葬儀のことを考える

毎度のことですが、また1ヶ月以上あきました。
でも、やっぱり元気です。毎日平穏に過ごしております。
子供がちょっとケガした、という事ぐらいでしょうかね。
でも、予定よりも早く完治して通院終了となりましたし。
「守られたわぁ…」ではなく、子供の治癒力ってすごいな!です。

そんな中、ネットを見ていたら、こんなのを見つけまして。
創価学会は僧侶なし、香典なし 友人葬という先端〈AERA〉
https://dot.asahi.com/aera/2017080400065.html?page=1

なんか、学会員が書いた記事か?という程、友人葬を褒めてます。
お金かからない、みたいなこと書いてありますけど。
そりゃぁ~ねぇ~。死ぬ前にいっぱい払ってるんだもん。最後ぐらい、お食事代程度の導師で終わってくれないと。
書籍買って、人の分まで新聞買って、選挙で票集めて、広布基金出して。
だからですよ、って記事に書いてもらわないと誤解されますね。

記事では、学会員ではないけど友人葬したいと相談されたのでやって、300万の葬儀代が80万ですんだと喜んでもらえて、学会の理解を深めてもらってる、という内容もあるのですが。

いやぁ…もう、その人はターゲットですよね。今は葬式も広宣流布ツール…。
今度座談会に来てね、から始まって。逃げられないですよね、お安く友人葬やってもらっちゃってるし。新聞入れられて、選挙の度に電話がきて…。
っていうか、安くあがって喜んでるわけで、それが学会の理解なのかしら、ですけど。
確かに、一般的なお坊さんだと、結構な額を包んだり、戒名つけるのにいくらとか。戒名でも、こういう漢字が入ると高い、とか。なんじゃそら、というお金が出ていきますからね。

私もそれはどうなんだ?という気がします。戒名ないと成仏しないですか?みたいなね。
いくら立派な葬儀をしても、ものすごい漢字使った戒名でも、豪華なお墓を建てても…いつまでも故人を思う人がいないんじゃさ…。お墓立派でも墓参りされないんじゃさ…。そう思います。
我が家は、私も主人も父が他界してますが、家族で夕飯食べながら、じーじはこんなだったよね~、なんて、頻繁に話題に出てきます。それが一番の供養だと思ってるので。


私の父も、やはり友人葬でした。
生前、新たに墓を建てたら「妙法」って刻みたい、と言ってた人ですから。
熱心な活動家ではなかったけれど、人生のピンチを救ってくれた、と言ってましたのでね。若い頃ギャンブルとか投資で失敗して、そこから立ち直ったのはこのおかげ、って。

まあ、実家周辺の学会員さんが大勢来て頂きまして。一緒に読経してくれまして。
それは娘として感謝でした。
でも、いっぱいいっぱいだった葬儀を終えてしばらくしてから…。
何だかよく分からん人が、最後に父の骨を拾ってたのが、何だかね…。
私としては、え~、火葬場までこんなに来る?って感じだったんです。
私が子供の頃からお世話になった方とかならまだしも、結婚してから実家を離れて数年。そんなに親しい方なんかしら…っていう。
なんかこう…同志ですから!みたいな空気を感じたんです…。


偶然、この記事の少し前に、母とメールをやりとりしている時、色々な話しの流れで葬式の話題になりまして。
正直に母に伝えたんです。
今さらだけど、お父さんの葬儀で、私の知らない人が大勢、お父さんの骨を拾っていたのが、何か違和感があった。親族と長年の知り合いなら分かるけど、何か…って思った。
そして、
お母さんは、いつか自分の葬儀をする時、大勢の人が来てくれた方がいい?家族葬みたいにこじんまりの方がいい?
って聞いてみたんです。そしたら
私は家族葬でいいよ。今は簡素化が流行だし、こっちの親戚もみんな年取って動けなかったり亡くなったりだし、そっち(私の嫁ぎ先)の親族は関わりがないし。○○さんのように、亡くなった後に手紙で知らせてもらえればいいなぁ、と。来てもらっても気を遣うだけだから。お香典もお返しもなし。もちろん坊主はお断り。学会以外の葬儀屋は、あちこち追加してお金を取るからね。等々。
…と最後は婦人部モードでしたが(笑)
母の本音を伝えてもらって、良かったな、と。

