カテゴリ:3.覚醒後( 5 )

3-5.覚醒後の生活・2

2014年秋になって地区婦からメールがきました。何ヶ月ぶりでしょうか…
その内容は、

=====
お久しぶりですみません。広布部員の申込み時期となりました。
○○記念講堂が完成する年!是非真心の財務をお願い致します!
申込書、お渡ししたいのですが、都合のいい日、教えてください!!
=====

無礼な発言をし、謝罪し、数ヶ月ぶりのメールがコレです。「!」がいっぱい…。
年頭から秋まで一切会合に出ていない私に、財務?
やると言ってないのに、申込書渡す?

父の遺産を母に託した私は、母から納税義務のいらない程度の小遣いを毎月もらっています。
それには、専業主婦で稼ぎのない私に「聖教新聞をとってね」というお金も含まれています。財務も、です。
これほど覚醒意識が芽生える前も、財務には不信があったものの、母の思いをくんで1口続けてきましたが、もう無理でした。
金の亡者である組織に一銭も出したくない、と思ったのです。

「広布部員の申込みをする意志はありませんので、申込書は不要です。」
そうメールで返すと、
「確認です。今回?今後も?」
と即座に返信がきました。

創価の活動に疑問がある。活動に参加したくない。財務は申し込まない。
でも今後はやるかも?
そんな人いますか?(笑)

活動していようとなかろうと、財務はきっちり取りたい。
そんなところでしょうか。

覚醒してから、色々調べていたら、今から約20年前、今は中止となった「高額納税者」が公表されていた平成6年度当時、池田名誉会長は7億円(納税額2億4千万)秋谷会長は6千万(納税額2千万)です。
税務署が出しているものだから、間違いありません。数名いる副会長、理事長も、それぞれ、1年で数千万の収入です。
組織としてそれほどの収入があるなら、マメに書籍を出して会員に購入させることなんかないのに。
薄い冊子にでもして、全員に無料配布すればいいのに。
…と思う程です。

その後、白ゆり長からは、民音賛助会員の手紙がポストに入りました。
2013年の終わり、地区婦から依頼され、支援するつもりはないものの支払った年会費500円。
当然ながら、支払うつもりがなく、メールで意志を伝えました。

「民音賛助会員ですが、宗教法人として不要な多角経営的な事業展開と感じること、チケットの購入割当等、理解できない点があることから、お断り致します。」

すると、白ゆり長から返信がありました。
「私は、難しい事は、頭が悪いから…ってあまり考えて無いけど、アズラさんって、たくさん考えているんですね。私も、もっと物事を良く考えるように頑張ります。」

難しいことはあまり考えない…?
あまり考えずに、言われるままお金出しちゃってます、ってことかしら?
MCというか、素直というか、何というか…。

2014年の年末に衆議院選挙がありましたが、その際も白ゆり長からメールがありました。
「明日選挙の報告があるが、頼めましたか?見込みでも構いません。」
とのこと。

意味の無い報告です。
私は、「マニフェストを読みましたが、疑問点があるため、他の方に選挙依頼をするつもりはありません。私自身、他党のマニフェストを読んで、判断するだけで、投票ギリギリかと思います。」と返信しました。

すると、
「そうですか~。それは残念だけど、アズラさんが1票入れて下さるなら、それが一番良いです(絵文字で笑顔) なので、よろしくお願いしますね!」

やはり、あまり考えない方のようです。
私、公明党に1票入れるって言ってませんが。
人に頼むとかいうよりも、自分自身、突然の解散・選挙で、あちこちのマニフェストを読んで比較するだけで手一杯だ、と書いたのですがね。

こうして、私の2014年は終わりました。
いろいろありながらも、決心して、行動して、良かった。そう思えた1年でした。





[PR]
by awake_2014 | 2014-12-15 00:00 | 3.覚醒後 | Comments(0)
2014年春のことです。

2012年3月、ショックを受けたB子からのメール。(4-1.親友? 参照)
そして、2013年12月と2014年2月、地区婦人部長の非礼。
明らかに、私は創価からも地区婦からも離れたい、と思っていました。

そんな中、私の誕生日がきました。地区婦人部長をやっている友人B子からも「お誕生日おめでとう」のメールが来ました。
「色々あったが、長いメールを送るのは気が引けていた。毎日慌ただしいが家族元気が一番」といった返信をしました。

