週刊ダイヤモンドで、へぇ~!

いよいよ(?)選挙期間となりました。
今回も、実態のない「F」という名の、功徳があるらしい(?)フレンド票をゲットする為に、活動家の皆さんは頑張っていらっしゃるのでしょうかね?

私の所には、トンチンカン地区婦からも、他の方からも、一切連絡がございませんので「しょうかね?」となりました。このまま、何もなく選挙期間が終わることを願います。


さて。

今この時期だからなのでしょうか、面白い誌面を見つけました。
私は、ドコモのdマガジンを契約してまして。月額料金を払うと、いろいろな雑誌をパソコンやスマホで読むことが出来る、というものです。
誌面すべてではないんですが、色んな種類の雑誌がコーヒー1杯程度の値段で読み放題なので、結構楽しんでます。
その新着欄を見ていたら、「週刊ダイヤモンド」で『創価学会と共産党』という文字。
これは!と思って見てみました。

最近話題になっている(のかな?)、学会を除名された元学会本部職員の話があったり、学会の経済事情みたいなこともあって、非活が長く覚醒した私にとっては、「へぇ~!」という事が多く。
思わず除名職員のブログについて書かれていた、いつも勉強させて頂いているクロさんのブログにコメントで報告させて頂きました。

dマガジンということで、誌面すべてを読めませんでしたが、それでも興味深いもので、カットされてるところは何が書かれてるのかしら…と気になりつつ、主人にチラ見せしたところ、面白そう、というので、購入してみました。

約30ページにわたって、歴史やら、現在の信濃町、経済事情、大企業との繋がり…色々書かれていて、より一層「へぇ~!」でした。
思わず、ププッとなったのは、「創価エリートの出世すごろく」(笑)

すごろく、といっても、流れを簡潔に書いているだけなのですが、非常に分かりやすい。簡単に文字を拾いますと…

=====
■本部エリートの出世すごろく
「スタート」両親が学会員の福子(2,3世)として生まれる
創価高校or関西創価高校に入学
トップを目指すなら東大、京大、早慶の合格を蹴っての創価大進学が理想
創価大学に進学 看板学部は法学部、教育学部
学生時代 大学自治会、学友会、人材グループで実績を積む
学会本部に入職
本部第1庶務局に配属(名誉会長に近い中枢部署、会員奉仕局も精鋭が集う)
全国男子部長(30代半ばに就任、就ければ最高幹部入りも視野)
副会長(就任前に青年部長も歴任すれば、最高幹部入りはほぼ確実)
主任副会長(約300人いる副会長のうちわずか8人)
「ゴール」学会員の頂点、会長or理事長!?
=====

そういえば、いました。大学で自治会組織にでバリバリやっていて、本部に就職したクラスメイトが。大学出て社会経験した後に議員に立候補パターンもありますね。

他にも、創価学会が「日蓮世界宗創価学会」で商標登録しているとか、覚醒した私にとっては、「へぇ~!」な内容で、かなり楽しめました。
バリ活さんはご存じなんでしょうかね?そうやって国内よりも海外を視野に入れていることを。

学会嫌いな夫は、金に絡んだ大企業との繋がりに驚いてました。
私は、驚きもしませんでした。昔からずっとそうだったことで、それが「普通」だったから…。(あぁ怖い。)
大手建設会社は、会館建設の受注が欲しい、だから聖教新聞に広告を出す、創価大学の学生を就職で受け入れる。そんな図式、当たり前なわけで。

信濃町に作った新たな「広宣流布大聖堂」なる建物だって、記事にもありますが、スーパーゼネコンの大成建設、大林組、鹿島、清水建設、竹中工務店の5社がJV(ジョイントベンチャー)で作りましたからね。この5社がJVで仕事するなんて、滅多にないはずです。

それから、「創価学会は男性優位?副会長300人に女性ゼロ」というコラム。
あれほど、センセーは、女性、女性…って持ち上げてきてましたが。記事に書かれているように、女性のトップは「婦人部長」ですもんね。

