近況 & コメントの件

あと数日で今年も終わりです。年を重ねる度に一年が早い…。

ニュースでも報じられていますが、我が家、流行り物にのっかりまして。
見事、子供が感染性胃腸炎。(ノロかどうか受診していないので不明ですが。)
突然の嘔吐と下痢に苦しむ子供を介抱していたら、見事、主人も私も感染。一生懸命消毒したんですけどね…。
私も人生初と思われる丸一日の吐き気と、4日間に渡る胃痛でした…。
外出時のマスク、手洗い等、皆様もご注意下さい。


話は変わりまして。


ホントに熱心な学会員さんは、説き伏せようとするのがお好きなんですね。
トップページの一番最初をご一読くださいね。難しい日本語は使っていません。

=====
【重要:コメントについて】
コメントは、承認制とさせて頂きます。
私と同じ考えの方(=創価という組織活動に反対意見を持つ方)のみ承認させて頂きます。
失礼ながら、創価万歳!という方、そういったコメントは、承認せず削除させて頂きます。
(創価の素晴らしさを語ったり、私に対して間違っている!と反論するコメント等)

私は、創価のおかげで幸福!という方は、周囲に迷惑をかけなければ良いと思っています。
宗教は自由なものと思うからです。
創価万歳の方に対し、反論して、やめなさい!とは言いません。
ですから、私に対しても、創価は正しい!と反論したり、説き伏せるようなコメントは拒否します。
私のブログのコメント欄は、同じ考えを持つ者同士が意見交換できれば、と思っています。
=====

「2016年 12月 06日 コメントについて 」にも追加して書いておりますのでね。
先日承認せず削除させて頂いたコメントの一部を抜粋させて頂きますが…

===
長い人生の中で必要になる時がやって来ると思います。
正法やそれを広めている学会を誹謗するのは本当に止めたほうが良い。
この仏法では全て一切、自分の内に原因、結果があると捉えます。
この仏法は本当に凄いです。御書に書かれていることは絶対です。
===

ありがとうございました。色んな方から、同じような内容を数え切れないほど聞きましたが。
でも、コメントされる際は、読み返した方がいいですね。
「記事を読んでいばかりが」「それはどんな組織であろいですよ。」という日本語では、伝わりませんのでね。

もし必要になったらやりましょう。でもたぶん必要ないと思います。
仏法はすごい、と書かれてますが、私はすごいと思ってません。
生まれてすぐ入会させられ、40数年経って出た結論です。
「絶対」って言えちゃうのがすごいですね。そこまで確信できちゃうんですもんね。
そう思うのは自由です。宗教は自由ですから。頑張って下さい。
たくさん財務をして、豪華絢爛な会館を維持してください。

でも、それを押しつけないで下さい。
信じるのも、嫌がるのも、自由です。

社会で守らなければいけないルールを強く訴えるのは当然です。
飲酒運転はいけない、とかね。声高らかに訴えましょう。
でも、何度も書きますが、宗教は自由です。
拒否する人に強引に押しつけるのはやめた方がいいと思います。

「あなたの幸せを願っているからこそなのよ」という理由付けはやめましょう。
あなたはそう思っていても、相手はそう思っていない、拒否している、ということも多々あるのです。

というわけで、今後もコメントに関するマイルールを遂行して参りますっ!


まだサンタさんを信じてるくれる我が子の純粋な笑顔に癒やされたクリスマス。
今年の冬休みは長いぞぉ…。
胃腸炎は終わったけど、インフルエンザなんかもありますので、健康で楽しく年末年始を過ごしたいと思います。
皆様も、お体ご自愛下さいませ。




[PR]
Commented by しゅうえい at 2017-01-03 16:52 x
アズラさん
そして皆様
あけましておめでとうございます。

旧年中は色々とお世話になり
&%#$&%?|&0$*%#
あっ、慣れないご挨拶に
タイピングがアホになりました。
・・・こほん。

さて久しぶりにバリ活な方のコメントを拝見し
懐かしいやら、ある意味新鮮(笑)

もしも自分がまだバリちゃんだったら。
書いていたでしょうね。同じように。

「あなたが一日も早く組織に戻られ
 活動されますよう
 お題目をおくらせて頂きます」

「仏法は無慈悲ではありません。
 必ず活動に戻られるように
 あなた様が越えられるだけの難が出てくる事でしょう」

「一人も漏れる事なく、とのセンセイの思いを
 あなたはどう捉えられているのですか?
 今、魔にやられてどうするのです。
 センセイと呼吸を合わせ、一緒に頑張りましょう!」

そっとしといて下さいな。
間違いやなーと思って停止させてますんで。
やりたい方はご自由に。
良かれと思っての言葉も私達には毒になるんです。
放っておいても折伏しなくても
これからは「私も信心したいんです」って
向うから寄ってくる時代が来るんでしょ?
やったね黄金時代。