長いメールを送るのは気が引ける…2012年3月のコトが、トラウマなのです。
あれ以来、私は、あまり長文のメールを送らなくなりました。送っても相手に迷惑なだけ。送っても適当な返事があるだけ。そういう思いが消えないのです。

そして、B子は「おめでとうメール」をきっかけに、長いメールを送ってきました。
非礼の地区婦人部長のことで、です。
B子と地区婦は、中学の部活の先輩後輩から始まり、女子部時代も共に活動した間柄なのです。

長文のメールやりとりは、3日にわたり、お互いに時間をかけ、考え抜いたメールを送り合いました。
しかし、「水と油」なのです。
バリ活のB子と、非活の私、お互いが丸く収まることはないのです。
B子は、必死に意見を出してきました。私も思うところ反論しました。

いくつか抜粋すると、私の創価に対する疑問点と重なるところがあります。

=====
『(地区婦)を嫌ってるようだけど、そこまで怒らないといけないの?
(地区婦)すごく気にしてて色んな人に指導受けてた。
会合に出て、人と話して元気になって前向きに活動してもらいたいって思ってるのに「あの人が嫌いだから会合出ない」って、ただの怨嫉。
その人の為に信心してる訳じゃないよね、「先生と共に」だから。』
=====

創価はすぐに使います。「怨嫉」。会いたくない、見たくない、だから会合に行かない。
そうではないのです。まあ、もちろん、あれこれ私に対し、否定する言動があったのですから、地区婦のことは嫌いです。人として。会いたくありません。
しかし、それは、あくまできっかけなのです。地区婦がイヤだから、なのではなく、創価という組織がイヤなのです。
すぐ「怨嫉」という組織が。「創価池田学会」になってしまった組織が。

=====
(20年以上前の宗門問題の時から、私は創価学会という組織に疑問を抱えてきた、に対し)
『随分長いよね。なんでその都度先輩に指導受けなかったの?こんな気持ちで、信心したってつまんないのに。何かあればすぐ疑って、ネットや外部の意見尊重して。』
=====

バリ活さんの口癖です。「週刊誌やネットは、嘘ばかり。」
確かに週刊誌などは売り上げアップのために、嘘の内容が載せられ、結果、裁判沙汰になり敗訴する、ということも多々あります。
しかし、ブログというツールが定着した今、数知れないほどのアンチ創価ブログがあります。中には、偽物もあるかもしれません。しかし、学会2世、3世で、言われるままにやってきた…と、ご自身の体験をありのままに書いていらっしゃる方もいます。
それすら疑うのなら、聖教新聞の勲章記事の方が、よほど怪しいところです。

=====
『確かに都合の悪い事は、新聞にも載せないし、宗門の悪口ばかりが掲載された時は新聞やだなって思ってた。組織だから納得出来ない事もあるし、なんで?って思う事もたくさんある。』
=====

バリ活さんでも疑問がたくさんあるようです。

=====
(色々並べられる内容に対して、私の意見を返答し続けていると)
『疑問をぶつけられてると言うか、何か言い負かそうとしているように感じる。
私はただ学会から離れてほしくないし、活動してもらいたいからメールしたんだけど。』
=====

いやいや、言い負かそうとしているのは、どっち?

=====
(地区婦が多忙、ということでメールの返事が曖昧だったことについて)
『「地区婦」に関しては、行き詰まってた。これはきっと分かってもらえないと思う。
極端だけど、疑問点が全て解決したら地区婦が出来る?喜んで信心出来る?』
=====

分かろうと思わないし、地区婦をやろうとも思ってないし…。
既に、ヤングで役職に対する不信が確立して、グループ長を断った私ですから。
私の持つ疑問点が全て解決…それはあり得ません。
解決するとしたら、創価学会が創価学会では無くなる時です。

=====
最後の方は諦めモードになったのか、
『私もスーツ会合で着るのは面倒だよ。』
『選挙は私も好きじゃない。学会は極端だから一直線過ぎて、ついていけない。』
『集団的自衛権の事は詳しく知らないんだ。』
となり、