そのコラムの冒頭、ブルブルしちゃう文章がありました。

「1日3時間のお題目をあげて祈り落として縁した旦那さまです。これからは婦人部の一員に仲間入りさせていただき、”広布の母”になります。」創価学会本部に勤めていた女性職員は寿退社のあいさつでそう語ったという。」

こわーっ。

でも、事実でしょうね…。「祈り落として」ってのが怖いとこです。こういう方が「婦人部長」を目指していくんでしょうかね…。

「結婚すれば専業主婦となって「婦人部」の一員として家庭、そして学会を守っていくのが、女性学会員の生きる道なのだという。」

へぇ~・・・。

守ってますかね?家庭を。
学会だけ守るのに必死ですけどね、バリ活の婦人部さんは。

幼い子供を連れて、公園に行かず会合へ。「静かにしなさい」と子供に我慢させる。
会合に行くから、残業帰りの旦那さんは、作り置きのおかずをチンして食べる。
そんな日々も、功徳のため、一家和楽のため、だという…。
ちゃんちゃらおかしいです。家庭不和まっしぐらの間違いじゃないですかね。


いやはや、突っ込みどころが多すぎるので、こんへんにします(汗)
在宅パート主婦としては、710円の雑誌は高く感じるのですが、私には価値ある誌面でした(笑)





[PR]
Commented by うめ at 2016-07-02 12:57 x
あずらさん

こんにちは。

私もダイアモンド買って読みました。
私も、へぇ!!なりました。
そして、笑ってしまいました。
東大蹴って、創価大って。笑
ありえねー。笑
でも、全体的にきちんとまとまっていて、わかりやすかったです。
勉強になりました。
純粋な信仰とは遠すぎる黒い黒い世界ですね。。

そして、元彼がなんと!
真実と向き合ってみようかな、
いつかは向き合う時が来ると思ってた、
と言い出しまして、
すごくすごく嬉しいです。

今までの人生全部が違ったとなると、
立っていられない衝撃でしょうね。
この先どうなるかわかりませんが、
見守りたいと思います。

いつもありがとうございます。


Commented by クロ at 2016-07-03 00:42 x
こんばんは。
こちらの雑誌を教えていただいて、ありがとうございます。私も興味津々で、近いうちに買うつもりですw

コラムの女性職員の話、「祈り落として」って女性職員間では当たり前の表現なのかな?って思いました。結婚するときには必ず使われるフレーズなのかも。
お相手の男性が学会員さんなのか外部で折伏しての結婚なのかも気になりますね~w
後者の方が「祈り落とす」の表現には近いのかも。
でも学会の祈りにそんな効果があるんなら、あの久本は福山と結婚してるだろうし、結婚したくても出来ないという女子部の方たちはきっと信心が足りないということなんですかねw
よく言われることですが結婚がゴールではなく、そこからが重要でしょうから、祈り倒して結婚しても幸せな家庭を築けなくては意味がありません。
とすると、離婚している学会員夫婦はなんやねん!?となりますよね・・・。ロードの夫妻や確か池田家長男も離婚しているはず。
きっと信心が足りなかったんでしょうね・・・。
Commented by awake_2014 at 2016-07-03 01:34
うめさん、コメントありがとうございました。アズラです。

買われましたか!
すごく、うまくまとまってますよね。
創価初心者にも分かりやすいかもしれません(笑)
こんだけのお金は、どっからきてるのか…それを考えて頂きたいとこですね。
純粋に信仰しようとしている方々、どう思っていらっしゃるのやら…。

そして。そうですか!
「真実と向き合う」なんて!素晴らしい!
ぜひぜひ、冷静な目で向き合って頂きたいですね。
今回の選挙戦で、何か思うところがあったのでしょうか…。

