2015年正月の母

2015年の元日から、母へのガックリ感を強くさせることがありました。

母は年末から風邪を引いて、体調を崩していました。寒さもあり、一人暮らしなので心配していましたが、元日にメールが来ました。
「あけましておめでとうございます。(略)今朝8時の勤行会参加。バスの時間帯が悪いので往復歩き、運動になりましたが疲れ。こたつに入ったままです。(略)」

年末に風邪を引いて熱が出たと言っていたけど、大丈夫になったんだろうか?
そう思いつつ、主人が「じゃあ、3日が休みだから、お母さんの所に挨拶に行こうか」と言ってくれたので、予定はどうかと返信しました。すると、

「まだ調子悪いので、ベッドで休んでいました。お腹すいたので軽く食べて薬飲んだところです。体重くて何もする気が起きないので、すみません。」
え?冷え込んで雪がちらついた元日の朝、片道20分の道のりを歩いて会館に行き、勤行会に出たんでしょ?まだ風邪が治ってないの?
そんなに体調が悪いなら、歩いて会館に行かずに体を休めて体調を治すのが大事なのでは?とメールしたところ、

「入会以来欠かしたことがなかったので、参加しました。自分に負けたくなかったので。とにかく何をするのも億劫なので。気持ちが立ち上げるまで、待ってください。どういう言葉で返信したらいいのかわかりません。」
というメールがきました。

「入会以来欠かしたことが無いからっていう気持ちも分かるけど、風邪で体調が完全では無いのに、冷え込みがきつくて雪がチラチラ舞う中、歩いて往復してまで行くのか、ってことですよ。
体調イマイチの中、朝から寒い中歩いて行って、「何をするにも億劫」じゃ、行った意味があるのか?と。メールを読んでて疑問に感じるのは普通の感覚だと思いますよ。
大雪の中、神社に並んで参拝してきて「何をするにも億劫」って言ってたら、そんなに寒い中、無理して神社行くことないのに、って思うでしょ?」
私はそう返信しました。

主人にも話せず「まだ風邪みたい」としか言えませんでした。
「元旦に雪のちらつく中、20分歩いて新年勤行会行ったら、また風邪がぶり返したみたいよ」なんて、言えませんでした…恥ずかしい…。(数日経ってから話して、主人もため息混じりでしたが)

布団の部屋にテレビはありません。
それでも、毎年見ていた箱根駅伝は、テレビにかじりついて見ていたことでしょう。創価大学が初出場なんですからね。テレビの前で三色旗、振ってたんじゃないかしら…。

今年もこういったやりとりが続くのでしょうね…。

一方の我が家は、家族揃って、初詣で有名なお寺へ行ってみました。去年までは、主人と子供だけが行っていましたが、今年は3人で。私も、結婚してからは新年勤行会なんて行ってないんですけども。
お賽銭を入れ、昨年一年、私自身に色々あったけれど、特に大事もなく家族揃って新年を迎えられた。今年もそうであるように…。
心でそう願い、子供にせがまれた出店の綿あめを買って帰ってきました。
ただ、家族が揃って、今年も良い年になりますように、と願う。幸せなことです。




[PR]
Commented by しゅうえい at 2015-01-25 17:31 x
アズラさんはじめまして。
私のブログにお越し頂きありがとうございました。

親子揃って年齢が近い事や三世等々
とても似た境遇に勝手に親近感を抱き
どの記事も頷きの連続で拝見しました。

B子さんや地区婦さんのお話
もう何と言っていいのやら・・・
「ザ・創価」の思考回路そのもの。
会話が成立しない、こちらの真意が伝わらない。
全国どの幹部も同じ思考回路、返答だなと感じました。

私がもう活動について行けないと電話した際
地区婦は「私もおかしいと思う事はある、でも言えないじゃない?」この言葉は決定打の一つになりました。
おかしいと思いながら地区の代表者として動いている。
部員さんにおかしいと思う事を強要できるその神経。

政治に関わるのが広宣流布と言いながら
要点を突くと、難しい事はわからない、勉強不足でゴメンね今度調べておく。と言いながら強行な投票依頼は平然とやる。
何も考えずに。

疑問を抱くのは罪。祈りが足りない。
去ろうとする人には
退転してロクな人生を歩めないなど呪いの言葉を吐く。
地区が変わると態度もよそよそしくなるのは
数のうちに入らなくなるから。
ノルマ・数の世界で必死に消化する事のみ。

・・・ごめんなさい。書きたい事が多過ぎです(苦笑)

アズラさん、記事を拝見してすごいと思いました。
とても毅然とした態度でらっしゃるんですもの。
私もピシャリと疑問点を言えればと改めて勇気をもらいました。

「宗教のための人生」ではなく、「人生のための宗教」
まったくその通りだと思います。
自分の人生、しっかり前向きに自分の考えで歩んで行きたいです。

毎日時間が過ぎるの早くないですか?園児のパワーに圧倒される日々です。
でも子供の為、夫の為へこんでる暇はない~と自分頑張れ!です(笑)
お互い風邪などひかないよう気をつけたいですね。
長文失礼しました。これからもおじゃまさせて下さい。