『学会がいつも必死なのは、昔から。勤行唱題を長いことしてないなら不信になるよね。やらなくても生きていけるしね。』
『疑問や不満があっても勤行や題目はやらないより、やった方がいい。その疑問と不満をぶつければいい。先生と自分の原点は何だったのか、思い出した方がいい。』

勤行唱題をしていないから、学会不信になる…。もうMCですね。

=====
(「願えば叶わないことが無いのが信心なんだよ!」なら、もっと祈って叶えて実証を示して欲しい。と書いたら)
『全部が自分の思う通りに叶うならみんなやるよね?
でも実際はそうじゃないでしょ、自分の都合良く捉えて、感謝して、前向きに生きていける。それじゃ納得出来ない?世の中、全てが完璧じゃない。
「願っても叶わないこともあるけど、信心ってすごいよ」って指導されて納得出来る?そんなのやりたくないよ。』
=====

全てが思い通りに叶う…なんて思っていないけれど、でも創価の指導では「祈って叶わないことはない」って、ずーっと言われてきたんだけどな。
「願って叶わないこともある」そうなら、正直にそう言えばいいのに。
「願って叶わないこともあるけど、すごいよ」それが真実なら、叶わないこともあるけれど、自分を良い方向へ変えられるんだよ~とか言えばいいのに。
だから私は「祈って叶わないことはない」って堂々と語る人が多い組織がイヤなのです。きれい事を語るのが。

=====
『活動しない人に限って学会員に厳しい。幹部だって人間なのに。』
=====

そりゃそうです。お花畑の中で手を繋いでいる同士、手厳しくなることはありません。
疑いがあるから、だからこそ、じゃあ、あなたが実証とやらを示してくださいよ、と言いたくなるのです。

一般的に「組織」というのは、幹部には厳しく言うのは当たり前のことです。
会社という組織にしても、営業部長が「しっかり働け!契約とってこい!」って指導してても、実際は契約全然とってない、となれば、おかしいだろ、ってことになるのは当然。
学会の役職は、上から指名されてではあるけれど、最終的には自分でやります、って引き受けたんですよね、やりますって言ったんですよね、というのがあるのではないでしょうか。

会社の業務命令なら拒否したら左遷されるかもしれないけど、学会は利益追求ではないから、嫌なら引き受けなければいいし、引き受けたならば…、というか。
もちろん幹部だって人間だから、弱い面もあるし、色々あると思いますが、会社の部長課長と違って、学会の幹部は、その人の人生というか、生き方というか、そういうところを指導するポジションだから(宗教根本だから当然だけど)、余計に厳しい目になるんだと思います。

=====
『私だって偉そうな事言ってるって思われてるかもしれないけど、その分、アズラより活動してきた。やめたくても続けてきた。イヤな事が沢山あっても逃げずにやってる。』
=====

逃げずに続けることが素晴らしい、ということでしょうか。
確かに、学業や仕事はそうことも当てはまりますが…。自分の意志である信仰の自由。これに「逃げ」はないと思います。「逃げ」ではないのです。「不信感があるからやめる」なのです。「逃げ」という表現は、バリ活さんから、よく聞く言葉でもあります。

お互いに子供が寝静まった深夜に長いメールを打ち、3日ほど。
互いに見ている方向が違って、水掛け論でしかない。
お互い、家庭、育児、仕事、活動があるから、このへんで締めたいと思う。
そうまとめて、メールを終えました。

高校時代からの友人でしたが、根本的な考え方の違いを知る出来事となりました。
彼女からすれば、「アズラが変わってしまった」なのでしょうが。
私からすれば、私が普通になった、だけのことなのです。






[PR]
by awake_2014 | 2014-12-14 00:00 | 3.覚醒後 | Comments(0)

3-3.覚醒後の生活・1

2014年春。
もう非礼な地区婦云々…ではない。色々調べると、創価という組織に不信感が芽生え、大きくなりました。
活動はしたくない。覚醒の道を進もう。
そう決めました。
(既に会合も出ていませんでしたし、まともに勤行もしていませんでしたが)

そこで、毎月連絡をくださるグループ長に短い手紙を書きました。
このグループ長は、80代のお婆ちゃまです。(携帯を持っていません。なので、メールでなく、手紙、です。)
私が2013年の年末、地区婦が推薦し、支部婦がプッシュしてきたグループ長。私が断ると、他に人がおらず、このお婆ちゃましかいなかったのです。