私が疑問を感じ始めたのは、20年以上前の宗門問題でしたが、
ここ最近の組織は、疑問が満載だと思うんです。
センセーは姿を見せない割に、新聞では色々発表してるようですし。
教義がかわってみたり。
二世、三世として、子供の頃からたたき込まれてきた人ほど、
ここ最近のアレコレは、なんなんだ?と思うこと、
少なからずあるはずなんです。

ぜひ、気づいてもらえますように。覚醒してもらえますように。
心から願ってます。
Commented by awake_2014 at 2016-07-03 01:46
クロさん、コメントありがとうございました。アズラです。

ついつい興奮して、まとまりのないコメントを書かせて頂いてスミマセンでした。
あの3人のブログの話があったので、あ!と思ったのですが、それ以外の方が、とても興味深い記事でした。限られたページ数で、うまくまとまってる感じがしました。

女性職員ともなると、社内結婚、なんですかね?どこで出会うのかしら?
男子部女子部の合コンでもあるのかしら?あ、唱題会とか?!(笑)
本部職員ともなれば、休日の趣味で出会いました、なんて無いと思うんですよね。
バリ活さんは、休みも会合、折伏、ですから。

世の中、「女子部」というアラフォー独身者がいっぱいいるし、独身のまま「婦人部」になる人もいますしねぇ。
まあ、組織的には、組織から離れずがっつり動いて払ってくれれば、それでいいんでしょうね。できれば子供産んで、未来部を増やして欲しいんでしょうけども。

組織は、良いことはデカデカと出して、悪いことは忘れちゃいますからね…。
有名・人気芸能人は、新聞に出したりして、逮捕されるようなことしたら、そんな人知りませんっていう扱いですからね。
一応、宗教団体なんだから、挫折した人を再生させてあげてこそ、なのに。
「信心が足りない」「罰が当たった」とか、何とでも言っちゃうんですよね。悲しいかな。
Commented by しえら at 2016-07-04 23:41 x
アズラさん、初めまして。
私は学会3世で、現在婦人部の白ゆり長に、支部ヤング長を務めています。
活動家は選挙ムードで、つい先ほども子供を母にみてもらい、協議会に行ってまいりました。
選挙、F、マルK…
重点地区まで行って学生時代の名簿を引っ張りだしてきて訪問しただの、いよいよ宿命転換の時が来た!だの、本当呆れてモノが言えません。正直皆バカだなと思います。
F取りだけで宿命転換できるのなら、人生苦労しねーわ!と物申してやりたい気持ちをグッとこらえなから、今日も家路につきました。
私はこの選挙が終わったら、白ゆり長をおりたいと思っています。本当は未活になりたいけど、主人がバリバリの男子部で、区の男子部長なんですよ。
おまけに主人の親族も全員バリバリの学会員。
もう周りから固められてますので、さすがに未活にはなれない状況です。苦しいです。
ですが、白ゆり長をおりて(おりると言っても学会は降格は無いですから、地区副婦人部長になると思いますが)、いずれヤングもワークに移り、徐々に組織から離れていこうと画策しています。

このブログを拝見して、私と同じ気持ちで、疑問に思っていることが的確に書かれているので、思わずうんうん、と頷きながら読んでしまいました。

お互い覚醒して、本当に良かったですね!
これからもアズラさんのブログを通して、一人でも多くの学会信者が正しい考えを取り戻してくれますように、そしてアズラさんや私のように心苦しい思いをしながら活動する人が減ってくれますように、応援しています!
長文すみませんm(_ _)m
Commented by うめ at 2016-07-05 22:19 x
アズラさん

こんばんは。
ご返信ありがとうございます。

私が彼を理解するために調べたはずの、創価学会のおかしなことを淡々と語っているのですが(時には大ゲンカになります。)、
その語りが、ただの悪口ではないし、
真実を告げられているかのようで、とても心に突き刺さるのだそうです。

