カテゴリ:4.家族、友人( 3 )

4-3.母との関係・2

覚醒した2014年の春、主人とちょっとした喧嘩をしました。子供のことです。どこの家でもあることかと思います。
何気なく母に、こんなことで喧嘩したんだ~、と気軽にメールをしました。すると、

「椅子に座って落ち着いて題目を気の済むまであげてみて、いい解決策が見つかるように私も祈ります。」

というメールがきました。正直、げんなりでした。
「こうしてみたら?」という母の意見ではありません。祈りなさい、なのです。
思い出せば子供の頃もそうでした。
「お題目あげてるからね」
よく言われた言葉です。「お母さんがいるからね」ではありませんでした。

げんなりした後には、怒りがこみあげてきました。
母は何かにつけ、祈れば解決する、と私に言いますが、あなた自身はどうなの?と。
親不孝者だと思いましたが、私はメールに思いをぶつけました。

祈っていけば叶わないことはないというけれど、何でお母さんは毎日必死に祈って、必死に活動しているのに、家の手続きでミスが出て困ったとか、体の調子が悪くて良くならないと言うの?
ある日は、新聞にこういう指導がのっていたから頑張らなくてはと前向きなことがありながら、その翌日には「めまいで色んな検査をした。耳鼻科、脳外科、心臓、眼科もメガネも。それでも原因が分からず心療内科を紹介されて通ったけど、毎回話して薬が出るだけ。」と弱気な言葉。
信心をしても、悩んで、乗り越えて、また悩んで、解決しなくて。
信心強情過ぎて、願いが叶わないと祈りが足りないと自分を責めて、大らかに考える心を失っていませんか?
誰にだって困った事も起きるし、病気になる人もいる。誰にでも山も谷もある。
時に時間が解決してくれることもあるし、自分の気の持ちようで改善されることもある。
等々。

すると、

「全くもって情けない。惨め。やる気無し、思考力無し。馬鹿みたい。今の私。」

というメールがきました。
親不孝な娘かも知れませんが、親子だからこそ、思うことを伝えなくては、という思いもありました。
そして、冷静に返信をしました。

「お母さん自身が確信を持って信心をしているのなら、まさに「祈る」べきなのでは?全てが良い方向に向かう信心ではなかったの?」
「パパにもよく言われます。「お母さんは、家の事とか、いつも悩んで考えすぎて、眠れなくて体調悪いって言ってるみたいだけど、創価学会の信仰をしてるのに、何でいつも悩んでるの?祈って解決しないの?祈りが足りないの?」私は、何も言い返せません。」
「天気もいいので、気分転換に外に出て、好きなところに行ったり、美味しいものを食べて、リセットしてはどうでしょうか?私はそれだけで、十分気持ちがリセットできます。よし、気持ち入れ替えて頑張るか!と思えます。部屋にこもって祈って祈って…ばかりより、心身共に健全だと思います。」

70歳を超えて、体のどこも悪くない!という人、ごく僅かではないでしょうか?
どこか悪くなると、眠れなくなるほど考え込んで、祈って祈って…。
それでも治らず、さらに悩んで、祈って…。

70過ぎたんだから、痛いところも出てくるわ!
天気もいいし、ウォーキングして、美味しい物食べて、たっぷり寝てみよう!
…って思えないのかしら。その方が、体調良くなる気がします。

多少の矛盾を感じていながらも、母はこのループから抜け出せないと思います。
生活に密着し、父が他界した後、一人で暮らす母から、創価という組織をとったら、残る物が微々たるモノだから、です。
近所づきあいにせよ、全て創価組織が中心なのですから。




[PR]
by awake_2014 | 2014-12-18 00:00 | 4.家族、友人 | Comments(0)

4-2.母との関係・1

未活動の方、脱会した方のブログなどを拝見すると、自身の親がバリ活で、家庭が崩壊した、だから学会が嫌だ、という方がいらっしゃいます。

私の両親は、バリ活、とは言いませんが、地区やブロックの役職があり、自営業の仕事をしつつ、地味に活動し、勤行・唱題に励んでいました。
産まれながらにその環境に育ったわけで、親の見よう見まねで勤行・唱題をし、会合に参加していました。

多感な小中学生の頃、自営業の仕事は土日が稼ぎどきで、夜は会合に行く親を前に、ちょっとしたいじめがあったことを話せなかったり、「今日学校でね…」という普通の話をするタイミングがなく、寂しい思いをしたことがありました。一人娘であった私は、他に話す相手がいなかったのです。

中学生の頃、家では母に反抗的な態度を取ることも多々ありました。学校では、まじめな子、として通っていた私が、です。(中学の時は、生徒会長やってました。)
これについては、大人になり、かなり時間がたってから思ったことですが、話ができない寂しさ、ストレスが、この行動を引き起こしたのではないか、と思っています。

学生時代、宗門問題で疑問を感じ、女子部ではあまり活動に参加しなくなりました。それでも、両親は無理強いすることはありませんでした。
嫌な選挙の時も「お願いできる人がいるならしてみたら」という柔らかい感じです。「何かあったらお題目よ」とは言うものの無理強いはしませんでした。

また、ブログで拝見した中には、創価学会の財務にバリ活の親が多額をつぎ込んで、家庭が崩壊した、という方もいました。

母が毎年いくらほど財務としてお金を出しているのか知りませんが、生活に支障が出るほど財務を出そうという気持ちはなさそうです。
父は他界しましたが、母はその父が残した遺産で働かずとも普通の生活をしています。そう多額でも無いのですが、税理士を紹介してもらって、書類の作成や税金対策を行ってもらいました。この税理士も、学会の内部を通じて紹介してもらった方です。

