※最新記事は次の記事からです。この記事は常にトップとなります。

ハンドルネーム「アズラ」。
祖母からの学会3世。現在は、非活の40代主婦です。

10代は活動に打ち込むものの、八王子のS大学在学中、一般世間とのズレを感じ始める。
女子部時代は仕事に打ち込み幽霊状態。
婦人部となり、出産&退職後、我が子を思って活動したが、やはり違和感。
2013年の終わりに、地区婦人部長との会話がきっかけで、「違和感」が「不信」へ。
2014年2月、地区婦人部長の「20年30年後を楽しみにします。」というメールの一文で、覚醒へ。
ネットで様々な方の体験・経験を知り、「私だけじゃ無かった」と確信をもつ。
現在、非活として自分の半生を振り返り中。

自分の半生を振り返ると同時に、同じように悩んでいる方が何かを感じてもられえば、と思い、まとめました。
「人生は山あり谷あり」。「仏罰」などないのです。
誰にでも良いことは起こる。悪いことも起こる。悩みも出てくる。

冷静に考えれば、悩みの無い人なんて、いるのでしょうか?
壁に当たって宗教を求めることがあっても、それは個人の自由。
義務でもなく、人から強制されるものではないはずです。
私に創価の力は不要です。

2014年に感じたことを中心に、1~4のカテゴリでまとめました。
各記事の日付は時系列に並べたもので、実際に記事を書いた日付ではありません。
カテゴリ5.~は、2015年~に思ったことを綴っています。

【重要:コメントについて】
コメントは、承認制とさせて頂きます。
私と同じ考えの方(=創価という組織活動に反対意見を持つ方)のみ承認させて頂きます。
失礼ながら、創価万歳!という方、そういったコメントは、承認せず削除させて頂きます。
(創価の素晴らしさを語ったり、私に対して間違っている!と反論するコメント等)

私は、創価のおかげで幸福!という方は、周囲に迷惑をかけなければ良いと思っています。
宗教は自由なものと思うからです。
創価万歳の方に対し、反論して、やめなさい!とは言いません。
ですから、私に対しても、創価は正しい!と反論したり、説き伏せるようなコメントは拒否します。
私のブログのコメント欄は、同じ考えを持つ者同士が意見交換できれば、と思っています。

覚醒の確信をもつきっかけをくださった、「わだかまらない生き方(旧 don't trust ///)」の祥蘭さんに、心から感謝します。





[PR]
# by awake_2014 | 2018-12-31 23:59 | 0.はじめに

選挙終わりましたねぇ

賑やかだった選挙戦も終わりまして。

投票日前に、やはり地区婦がきましたよ…。
「選挙ありますけど~」って、遠回しな言い方。
こっちから「期日前投票してきましたので」って言ってやりましたわい。そしたら
「あ、そうですか。ありがとうございます~。ご主人もですか?良かったです~。」
何で投票行っただけで、あなたにお礼言われないといかんのですか?
投票する権利を行使しただけですよ。
それに、誰も公明党に入れました、なんて一言も言ってません。(入れてないし)
何で良かったなの?
相変わらず、トンチンカンですね…。ある意味幸せ、っていうか…。

ついで(?)に、「また同時中継とかありますのでぇ~」とか言うもんで、
「あの…私は活動するつもりがありませんので。前の方から聞いてないですか?活動するつもりがないので、訪問も入場券もいりませんので。」
って言ったんですけどね…。最後は
「またお顔見に伺います~」

だーかーらー!ヽ(`Д´)ノ

人の話を理解できないのか、超ポジティブ思考なのか…。
近々、ドアホンを最新の物に交換したいと思ってまして。カメラ画質の良いやつに。
交換したら、カメラでチェックして、出ないで対応しようかと思います…。
お顔、見せません(笑)


そして、選挙結果ですが。

自民圧勝、希望惨敗、立憲躍進、ということで。予想通りでした。
そしてひっそりと、公明議席減、と(汗)

ここ最近の選挙では、比例票が回数を重ねるごとに減って来ていますが、今回も減ったようです。
2000年代の公明党比例票を調べてみたのですが、

2000.06 約776万
2003.11 約873万
2005.09 約898万
2009.08 約805万
2012.12 約711万

こんな感じです。2005年がピークで、それ以降、ガクン!ガクン!と減っています。
そして今回は(公明党サイトで出されている各ブロックの比例票を足したところ)

2017.10 約694万

でした。700万に届いていません。
しかも、小選挙区では、神奈川で落選し、議席を無くしました。
定数が減った、自民圧勝ムード、連日雨で投票日は台風。
こんな時こそ組織票が固い公明党…だったはずなのに、この結果です。

安保法制や憲法改正等で、学会員でも公明党に賛同できないという人が増えたのもあるでしょうが、やはり、年々、組織が高齢化してるのも一因ではないかと。
福運貯金よ~!大勝利~!と、死に物狂いでやってくれる活動家が減ってる証ではないかと感じます。
今回、毎度主人のところにお願いしてくる同級生(高校生当時、大した関わりもない名簿上の同級生)、何もなかったようです。
目覚めてくれたんならいいんですけどね。

まあ、本当に公明党の公約に感心して、選挙協力するならいいんですけど、学会員だから有無を言わさず選挙活動って、それ自体がおかしな話ですからね。それじゃただの選挙マシーン。ギーガシャン。
その異常さに気づいて、さらに創価ってどうなのよ?と疑問を持って、覚醒へ。
そうなればいいなぁ、と。個人的に思っています。




[PR]
# by awake_2014 | 2017-10-24 00:00 | Comments(14)