♪リンクの件、ありがとうございました。
 是非こちらからもリンクさせて下さい!
Commented by awake_2014 at 2015-01-25 23:11
しゅうえい様

まとまりのないブログを読んで頂きまして、ありがとうございます。

私も、しゅうえいさんのブログを頷きながら拝見しておりました。
そして、周りの対応も同じですね(汗)
B子も、地区婦も、母も、みな「組織だから疑問はある」って言うんです。
でも「信心最高!」って。おかしいところを誤魔化して最高!って…。
「なぜ疑問を幹部にぶつけて指導受けなかったの?」って言われましたが
え?あなたも疑問あるんでしょ?ぶつけてないの?みたいな…。

公明党の政治支援も、ほんとーに同じです…。
私の言うことを細かく指摘するB子ですら
「集団的自衛権のことは分からないんだ」の一言で終わりですもん…。
子宮頸がんワクチンの件もそうですよね。私も納得いかないです。

「数のうちに入らなくなる」…これも同じですっ!
ヤングの方も、最初はすごいフレンドリーで、「活動も育児も
一緒に悩んで話して乗り越えましょうね!」なーんて言ってましたが
マンションの建設ラッシュで、その方達と支部が分断された途端、
まーったく連絡がなくなりました。
支部が離れても、幼い子を持つ母、という立場は変わらないのに。
幼稚園で知り合ったママさんの方が、親身になってくださいます…。

私の場合、長々と書きましたが、地区婦がとんでも発言をしてくれたので
かなりイライラさせられ、そのおかげで、これは言うしかない!!と
行動させてくれたので、今振り返れば良い出来事でした(笑)
とんでも発言の前に、グループ長を断るときは、とにかく、断ろう
逃げよう、話すのやめよう…という感じだったもので。

自分の人生、人に強制されることなんて、ないんですよね。
組織も、もっと大らかに考えて欲しいモノです。

私も園児パワー炸裂の子供に圧倒されています。
朝から喋って、歌って、踊って、遊んで…。
でも、会合に連れていくこともなくなり、「静かにね」なんて
言わなくなって、本当に良かったと思います。
組織的には「太陽」とされる母(苦笑)お互い頑張りましょう!
組織無くても、頑張れますんでね。

こちらこそ、長文失礼致しました。
今後とも、似たような立場として、意見交換させて頂ければ
心強く感じます。よろしくお願い致します。

Commented by クロ at 2015-01-27 21:33 x
アズラさん、私のブログにコメントありがとうございます。
ブログ開設されていたのですね。
リンクの件、勿論OKです。
こちらからもリンクさせていただきたく、お願い致します。

この記事のお話を祥蘭さんのブログのコメント欄で拝見し、アズラさんのお気持ちを考えると切なくなってしまいました。
それでもお母様に正面から接してらっしゃって、尊敬します。
私だったらどう出たことか・・・。
少しずつでも良い、自分のことを大事にしてほしいですよね。

私も毎年ちゃんと初詣に行くようになったのは、実家を出てからです。
別に実家にいるときに禁じられてたわけでもないんですが習慣もなくて、そういった行事ごと、ちゃんとしたいなぁと思って行くようになりました。
厄払いでのお神楽など、とても厳かな気持ちになり、この長い歴史を持つ文化を今まで見向きしなかったなんて勿体無いことだったと今更ながら思う次第です。
アズラさんもこれからは心置きなく、色々な文化に素直な気持ちで触れて豊かな人生を送ってください。

ブログ運営、陰ながら応援しております。
これからもどうぞ、よろしくお願い致します。
Commented by awake_2014 at 2015-01-28 00:38
クロさん、コメントありがとうございました。アズラです。

リンクして頂けるなんて光栄です。ありがとうございます。

母の件、そうなんです。自分を大事にして欲しい、それだけなんです。
自分の信じる宗教によって、前向きに朗らかに…ならいいのですが、
唯一の身内である娘の私には、どうしてもグチが多く…。
さらに、普通の感覚からすると、は?!な事もあり…。
つい母に感情的になってしまうこともあり、まだまだな私です。

そうなんですよね。神社仏閣、日本には色々とありますが、長い歴史が
あるんですよね。多くの人が長い年月守り抜いてきた場でもあり。
未成年の頃、修学旅行等で訪れた時に、まともに見もしなかった事が
悔やまれてなりません。

出産するまでは主人と海外旅行に行くのが楽しみだったのですが、
海外で、教会やモスクなど、様々な場所を訪れ、とても素晴らしい
体験でした。国内にもそういった場はありますし、訪れたり、
学んだりしてみたいと思います。

1年前に覚醒して、自分を振り返ろうとあれこれ書き始めたのですが
全然まとまらず、やっとこうして形になりました。
私がこの1年で、多くのブログに励まされたこともあり、私も
誰かの役に立てば、と思っております。
クロさんのような素晴らしい文章が書けないのですが…。
ありがとうございます。
by awake_2014 | 2015-01-21 00:00 | 5.その後(2015年) | Comments(4)