あっという間に春

仕事がちょっと多かった2月。
グループのメンバーさんが入院されちゃったのでね。みんなでカバーでした。
そして、あっという間に3月!
もうすぐ子供も春休み!くーっ!!世の中の子育てママさん、頑張りましょう!

…というわけで、またも期間が空いてしまいました。
コメントの承認やお返事が遅れて、申し訳ございません。
遅れても必ずお返事しますので、何か吐き出されたい方は、ぜひどうぞ。



前回のブログで「凶ひいた」という事を書きましたが、立春の日に、新たな春だ!ということで改めてひきにいったら、吉でした。まぁ…良かったです(汗)

そんな中、若手の女優さんが宗教団体に出家されたとかで、しばしワイドショーは賑わってましたね。(かなり前の話題でスミマセン。)私はNHKの朝ドラも見ていないし、全然知らなかったんですけども。
私は、その報道よりも、それに対しての長井秀和さんのFacebookの発言や記事の方が、興味津々でした。

創価に改宗したら、とか。
大先生の降ろしてお言葉を拝聴したら、とか。
とりあえず新聞を1ヶ月無料贈呈します、とか。
「長井秀和 Facebook」で検索すると、まあすごい量の記事が出てきます。興味のある方は見てください。

Yahoo!ニュースのコメント欄では、こういった発言に対して、気持ち悪い、というコメントが多かったけれど、私としては、かなり笑わせて頂きました。
気持ち悪い…な方は、長井さんが創価に籍がありつつ(ご本人は除籍されてるかも、とおっしゃってますが)、内部批判(になるのかな?)を芸人らしくしている現状があることをご存じないからでしょうね。

バリ活の方も、大先生の霊を降ろしてお言葉を…なんていうところは、ちょっと心揺れたんではないでしょうかね。すっかりお姿は拝見できませんし、新聞上での発言等も、大先生ご自身のものか分かりませんし。とても皮肉った感じです。
新聞の1ヶ月贈呈も、全く知らない方からすれば、気持ち悪い、ですけど、何かと新聞啓蒙やらされて、友人知人に自腹で1ヶ月「贈呈」しちゃう現状を知っている私からしたら「プププ」と吹き出してしまう一言です。
このニュースから少し時間が経ちましたが…あちらの団体さん、信者数は増えたのでしょうかね?



この一件で、週刊誌やネットでは、宗教団体の比較みたいな記事が出たりしました。相変わらず創価の信者数は、827世帯ということですが、本当にそうでしょうかね。
総務省統計局の発表によれば、平成27年の国勢調査で、日本の世帯数は約5300万世帯だそうです。
となると、約6.4世帯に1世帯は創価、ということになります。

マジか~?!

ご近所の向こう三軒両隣のうち一軒は創価世帯?
ワンフロアに7つの部屋があるマンションなら、ワンフロアに1世帯は創価世帯?
まぁ…私のような退会してないけど活動してない、できればさっさとやめて縁を切りたい人も含めれば、なんでしょうけど…。

って、いやいや、そんなにいますかね?
うちの近所を考えても、名簿見せられた時、結構な世帯数がいるこの町内で、何軒あったことか。
私みたいな幽霊を入れても、そんなにいるとは思えません。
まして、日々勤行唱題に励み、会合に参加し、新聞や書籍を読んでいる人なんて…。

財務の金額も謎だし、信者数も怪しいし…悪いことしてないのなら隠す必要なんてないのだし、正式な数を出してくれませんかね?
国勢調査みたいに、創価信者と言われる人全員に調査してくれないもんでしょうかねぇ…。

本当に800万世帯の信者がいて、みんなが頑張ってる組織だったら、もっと公明党の国会議員も増えるでしょうに。自民党との連携なんていらないはずなんですけども。



…と、女優さんのニュースを見ながら、あれこれ考えたりしておりました。
私の非活生活は、とても穏やかです(^^)
地区婦がかわって、またしつこく来られたらイヤだなぁ…と思っていましたが、「新地区婦に宣言」で書きましたけども、とりあえずズバッと言ったからなのか、訪問もメールも、な~んもなく。私の生活に創価が入り込んでくるのは、心配性の母ぐらいとなりました。
母については、まあ、度々書きたくなることが起こるわけですが(汗)
それはまた、ということで…。



[PR]
Commented by トマト at 2017-03-17 01:11 x
聖教新聞、贈呈ありましたね。会合で「啓蒙の申し込み用紙何枚、必要?」と聞かれ、一度に6枚位地区担から渡されました。2、3年かかりマイ聖教含め、やっと消化してました。 「最初から一か月と頼まないの。まず購読で半年ほど依頼し、相手に『長い』と言われたら少しずつ、減らし3か月とかお願いするの。相手が講読料払えば、福運もつき本当はいいんだけど。贈呈で見出しだけでも目に入れば、お友達の生命に入り、無駄じゃないわ。頼むあなたも福運つくわよ。」