例えば、
公明党に入れて、戦争に賛成するの?
平和を願うのはやめたの?
とか、
毎日祈らなくても、
人生は良いことも嫌なこともあるのが普通だよ、とか、
他の宗教をNGとする排他的な宗教は、
本当に平和を願う宗教じゃないね、
とか、
いろいろと普通に伝えています。

彼は、いつか組織の実体について向き合わなければいけないと思ってた。
と言ってます。
あんなバリでもそう思ってるんですね。

どうなることやら。。ですが、
見守っていきます。
ほんと覚醒して脱会してほしいです。
自由に自分を生きてほしいです。

祈ります。笑
Commented by awake_2014 at 2016-07-07 02:11
しえらさん、はじめまして。コメントありがとうございました。アズラです。

白ゆり長にヤング長…お疲れ様です(泣)
選挙になったら、会合もすべて選挙ですもんね。この組織は何なの?といつも思ってました。選挙があろうと、センセーの指導を学ぶとか、そういうのは通常通りやるべきじゃないの?と思ってました。
そういう疑問がため込まれていくと、覚醒へと繋がるわけですけどね。

おっしゃる通り、Fの数が福運の数だなんて、冗談じゃないですよね。
ホントです。「人生苦労しねーわ!」です!!
実際は、選挙の度に、常識ある一般の方々から、怖がられてるだけなんですけど…。
公明党の組織票が…とか言いますけど、最近はどうなんでしょうね?
安保関連のこともあったし、必ずしも会員数=組織票じゃないと思うんですが。
私みたいなのも大勢いますからねぇ。

ご主人が、区の男子部長ですか!それは厳しいですね…。
なんとなく、会合ではつらつとされている姿が思い浮かびます。
ご親族もバリバリだと、厳しいですね…。親だけならまだしも。
突然、私のように、ぶち切れて、ズケズケと言い放つ!ということは難しいかもしれませんが、少しずつでも離れていけるといいですね。

私の周りは、どうも、離れちゃうならしょうがない、っていう人ばかりだったんでしょうかね?役職持ちが。トンチンカン地区婦は、しばししつこかったですけど。
それとも私が、ガツン!と言い放ったからなのでしょうか。
未活宣言しても、誰も「そんなこと言わずに」とか「地区婦はおいといて頑張りましょうよ」とか、色々言ってくる人が、一人もいなかったんですよね。肩すかしでした。
いろいろな方のブログを拝見すると、ちょっと言ったら引き留めがすごかった、という方もいるようなのですが。
Commented by awake_2014 at 2016-07-07 02:11
(つづきです)

ガツンと言えないかと思いますが、ちょっと疲れちゃったなぁ…的な感じでいくか、お仕事がらみで時間的に無理…でいくか、少しずつでも離れていけるといいですね。
疑問を小出しにするのもありかもしれませんが。でも、論破しようとしてくるかな…。

でもでも、組織の疑問って、絶対的におかしいんですけどね。
それでもバリ活さんは、無限ループで反論してくるわけですが。
私の元親友もそうでしたが。
願いが叶う信心って常々言い続けてきたのに、それはないよね、って突っ込んだら、そりゃそうだけど叶わないかもって言われてやらないよね、みたいな反論でしたからねぇ。
なんじゃそら~。

何とか、少しずつ離れて行かれることを、心から願っております。(題目あげませんけど。)
なかなか大変だと思いますが、グチでも疑問でも、コメント欄で良ければ吐き出してください。
私もそうでしたが、書いて、読んでもらって、共感してもらって。それがものすごく力になりました。私、間違ってない!おかしいのは組織だ!と疑問が確信に変わりましたので。

覚醒した私たちは、間違ってないです。お互い、頑張りましょう!!
Commented by awake_2014 at 2016-07-07 02:27
うめさん、コメントありがとうございました。アズラです。