マイルール遂行ラジャー!('◇')ゞ

こちらのサンタはギリギリまで気が抜けませんでした。
「あ~やっぱりあれやめてあっちのおもちゃが・・・」
お、大人の事情もあるんだよ。一度決めたらそれで行こうね。

インフル予防接種、新年明けにもう一回残っております。
サンタ、おとし玉、お出かけetc・・・

誰か財布の風邪ひき予防注射知りませんかー

家族で笑顔満開の一年になりますように。
本年もよろしくお願いいたします(^_-)-☆
Commented by awake_2014 at 2017-01-04 01:26
しゅうえいさん、コメントありがとうございました。アズラです。

そして、あけましておめでとうございます(^^)
どうでもいいけど調べてみたら、あちらさんは「青年拡大の年」だそうで。
そりゃそうですよね。最近若手が厳しいから。拡大しないとヤバいんでしょう。

Soka.netさんによれば
「宝の未来部を育もう。「信心の継承」へ、未来部世代の未入会メンバーの入会を応援しよう。」
ってありましたよ。怖っ。
未来部世代の未入会を応援だって…やめてくれ!
「宝の未来部」って…違う意味で「宝」じゃないの?!
勝手に子供を応援しないでくれぇーっ。


うちの近所の方は、私がハッキリ物言いすぎるからなのか、そこまで言ってくる方がいないので(良きことです)、私も新鮮といえば新鮮です(笑)
あ~、遠い昔に、そんなアツい人がいたっけか、みたいな。
最近は、うちの母も私に強く言ってきませんしね。
私がチクチク攻撃しちゃうからかもしれませんが。

そうそう、向こうから「信心したい!」ってやってくるってね、言ってましたもんね。
「青年拡大」をスローガンに掲げなくても、やってくるはずですよね(笑)

マイルール遂行については、高々と宣言してみました。
「参ります!」っていうのも、あそこの場じゃないと使わない言葉ですよねぇ…。

うちのサンタは、もう誘導作戦もありますので(^_^;)
迷っても、「いや~、ママはこれがいいと思うよ。こうで、こうだし…」と引っ張りまくりです。

我が家も年末年始は散財したな~。まあ財務で払わないといけないより有意義な使い方ですけどね。家族で美味しい物食べたり、子供が笑ってくれたりで(^^)
3桁やって、家庭がギスギスしてる方、早く気づきますように…。

家族と温かいご飯を一緒に食べてれば、一家和楽ですよね(^^)
作り置きのおかず置いて、会合はしごしてたら、和楽じゃないと思います。はい。

こんなブログ、私、ですが…こちらこそ、どうぞ今年もよろしくお願い致します(^^)


Commented by クロ at 2017-01-09 22:19 x
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
昨年は色々なコメントのやり取りをさせて頂いて、本当にありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

学会の活動家の方、熱心な活動をリアルでしていたらアンチブログに来ているヒマなどないはずなのですが、あまつさえコメントまで残すとは・・・。
「正法を広めている学会」と言いますが、それに反対するような人間がいるということはそもそも「正法」などではないからなのではないですかね。
「正法」だから魔が競うんでしたっけ?
宗教に疎い私などからしたら魔が起こるようなものはそもそも欠陥品。完璧でないものを、更に完璧からは程遠い人間が広めて更に質は劣化するんじゃないでしょうか。
あくまでド素人の素朴な感想ですけれどね。

ところで新年早々妙なことが。
私のブログ「真実と幻想と創価学会」がアクセスできずにいるのです。ブログそのものにも、編集画面にも。
私のパソコンの不調なのか、アズラさんの方からもお時間のある時にでも、アクセス試してみてもらえないでしょうか?
あ、これが魔が競っているというやつかもw
なんて冗談ではなくて、地味に困っているのでどうかよろしくお願いいたします。
Commented by awake_2014 at 2017-01-10 08:43
クロさん、コメントありがとうございました。アズラです。
あけましておめでとうございます。こちらこそ昨年はありがとうございました。
クロさんのコメントで勇気づけられた事も多く、感謝しております。
今年もよろしくお願い致します。

そんなに熱心ならば、まず自分の地元の未活会員さんに、大好きな訪問とか対話をいっぱいして頂いて、活動家に育ててみてはいかがかしら、と思うのですけれど。
どこも高齢者ばかりで、若手がいないようですしね。
「正法」って、なんなんでしょうねぇ…。
「魔」、大好きですからね…。
魔に大勝利しちゃうのが大好き。壁が大好き。
適度な壁は必要ですが、そんなに壁ばっかりじゃ、人生ぐったりだと思いますけど。
日々戦いだそうですからね。大変なことです(汗)

ブログのアクセス、復活されて良かったです。
魔が訪れていたのかもしれませんよwww
単なるシステムトラブルも、魔だの、罰だの、って言われそうですよね(笑)