時にちゃちな食品タッパーや、折り畳みエコバッグとか新聞の景品についてて、「友人にあげて。」と渡されました。女子部時代は、沢山啓蒙出来た人に、時計がついた洗濯鋏の様なクリップを貰ったけど、読売や朝日に比べ、今思うと微妙な粗品です。

人生の半ばを過ぎ思うに、自分を開く運は信仰し新聞啓蒙云々より、若い時に苦労して学問や専門技術を身につけたり、海外で視野を広げたり、自らスキルをどれだけつけるかで、将来が決まるんじゃないかと思います。
Commented by グルニエ at 2017-03-17 23:44 x
トマトさん はじめまして
最後のセンテンス 胸にグサッと刺さりました。
私も人生の半ばを過ぎて、貴重な青春時代の大部分を創価の活動に費やしました。思うように活動できない時期も、業が深いと悩んでました。←くだらなすぎ
創価を離れ、ようやく「下心(新聞、選挙)」の無い交友関係ができましたが、やはり悔やまれるのは、趣味に時間を割くことや興味のある分野で勉強することができなかったことです。長年の創価の活動で失った友人は仕方ありませんが、
同年代の友人がある程度の趣味や仕事でも専門性を持っていることを羨ましく思います。
大学時代も結局学会の組織活動に没頭し、勉強は最低限の単位の修得のみでした。今思えば、勉強する時間もあったし、留学もできたはずでした。泣
過ぎた時間は悔やんでも仕方ないので、これからの生活を充実させていこうと思っていますが、年齢的な「老い」も実感しますし、楽しそうな若者を見ると羨ましくなります。
Commented by awake_2014 at 2017-03-18 10:12
トマトさん、コメントありがとうございました。アズラです。

「贈呈」とかっこいい呼び方してますが、組織が手間暇もお金もかけず、会員にやらせてる行為ですからね…。
6枚ですか…。気が遠くなりそうです…。私は、成人した時、すでに疑問符がついていたので、啓蒙ってしたことがないんです。今思えば、良かったのかな(笑)
相手が購読料払えば福運がつく。贈呈だけでも生命に入る。
…すごいですねぇ。正直に言えばいいのに。学会の資金源ですからっ!とか(笑)

おっしゃる通りですね。新聞啓蒙して福運をためるよりも、まずは自分を磨くことですね。目に見えることで。
若い頃にしか出来ないこともありますが、年齢に関係なく出来ることも多々あり、人生経験があるからこそ分かることもあり…
創価の黒歴史を引きずること無く、今、そしてこれからを大切にしていきたいですね。
こちらで全て吐き出してください(^^)


Commented by awake_2014 at 2017-03-18 10:20
グルニエさん、コメントありがとうございました。アズラです。

思うように活動できない=業が深い…マインドコントロールですよね。
貴重な青春時代、なぜネガティブな方向に引っ張られちゃったんだろう、というか。
私は大学中に疑問を感じて、幽霊会員になりましたが、何せあの大学にいましたので、そこは黒歴史でして…。普通の学生生活じゃなかったのが悔やまれるところです。

しかし。おっしゃる通り、悔やんでも仕方ないんですよね。
創価のせいで…創価がなければ…と思い続けても何も変わらないし、時間がもったいない。今、そして、これからを見つめて、充実させるのが大事ですよね。
若いからこそ出来ることもあれば、人生経験があるからこを分かることも多々あるかな、と最近思っています。


Commented by グルニエ at 2017-03-21 12:08 x
管理人様
コメントありがとうございます。
非活になりもう何年 新聞も止めてからも結構な年数になります。
当初は、キツイフラッシュバックから精神的にも不安定になりましたが、
家族や新しくできた友人とのたわいのない話が楽しくここまで来れた感じです。
たまに近所で、活動家の方を見かけますが、老け方と云うか身なりのみすぼらしさに
唖然とします。(そのようなことをブログに書かれていらっしゃる方もいらっしゃいますが・・・)
また、たまにバリ活の親族と活動の話になりますが、器量が狭いというか偏った近視眼的な
考え方(福運がどうとか 支援をすることが幸福につながるなど)に耳を塞ぎたくなることもあります。
人間生きていれば、良いこともあれば、悪いこともある。信仰の有無に関わらず、性格の良い人も入れば
自分と合わない人もいます。幸い、身体も健康ですし、年齢相応の収入もあり生活に困っていません。
夫婦仲も良好です。これからも、自分らしく年を重ねていけたらなと考えています。
変にがっついて、「失われた過去を取り戻す」なんて書いたら気持ちはバリ活と同じじゃない。
なんて考えています。つまらない駄文失礼しました。
Commented by awake_2014 at 2017-03-22 01:22
グルニエさん、コメントありがとうございました。アズラです。

非活の先輩のお言葉、おぉ~!と思いました。
>変にがっついて、「失われた過去を取り戻す」なんて書いたら気持ちはバリ活と同じじゃない。
その通りですね!バリ活と一緒だ~。
目覚めちゃったバリ活さんが、活動していなかった時の分も福運を貯金するのよ~!的な(笑)