こういう話って、元気なうちじゃないと出来ませんからね。
寝たきりになってから話せないし。本人が、こーしてくれ、っていうならいいけど。

私の嫁いだ今の家では、お墓を近くにお引っ越しさせる話が出てまして。
そういうのをきっかけに、いざとなったらどうするのか、っていうことを、色々聞いておくのって大事だよな、と思いました。
結婚式みたいに、事前にじっくり準備できませんからね、ホントに。
お盆を迎えるにあたって、そういう会話をするのもいいかなぁと思いました。

自然災害が猛威を振るっています。夏の暑さも危険レベル。
どうぞ皆様、お身体ご自愛くださいませ。




[PR]
Commented by トマト at 2017-08-11 09:06 x
今は、散骨が人気の様ですね。お墓も持たず、火葬で骨にし更に業者に頼み砕骨して、それを船で撒くと費用も学会の墓地に納骨するより安く上がるかなと、散骨業者をネットで調べて思います。骨をネックレスに加工や、船で散骨後イルカショーを見たり、時代は変わりました。学会の墓地は静岡県で近隣の人以外、お参りも中々大変じゃないですかね。

若者はともかく、遺族で高齢者など体力的に、県をまたぎお参りなど、とても難しいでしょう。
Commented by クロ at 2017-08-14 00:12 x
私の家族は本日、お墓参りに行ってきました。あのクソ遠い学会の霊園です。そして時期が時期だけに渋滞でほぼ丸一日潰れてしまいました。疲れました~。
しかし学会員の数は減少しているとそこかしこで耳にしますし、実際そうなのでしょうが、霊園に集まった他のお墓参りしている方々がほぼ皆学会員さんなのだと思うとやはり学会の巨大さを感じますね。

友人葬で少し思い出しのたのですが、私の祖母の妹(学会員だが籍だけ?)が他界した時、その人は家族も親しい友人もなく祖母だけがほぼ関わりのある人間だったようで、所謂独居老人。
住んでいた地域の町内会館を借りて葬儀をしたのですが、私は小さくハッキリとは分かりませんが恐らく友人葬だったのでしょう。
故人の姉である祖母と私達家族(祖母の近しい親類が私達だけなので)、そして地域の婦人部の方が2名だけの非常にひっそりとしたお通夜でした。
亡きおばさんと祖母も離れて住んでいたもので、(今思うと)学会関係者がかぶることもなかったんでしょう。
たとえ学会員で亡くなったといえ、それで友人葬だったとしても、やはり故人が活動に貢献したか、残された家族や友人関係が学会にとって利益になるかで、葬儀に参加する熱意(?)も変わってくるのでしょうね。
2名だけ参加してくださったおばさんたちも、そそくさと帰ってしまわれましたし。
ほんと今思えばですけれど、亡くなったおばさんの地域におばさんの家族が残っているかいないかで、たぶんあの葬儀は随分様変わりしたんじゃないかと思います。
それでもほぼ関わりがなかったと思われるのに2名も、義理でも参列してくれて感謝する場面なのかもしれませんがね。
そのおばさんと、祖母も、今日行った霊園に眠っています。もう少し近ければ・・・と思わない墓参りはありませんね。
Commented by awake_2014 at 2017-08-19 01:50
トマトさん、コメントありがとうございました。アズラです。
お返事が遅くなって申し訳ありません。

私も自分自身がいつか死んだら、散骨にして欲しいんです。
暗くて狭い石の下よりも、青い海に散骨してほしいなぁ、と。
毎年家族で行く方面に巻いてもらって、子供の家族で旅行してもらい
ついでに手でも合わせてもらえれば十分です。

嫁いできた今の家も、お墓の引越が進んでおりまして。
まぁ…近いのはいいんですが、義母がいなくなったら、私たちが
墓守なわけで。お寺の墓地なので、いくらかかるのか不安…。