Commented by あいこ at 2017-01-15 17:24 x
初めてコメントをさせて頂きます、突然申し訳ありません。あいこと申します。

私は学会員ではないのですが、婚約者が学会3世であることが分かりました。
無知のまま、偏見を持ったまま、彼と対峙することは出来ないと思い、
様々調べていくなかでアズラさんのブログに辿り着きました。

彼と同じ学会3世でいらっしゃるとのことで、
最初は勝手ながら彼と重ねて拝読しておりました。

…ただ、アズラさんと彼は全く違いました。
彼は多分、自分でしっかりと考えて創価と向き合っていないということです。
まだマインドコントロール(という言葉はあまり好きではないのですが…)下にあり
私が創価に関する疑問を投げかけると思考が止まってしまうようで…。

私は私なりに創価と向き合い、
「自分の考えで信仰することを決め、周囲に強制しないのであれば肯定も否定もしない」
という結論を出しました。
非学会員の家庭に生まれた私に出来る、最大限の譲歩だと思っています。
それに対し、学会員であることが一般的にマイナスイメージを持たせることを理解しつつも、
その理由を考えようとはしない彼と話し合うことが、果たして可能なのかどうか不安も感じており…。

自分の意思で信仰を決めるにはまず、疑問を抱くところから始めなければいけない。
生まれたときからあって当たり前だったから、は自分の意思ではないのだと
アズラさんの記事を読んで改めて確信しました。

自分語りになってしまい申し訳ございません…。彼と向き合う中で、また読み返させて頂くと思います。
ご自身のご経験をこうして残してくださり、私のような立場の者は助けられています。
アズラさんとそのご家族が幸せでありますように。
Commented by awake_2014 at 2017-01-25 01:25
あいこさん、コメントありがとうございました。アズラです。
お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。
そして、ご婚約おめでとうございます(^^)

まとまりがなく読みづらいブログに目を通して頂き、ありがとうございます。
2世3世…というのは、本当に困ったものでして。
自分の意志で信仰を持ったわけでは無く、生まれた時には持たされていて、気づいた時にはレールの上を走らされていた、というところなんですよね。

走りたくて走っているわけじゃないけれど、親という機関車が引っ張るから、否応なく列車という自分も引っ張られて走っている。
自我が芽生えたときから走っているから、そのレールから降りることを知らない。

私は主人と結婚するとき、まだ覚醒しておらず、神社仏閣は行きたくない、という考えでした。熱心な活動家でも無く、まじめに勤行唱題していないけど、でも…という感じでした。
主人は、そんな熱心にやってるわけじゃないなら気にしない、という感じだったので、そのまま結婚したわけですが。たまに、本心どうだったのかな…と考えます。

私の両親に結婚の挨拶をしに行った時、私の父が「結婚の条件は、仏壇(ご本尊)を安置すること」で(汗)、「あれにはびっくりした」って言ってましたけどもね。そりゃそうです…(笑)

(次に続きます)
Commented by awake_2014 at 2017-01-25 01:25
(続きです)

子供が生まれた時も、一般的なお宮参りをしませんでした。逆に、生まれたからと言って創価に入会させることもしませんでした。お互いの中間点だったのかもしれません。

以後のことはブログに書かせて頂きましたが、色々ありながらも、トンチンカン地区婦に出会うことで、疑問が膨らみはじめ、私の場合は覚醒に繋がりました。

「理由を考えようとはしない」婚約者さんと話すこと。確かに難しいかと思います。
私も結婚当初は、主人が創価について言うと、なんでそんなこというのかしら、そこまでひどくもないのに、なんて思ったりしていました。
レールに乗ってるのが普通、なんです。どうして乗ってるか?を疑問に感じないんですよね。

ただ、ずーっと熱心に活動している私の母が、健康問題や様々なトラブルに遭ったり、その度にグチを吐くことに対して、私に「信心してるのになんでだろうね?」と率直な意見をぶつけてくる度に、そうなんだよな…創価じゃ無いこの人は、こんなにおおらかに過ごしているのに。そのおおらかさに私も惹かれたわけで…と考えるようになりました。

婚約者さんも、何かをきっかけに疑問の種が膨らみ始めることがあるかもしれません。
創価じゃ無いあいこさんの率直なお気持ちを伝えたり、行動されるのがいいのかな、と。正解が無いことなのですが、私自身の経験で感じました。互いに決めた相手ですもんね。通じていくものがあると思います。

ご結婚となると、当人同士が納得していることでも、親や親族が出てくるパターンもありますので、何かとご苦労があるかと思いますが、婚約者さんとお二人で、頑張ってください。周りがなんと言おうと、結局は夫婦二人、自分たち、ですから。

コメントもブログ同様、まとまりがなくてスミマセン。
もぉー!ということがあれば、いくらでもこちらで吐き出してくださいね(^^)
by awake_2014 | 2016-12-26 00:00 | 6.その後(2016年) | Comments(7)