もう、うめさんのおっしゃる通りです。
おかしいんです。
私も覚醒して実感していますが、「人生山あり谷あり」です。
その通りなんです。

人生塞翁が馬、という言葉がありますが、良いことがあれば体験発表しちゃたり、悪いことがあると必死に唱題しちゃったり…そんなバリ活さんに考えて頂きたい故事です。

年に一度の財務だって、何で「真心の財務」なのに、最低1万円から、1万円単位、なのか。その莫大な金額の収支をどうして明らかにしないのか。
このあたり、納得できる回答をくれるバリ活さん、いないですからね…。
トンチンカン地区婦も、「そうだね~、なんでかなぁ」って言ってたほどですからね。

少しずつ疑問が膨らむと、覚醒へと繋がる気がします。
私も疑問の箱がパンパンになって、タイミング良く(?)トンチンカン地区婦が現れて爆発しました(笑)

ぜひ、そうなっていきますように!!
Commented by しえら at 2016-07-20 13:06 x
アズラさん、コメント返信ありがとうございました。
本当におっしゃる通りで、アズラさんのお気持ちが手に取るように分かります。
力強いお言葉をいただいて、どうもありがとうございます!
今日、意を決して支部婦人部長に、白ゆり長をおりたいと話しました。
しかしやはりそう簡単にハイ、そうですか。とはならず…
ウンと言うのは簡単だけど、それはしえらさんの為にならない、もうちょっと時間を置いて考えてみて、お題目もあげてみて。と承諾してくれませんでした。
私の考えは変わらないと思いますと話しましたが、どうにもこうにも…
なのでまた日を改めて、本部長を含め話し合いの場を設けることになりました。まぁーわかってましたが…説得されるとさらに辞めたくなる天邪鬼な私です。
辞めるにも、色々な段階を踏まないといけないなんて…
もう面倒くさいのでこのまま連絡プッツンしたいくらいです。
またご報告します。
長々と場所をお借りしてすみません。1日も早く学会から離れられるように負けずに頑張ります!
Commented by awake_2014 at 2016-07-29 01:01
しえらさん、コメントありがとうございました。アズラです。

コメントの承認、お返事が遅れて、申し訳ありません!
子供が夏休みに入り、初っぱなから家族旅行でドタバタしておりました。スミマセン!

ついにおっしゃったんですね!パチパチパチ!(拍手!)
でも…そうでしょうね、そりゃ「はいそうですか」とは言わないですよね。組織は。
活動家が減ることが怖くてしょうがないんですもん。

「2-1.覚醒へ、常識外れの婦人部」で書いたのですが、私も「説得されたらさらに辞めたくなる」です。はい。というか、その対象がね、コレですからね。
あの時、そろそろヤングも卒業だと思うし、グループ長を…って、配慮に欠ける家庭訪問をする新支部婦人部長から、ま~ものすごい電話とメール攻撃でした。
電話は留守電でかわして返答せず。メールもかなりの数きて、「会って話したい」ばかりでしたが、そのしつこさが余計に頭にきて、「現状で会ってお話しても、マイナスにしかならないと思います」という内容で、ガツンと返信して、それから返答せず、放置状態にしました。
だって、拒否してるんですもん。やりたくありません、と。勝手に役職つけられるわけないし、どうにでもなれ!でした。

しえらさんの場合は、役職をおりる、ということですから、私なんぞより大変かと思いますが…。どうか、頑張ってください!頑なに!
「お題目あげてみて…」って、あげたくないんだよ、その根本から違うんだよ、って感じですもんね(笑)

あ、私のように連絡プッツンでもよろしいのではないでしょうか。
辞めたいのに辞めさせてくれないなら、もういいですっ!プツン!
という感じでも。

こんなブログでも、訪問される方がいる=読んでくださる方がいる、んですが、しえらさんのコメントを読んで、私も辞めるって言ってみよう!という方がいらっしゃるかもしれません。
ぜひぜひ、頑張ってください!心の底から応援しています!!
by awake_2014 | 2016-06-27 00:00 | 6.その後(2016年) | Comments(11)