3-5.覚醒後の生活・2

2014年秋になって地区婦からメールがきました。何ヶ月ぶりでしょうか…
その内容は、

=====
お久しぶりですみません。広布部員の申込み時期となりました。
○○記念講堂が完成する年!是非真心の財務をお願い致します!
申込書、お渡ししたいのですが、都合のいい日、教えてください!!
=====

無礼な発言をし、謝罪し、数ヶ月ぶりのメールがコレです。「!」がいっぱい…。
年頭から秋まで一切会合に出ていない私に、財務?
やると言ってないのに、申込書渡す?

父の遺産を母に託した私は、母から納税義務のいらない程度の小遣いを毎月もらっています。
それには、専業主婦で稼ぎのない私に「聖教新聞をとってね」というお金も含まれています。財務も、です。
これほど覚醒意識が芽生える前も、財務には不信があったものの、母の思いをくんで1口続けてきましたが、もう無理でした。
金の亡者である組織に一銭も出したくない、と思ったのです。

「広布部員の申込みをする意志はありませんので、申込書は不要です。」
そうメールで返すと、
「確認です。今回?今後も?」
と即座に返信がきました。

創価の活動に疑問がある。活動に参加したくない。財務は申し込まない。
でも今後はやるかも?
そんな人いますか?(笑)

活動していようとなかろうと、財務はきっちり取りたい。
そんなところでしょうか。

覚醒してから、色々調べていたら、今から約20年前、今は中止となった「高額納税者」が公表されていた平成6年度当時、池田名誉会長は7億円(納税額2億4千万)秋谷会長は6千万(納税額2千万)です。
税務署が出しているものだから、間違いありません。数名いる副会長、理事長も、それぞれ、1年で数千万の収入です。
組織としてそれほどの収入があるなら、マメに書籍を出して会員に購入させることなんかないのに。
薄い冊子にでもして、全員に無料配布すればいいのに。
…と思う程です。

その後、白ゆり長からは、民音賛助会員の手紙がポストに入りました。
2013年の終わり、地区婦から依頼され、支援するつもりはないものの支払った年会費500円。
当然ながら、支払うつもりがなく、メールで意志を伝えました。

「民音賛助会員ですが、宗教法人として不要な多角経営的な事業展開と感じること、チケットの購入割当等、理解できない点があることから、お断り致します。」

すると、白ゆり長から返信がありました。
「私は、難しい事は、頭が悪いから…ってあまり考えて無いけど、アズラさんって、たくさん考えているんですね。私も、もっと物事を良く考えるように頑張ります。」

難しいことはあまり考えない…?
あまり考えずに、言われるままお金出しちゃってます、ってことかしら?
MCというか、素直というか、何というか…。

2014年の年末に衆議院選挙がありましたが、その際も白ゆり長からメールがありました。
「明日選挙の報告があるが、頼めましたか?見込みでも構いません。」
とのこと。

意味の無い報告です。
私は、「マニフェストを読みましたが、疑問点があるため、他の方に選挙依頼をするつもりはありません。私自身、他党のマニフェストを読んで、判断するだけで、投票ギリギリかと思います。」と返信しました。

すると、
「そうですか~。それは残念だけど、アズラさんが1票入れて下さるなら、それが一番良いです(絵文字で笑顔) なので、よろしくお願いしますね!」

やはり、あまり考えない方のようです。
私、公明党に1票入れるって言ってませんが。
人に頼むとかいうよりも、自分自身、突然の解散・選挙で、あちこちのマニフェストを読んで比較するだけで手一杯だ、と書いたのですがね。

こうして、私の2014年は終わりました。
いろいろありながらも、決心して、行動して、良かった。そう思えた1年でした。





[PR]
by awake_2014 | 2014-12-15 00:00 | 3.覚醒後 | Comments(0)