=====
今年から在宅の仕事を始めた。それをきっかけに地区婦から色々と言われて傷ついた。
以前から創価の活動に疑問があり、改めて考えるきっかけにもなった。
色々と考え、現状、会合に参加したり、活動する気持ちにはなれない。
主人もこの件に関して不信が強まっているので、訪問もやめてほしい。
=====

正直なことではありつつ、少し心が痛みました。
数日後、手紙がポストにありました。

=====
ただただ驚いている。
お二人(地区婦と私)のことを思うと悲しい。
長いこと、悩まれていたことが分かった。
私にはお題目を送ることしか出来ない。
今後は、焦らずゆっくり考えていかれればいいと思う。
グループ長という立場なので、会合の連絡だけは事情を理解してやらせてほしい。
どうぞご主人を大切に。
=====

当たり前ですが、どこでも常識のある人、ない人、がいます。
私が否定する内容を書いたにもかかわらず、心配し、配慮し、気配りをしてくださる。
私は素直に尊敬しました。
人として、こういう気持ちを持ちたい、と。

そして、新たな白ゆり長にも、同じような内容をメールで送りました。
白ゆり長も、グループ長と同じような返答でした。

以後、訪問はなく、何かあるとポストに手紙が入るだけ、となりました。

そして、地区婦からの連絡は一切ありません。
私が非活動になり、会いたくないのか、放置状態なのか。
ヤングの時、支部婦が言っていた言葉を思い出しました。

「相手が嫌ったり、離れていくなら、それまでなのよ。」

信じる者同士が仲良くやっていく…そんな組織に発展があるのでしょうか?

地区婦人部長、グループ長、白ゆり長。地域の婦人部に非活宣言をしましたが、他の方からも何もアクションはありませんでした。
2013年の終わりに、私をグループ長にしようと、メールや電話をしてきた新たな支部婦人部長も、「ヤング卒業」の連絡以降、2014年の最初を過ぎてから1年間、全く何もありません。訪問はもちろん、メール、電話、手紙も、です。
さらに、ヤングで副だった頃、あれこれ指導していた本部婦人部長(前・支部婦人部長)もです。

会合に出ない。
そう言ったことで、「どうしたの?」「また出てきて」ぐらいの連絡があるかと思いきや、全くありませんでした。
何かアクションが起きるかもしれないぞ、と心構えを持っていたのですが、必要有りませんでした。





[PR]
by awake_2014 | 2014-12-13 00:00 | 3.覚醒後 | Comments(0)

3-2.「覚醒」の確信

地区婦との一件があり、ネットで検索すると、同じように、学会2世、3世として育ってきたが、創価に疑問がある、おかしい、家族が崩壊した、脱会したい、等々、思いを訴える方が多いことに気づきました。

私だけじゃ無かったんだ…。

身近にこのような疑問を話す相手がいませんでした。
創価の人に話しても、ああ言えばこう言う…のループです。「創価は正義」「先生は正しい」「組織から離れちゃいけない」…。
だから話しませんでした。

しかし、ネットでは、皆さん、自分の正直な考えを書いています。
よく創価では、週刊誌はデマばかり、と言います。確かにそういった部分もあるかと思います。

でも、個人の思いは、利権もしがらみもありません。
ただ、思いを伝えたいだけ。

覚醒してからのこと、家族とのこと、皆さん、色々な想いを綴られていました。
そんな中、拝見していたブログにあった言葉…

「組織でいわれているような「仏罰」は、ありません。」

私は、この言葉に背中を押されました。

創価に疑問を感じていたものの、産まれた時からの刷り込みというか、マインドコントロールというか…によって、「創価に背を向けたら大変な罰が当たる」という意識が心に焼き付いていたのです。

しかし、冷静に考えれば、子供の頃も、必死に、勤行唱題をしていた子ではなかった。
大人になってからは、疑問を感じ始め、仕事中心でやってきた。
確かに病気もした。手術も経験した。でも普通に生きているじゃないか。