学会の墓地は、同じデザインの墓石が並んでいて、
新興住宅地の建売住宅のように見えてしまいます…。
高齢の方は、墓地の中で迷子になるのではないかと(汗)

Commented by awake_2014 at 2017-08-19 02:12
クロさん、コメントありがとうございました。アズラです。
お返事が遅くなって申し訳ありません。

とても不便な立地の霊園ですね(汗)お疲れ様でございました。
やはりお墓は近くにある方がいいですね。渋滞で一日終わっちゃうなんて~。
我が家は、私の父は自転車10分ちょっとの所に小さいながらも購入できましたし、
嫁いだ今の家も、車で1時間かかるところだったのですが、年内中に徒歩圏内に
お引っ越し予定で。逆に、お掃除さぼれないですけど(汗)

やはりというか、学会というのは、会員になって活動して組織にとって
役立つことをしてくれるとアゲアゲにしてくれますが、会員だとしても
活動してなければほったらかし、と言いますか…。

私は学会3世(って今言っていいのかな)で、祖母が一番最初なんですが、
そういえば、祖母の葬儀の時…そんなにいっぱい来たっけか?
離れて生活していたのもありますが、記憶がないです…。
組織で言う、草創期に頑張ってたはずなんですけどね。
高齢になってからは、体が弱ったり、ちょっとボケちゃったのもありで
それまで独居でしたが、祖母にとっての長女(私の母は次女)の家に
同居して、長年いた土地を離れたこともあったのかもしれませんが。
でも、会員が引っ越すと、本人が知らぬ間に色んな情報が新たな土地に
流れるというのに(私が結婚した時、びっくらこきました)、
最期はこうなのかなぁ…と、今思い出しました。

ブロック長をしていた父の葬儀では、忘れちゃいましたが、何とか賞?の
賞状みたいなのがきて、飾られてましたし。
なんか、凶悪犯と戦って殉職した警察官かよ…と、覚醒前の私ですら
思ってましたが。

まあ、常々「勝利」と謳う組織ですから、最期の最期まで勝利を
目指した人じゃ無いとダメなんですかね。なんだかなー。
Commented by りんご at 2017-09-01 09:11 x
はじめまして、HNりんごと申します。
学会活動に行き詰まり、どうにも辛く、禁断のネット検索でこちらに辿り着きました。
現在は地区婦2年目40代の3世です。
どこも同じなのでしょうが、高齢化が進み、何でもかんでも 若い人がやればいい 私達も散々やってきた と、我儘なBaさんばかりでウンザリです。
私自身、生まれた時から学会の庭で育ち、なんの疑いも持たず、かと言って盲信しているわけでもなく。
威圧的な両親による信心の押し付けがあり、反発することも疑問を持つ事も出来ないオトナに仕上がってしまい、NOと言えないようになっています。
したがって役職もトントンついてきます。今は地区婦、新聞配達、集金、守る会をやっています。
皆さんと同じように、叶わない事はない、世界平和だ広宣流布だ、我ら獅子の子、先生の弟子としてって言われ続け…これって本当に洗脳ですよね(*_*)
ここ数日、退会された方のブログを読み漁り、覚醒しかけております。
が、しかし、地区婦の立場上、日々の連絡報告に追われ、どのタイミングで?と思案しております。
まずは未活にならなくては!と思い、第一歩として唱題会休もう…と。小さくてすみません。。。
小さな一歩ですが、地区唱題会なのでしょうが地区婦がいないのは指導の対象です。。。はー、憂鬱です。
今まで吐き出す場もなく、相談出来る相手もなく、1人で悶々としておりましたが、このようなブログに出会う事が出来てホッとしています。
何をどうしたら解決するのか、まだトンネルの中ですが、ご相談させて頂けたら嬉しいです。
更新がのんびりなのも今お幸せという証ですね。
羨ましいです。
またコメントさせてくださいね。
Commented by awake_2014 at 2017-09-11 00:15
りんごさん、コメントありがとうございました。アズラです。
おっしゃる通り、更新のんびり=創価離れで平穏、でございます(^_^;)
だからといって、お返事が遅れて申し訳ありません。
子供の学校が始まったと思ったら、二世帯同居の義母が要介護になったりで、スミマセン。

