私は、今の主人と結婚したことで、ホッとしていました。
勤行唱題をやりなさいよ、と言われる環境から逃れられるから。してもしなくても、誰にも何も言われない環境になるから。







[PR]
by awake_2014 | 2014-12-04 00:00 | 1.子供の頃~婦人部 | Comments(0)