そう思いました。
しかしながら、このマインドコントロールは厄介で、過去に言われたことが邪魔をするのです。

「あなたがやっていなくても、お母様が祈っているから、大事に至ってないのよ。」

何か問題があれば、今乗り越えるのが使命だと言われ、
良い結果が出れば、祈りきったからだ、これからも!と言われ、
悪い結果が出れば、まだまだ祈りが足りないのだと言われ。
特に祈ってないといえば、母が祈ってくれているからだ、と言われ。

無限ループです。

そして、「功徳も罰も、三世に渡る」とも言われました。
自分が頑張って得た功徳は、子供や孫にも繋がるものだと。
逆も又然り。罰も孫まで繋がるのだと。

冷静に思えば、恐ろしい話です。
やめたら罰が当たり、それは孫の代まで続く、というのです。

しかし私は、気持ちを固めました。
ここでしっかり覚醒しなくては、と思いました。
子供のためにも、です。

私は産まれた頃から創価で、「子供の頃」にも書いたように、会合に連れ出されました。
夜の会合に行き、21時頃帰宅することに疑問を感じませんでした。

しかしながら、母となった今、18時に夕飯を共に食べ、20時に入浴し、21時に布団に入る生活をするようになりました。
あの頃の私は、おかしかったのではないか、と。
修学旅行で、神社仏閣に行けば、邪宗だから罰が当たる…と思い、満足に見学もせず、歴史を敬う心などありませんでした。

我が子にそんな思いはさせたくありません。
信仰を持つとしても、自分の意志で決めて欲しい、と思います。






[PR]
by awake_2014 | 2014-12-12 00:00 | 3.覚醒後 | Comments(4)
頭にきたメールのやりとりから2週間後、地区婦人部長から

「何分かお時間頂けませんか。新聞の領収書お渡しがてら。」

とメールがきました。
よく気軽にメールができものです。どんな顔で会おうと思ったのか。
「これから20年30年後を楽しみにします」と言ったのだから、次に会うのは20年後にして頂きたいぐらいです。

「お話することはありません。領収書はポストにお願いします。」
と返答しました。
すると、翌朝、ポストに領収書と手紙の入った封筒。手紙には、このような内容が書かれていました。

=====
年末からのメールのやり取りを改めて見返した。
アズラさんを分かった様な大変身勝手な発言だった。
きちんと会って謝りたいが、私が与えてしまったアズラさんへの不信感、不愉快、傲慢さ、余計な発言。
会ってもらえなくて当然。
池田先生の言われている「一人を大切に」「心遣い」に反していた。
心から反省した。申し訳ない。
相手の気持ちが分かる。側で寄り添える婦人部になっていく決意。
=====

文面の随所に「ごめんなさい」「申し訳ありません」「すみませんでした」の言葉がありました。

何をいまさら…。年末、2月と、人の仕事に文句をつけ、活動しなよ!言いながら、応援してるだの、詮索はしてないだのと。
勝手なことを言い続け、こちらを苛立たせておきながら、2週間たって。
「先生の指導は間違いないよ!」と言いながら、自分で反していた、と。

この時、かなりイライラしていました。返事をするのもイヤで、そのままでいました。
さらに、その1週間後、子供が幼稚園からバスで帰ってくる時、決められた近所の降車ポイントで待っていると、突然、地区婦が目の前に!

「ちょうど良かった~。会えて良かった~。手紙読んでもらえたぁ?本当にごめんね。」

おめでたい人だなぁ…と思いつつ、雨の日、傘を差しながらバスが来る方向を見て、「はぁ」と曖昧な返事をしました。
その間も、ずっとこちらを見て「ごめんね」の繰り返しです。

「題目あげてたら、すごく失礼だったな~って思ってきてぇ~」
「小単位とか、○○さんから連絡来ると思うから、よろしくねぇ」
「また何かあれば、どんどんぶつけてきて」

・・・・・。もう言葉がありませんでした。
語尾の「ぇ~」「ねぇ」も馴れ馴れしいったら…。
彼女が立ち去った後、苦笑いしかできませんでした。

胃が痛くなるような出来事でしたが、時間が経つにつれ思いました。
私はこの一件があって、創価から覚醒するきっかけを得たのだ、と。
後から冷静に考えると、感謝すべき人なのかもしれません。






[PR]
by awake_2014 | 2014-12-11 00:00 | 3.覚醒後 | Comments(0)