私も書いた通り、あれ?と思ってネットで検索して、私だけじゃ無かった!と思い始めたのが覚醒のきっかけなので、お気持ち、よ~く分かります。

やはり高齢化ですか。世の中の高齢化よりもスピードが加速しているような感じですよね。
「3-3.覚醒後の生活・1 」でも書きましたが、グループ長が80代のおばあちゃまでしたからね。私の他は、地区婦だったり白ゆり長だったり、既に何らかやっていて、もうやる人がいません、という…。

というか、まあ、役職作りすぎなんですよね。何らかの役職を与えて、頑張ってもらおうっていうことかもしれませんが。役職だらけになって、やる人いなくて、「兼務」とか作っちゃって。「分かりました」っていう人の負担が大きすぎるように思います。
りんごさんも、地区婦、新聞、集金、守る会…ひぇ~(>_<) もうお疲れ様ですとしか…。やる人が居なくて、1人の人の負担が大きくて、疲弊してしまう感じがします。
まあ…それが、疑問となって、覚醒に繋がるなら、いいのかもしれませんが(笑)

困るのは、それを話す相手が居ないこと、ですよね。私もそうでした。
両親に話しても、何言ってるの!罰が当たるわよ!みたいな雰囲気ですしね。
私の場合、親友が熱烈でしたし、まあこれも書きましたが、伝えたら伝えたで、もう正義感たっぷりのメール論争でしたし。水と油だから、絶対無理なんですよね。バリ活と覚醒しかけた人の対話なんて。

役職があると、なかなか未活の行動を起こされるのは難しく、それも苦痛となってしまうかと思うのですが…
やっぱり、おかしいんですよ。強制なんて。宗教ですもん。自由なはずです。出なきゃいけない、やらなきゃいけない。そんなのおかしいんです。
Commented by awake_2014 at 2017-09-11 00:16
(長くなりまして、続きです)

私の場合、トンチンカン地区婦がいてくれたおかげで、悶々としていたものが爆発して行動を起こし始めました。今思うと、当時は、イヤだ、出ません、やりません、と伝えることですら、もうストレスでした。まあ、嫌な事言われたわけで、その人から接触があるだけでイライラだったんですが。

でも、会合に出るよりマシだ、と思って、とにかく意志を貫こう、と思い始めていました。それまでに、創価に対する疑問は山ほどあったので(寄付した明細がないのはなんで?役職多すぎじゃん?選挙の時は…等々)、何かあったらぶちまけてやるわい!プンプン!でした。
…今思うと、なんでそんなことでストレスためないといけなかったのか。本当に今穏やかだと感じます…。

私の場合、反発したら、説得や押さえ込みにかかってくる人がおらず、あまりのトンチンカン地区婦に対するキレっぷりに放置されたのかもしれませんが(汗)
あの時、思い切って反発しておいて良かったな、と。今では感じています。

今、りんごさんにも伝わっていると思いますが、本当に穏やかでして。年に数回程度しかコンタクトありませんしね。まあ、選挙と金は必須なので、選挙と真心の(笑)財務になったら、あるんでしょうけども。

特に、私は子供がいるので、記憶が曖昧な幼児期に覚醒して意志を貫いて良かったと思っています。今は小学生になって、そんなことまで(驚!)という事も言ってきたりするので、あのドタバタが今だったら、どう説明していいものか分かりませんし、学校から「新聞紙持ってきて」と言われて聖教新聞なんて持たせられませんからね…。

私なんぞ、相談相手には足りなすぎてしまうのですが、このコメント欄を使って、思いをぶちまけてくださって結構ですので、ぜひぜひ。
私も、覚醒した方のブログにお邪魔して、色々書かせて頂いて、気持ちが解き放たれた感覚がありました。思いのままに発言していいんだわ、私間違ってないわ、なんて。

直接話す相手が居なくても、文字として書いて吐き出すことも、同じような効果があるような気がします。ぜひぜひ、不満や思いを吐き出してください!
by awake_2014 | 2017-08-09 00:00 | 7.その後(2017年) | Comments(7)