活動をしていると、活き活きして生命力が出てくるのよ♪
…と昔よく言われましたが。一歩引いた所から、必死になって家庭訪問したり、選挙の前になって自転車に乗ってる姿の活動家さんは…なんかこう…やつれてる感じがします。
何でしょう、こう、生活にゆとりがない、んでしょうか。
まあ、毎日「勝利」とか「仏罰」なんて考えていると、そうもなりますかね…。
「1日1日を大切に生きる」ことは大事だと思いますが「大勝利」しなくてもいいと思う次第です。

本当におっしゃる通りで、人生、信仰に関係ないですもんね。
私もおかげさまで、まあ体にガタがきながらも、子供も元気で、それなりに生活できてますし…。
私も自分らしく年齢を重ねていきたいです(^^) ありがとうございます(^^)

Commented by グルニエ at 2017-03-22 13:48 x
アズラ様 すいません 何か色々書いて(/ω\)
私が覚醒するきっかけとなったきっかけをいくつか書いてみます。
少しでも、組織を離れることに罪悪感を感じている人の心の重しが取れると良いのですが・・

・バリ活親戚の死相 ←目を背けたくなるほど 死亡直前まで「センセーの気持ちが生命に入る」などと言っていたのだが
・牧口会合後の聖教の山 ←ご期待に応えるなどと言って山のように自爆贈呈と言いながら、古紙回収の日に手つかずの全く同じ新聞1mの山が10束
・東北震災後に安否確認を装い内部の票固め ←大丈夫ですか?と云いながら、候補者の名前と投票の確認(地震を口実にZ固めと思われ)

支援については、以前から候補者の家族が全く何もしないことに疑問を感じていました。また、遊説などで一緒の機会もあったのですが、
「本部や区の正役職と比べたら何倍も楽」などの暴言「遊説中に全く外部の人からの質問に何一つ反論できるほど知識どころか勉強もしていないことが判明」
地方議員の多くは無理やり仕事を辞めさせられ、創価の正役職では使えない駒をあてがっていたようです。

また、平日15時や16時過ぎの総武線で信濃町を通る電車に乗ると会合での顔とは全く違う、生命力の無い覇気の無い顔した職員に結構会いました。
知ってる人もいたけど、声もかけませんでした。家で仮眠でもして夜の会合での絶叫に備えるのでしょうか?

この結構「陰」と「陽」の差は活動家時代からも感じていたのですが、この落差も気持ちの離れるきっかけのひとつです。
Commented by awake_2014 at 2017-03-23 02:05
グルニエさん、コメントありがとうございました。アズラです。

とんでもないです。こんな場所ですが、よろしければ色々と(^^)
疑問を感じたり、迷いがあったりすると、ネットで色々検索すると思うんです。
私も3年前に、トンチンカン地区婦の言葉をきっかけに、色々とネットで調べて…。
すると、「あ、同じだ」「あ~やっぱり」という意見が続々と!
そう感じていたのは、私だけじゃ無い!という気持ちが、覚醒のスピードを加速させました。
組織の悩みは、バリ活にはできないし、未入会の人には分かってもらえないという、何とも言えない歯がゆさがありますので、実体験は非常に大きいと思っています。

死相については、子供の頃、親族が他界した時に、親から「一所懸命(活動)頑張った人は、いいお顔で旅立つのよ」と言われたり、はたまた「あのおじさんは学会を嫌っていたからねぇ。最後も病気で苦しんで、顔もきつい顔してた」と言われたり…。
葬儀経験が少ない子供の頃から、そう言われてしまったがために、そうだと思い込んでました。

が。
大人になり、そういった場に出る事が増えると共に…
亡くなった時の顔と学会かどうかって、全然関係ないんですけど…という事実を知る、という…。
母親からの創価教育ですね、これも。
何だか、書きながら今改めて思いました。トホホ。

聖教の山…(笑)すごいですねぇ。下手するとゴミ屋敷になりそうです(汗)
震災後の話は、あちこちからありましたね。もう、大迷惑で非常識なのに、自分も相手も福運たまっちゃう♪みたいな感じなんでしょうねぇ…(恥)

支援の件…そうなんですね!いやはや…日々新聞を読んで、きれい事の部分を信じ切っている方々に知って欲しいところです。
まぁ…お花畑にいると、その外がどうなっているか、知ろうとも信じようともしないでしょうが。

私も、ブログで度々書きましたが、知り合った組織の人や、元親友も、陰陽がありましたね…。すごくかっこいいこと言うけど、その分グチもひどかったりして。
なんかこう、感情の波形が、ものすごい山と谷の曲線といいましょうか。
もっと穏やかな波形で過ごせばいいのに…と思ったり。

一歩引いてみると、まぁ…すごい組織ですよね(笑)
グチりながら活動してる人も、一歩引いてみればいいのになぁ。
by awake_2014 | 2017-03-15 00:00 | 7.その後(2017年) | Comments(8)