しっかり仕事をして頂ける方ではあるのですが、相続が落ち着いて、残った遺産をうまく運用しなければ(増やしたいのではなく、税金として取られる分を少なくし、将来は私や孫に残したい)、と話を出したら「そんなに考えすぎないで、財務で出せばいいんですよ」と言われたそうです。
これにはさすがの母も「そんなことできるわけないじゃない」と。この話を聞いて、私の母は、常識を越えた事はしないであろう、と思ったのです。

2014年、非礼な地区婦とのやりとりを、簡単に母に伝えました。

学会という組織は、こういう点がおかしいと思う、と伝えたところ、
「アズラの言ってることは、もっともです。矛盾だらけの事いっぱいあります。」というメールがきました。
「伝えたいことが整理できないので、時間をください」と。

しばらくしてから、自らの経験などを書いた上で
「(日蓮の魂を墨に流して書きて候ぞ信じさせ給え)と御書にあります。御本尊様は最高です。功徳もありますが、自身の宿命転換は日蓮仏法を根本に世界の平和と一切衆生の幸せの実現、広宣流布達成の為に、日蓮仏法を拡大して行く事が学会活動であり、相手の方に理解していただく為に自分も勉強し力をつけるための教学もあり、相手に理解していただくために聖教新聞を読んでいただいたり、対話をしたり会合に誘ったり、相手の幸せを祈り自分も幸せになる、最高の生き方と思います。」とありました。

私は、母がそう思って活動をするなら、それは良いと思っています。常識を逸脱した行為がなければ構わないと思っています。

「宗教のための人生」ではなく、「人生のための宗教」。そして、宗教は個人の自由である。そう思うからです。

ただ、「世界平和と幸せを願う宗教団体が、「極悪打倒」「○○寺粉砕」なんて祈らないといけないのか」等々の疑問は常々ぶつけています。

母が活動するのは自由です。
しかしながら、私にあれこれと言ってくると、ひっかかります。
自分はどうなの?と言いたくなるのです。




[PR]
by awake_2014 | 2014-12-17 00:00 | 4.家族、友人 | Comments(0)

4-1.親友?

私は、あまり友人の数が多い方ではないのですが、その中で、高校時代に出会ったA子とB子がいます。

A子は離れた土地に住んでいますが、B子は私が結婚して引っ越したことで、同じ区内になりました。そして、このB子は、バリ活の創価学会員。出会った頃は、私も高等部としてバリ活だったので、そういった点でも話が合っていました。
B子とは、高校を卒業してからも、よく深夜まで遊ぶ仲でした。A子は進学でこの土地を離れましたが、メールで何でも話し、互いの結婚式も出席しました。

B子は近くに住んでいましたが、出産し育児に忙しく、創価の活動も頑張っていて、会う時間もなくなっていました。その頃から、趣味に時間を費やし、そこで知り合ったのが今の夫です。

会う時間が無くとも親友としてメールで互いに会話を続けていました。しかし、ショックなことがおきたのです。

2012年3月。二世帯同居している認知症の義父のことや、強烈な夫婦喧嘩。主人の仕事、私の育児、お互いストレスが溜まっていた時でした。一人だったら家を飛び出してしまいたい、と思う程の喧嘩…というか、私が一方的に攻撃されて、大泣きして、階下で同居する義母が部屋にやってくるほどでした。

私はボロボロになって、その事を長いメールで申し訳無いと思いつつ、親友二人に送りました。聞いて欲しかったのです。

B子からメールがきました。そこには

======
まだ読んでないけど、ファイト(絵文字)
最近、年をとったのか長文メールを携帯で読むのが大変になってきたというか…(絵文字)
(略)
冬は必ず春になるから(絵文字)

=======

そんな励ましあるだろうか…。「読んでないけど、ファイト」。そして、「冬は必ず春になる」まさに、創価学会的な一言。
この2つがクロスして、私は彼女に対して嫌悪感が出ました。

一方、A子は、深刻な内容を読んで、翌日の朝、電話をくれました。まだ私の子供が手のかかる時で、ゆっくり話すことができなかったのですが、心配して電話をくれて、その後も「話はいつでも聞くからね!」とメールをくれました。電話を持ちながら、私は涙を我慢しました。子供がいなければボロボロ泣いていたと思います。

それから1週間ほどして、B子からメールがありました。
「色々重なって辛い時に役に立てなくって、余計ショックに思わせるような事を言ってしまってごめんね。」

私も返信しました。
「親友だからこそ、私も「正直「読んでないけど、ファイト」は、ちょっとショックだった。
 あの時は、娘と二人で家を出ようか、実家も頼れないし、子供と二人でどこかに出ようか、と真剣に悩んでいたほどだったから。
 同時に、私が甘えすぎてた。卒園・入学で忙しいだろうし、学会活動も役職があるから忙しいよね。」

すると、B子からの返信。
「心配りの出来ない言葉で余計に傷つけてしまってごめんなさい。色々書くと言い訳になるけど、地区婦になってから、今まで以上に周りに気を使って、・・・(以下略)」

「地区婦になってから」

地区婦人部長になると、活動が忙しくて、こうなってしまうものなのか…。
そう思いました。
それから数ヶ月、私はB子と連絡を取りませんでした。
後に、B子と連絡を取り合い、会った時に「あの時はごめんね」と言われました。またメールのやりとりもするようになりました。

しかし、その後も時折、何かメールを打っても、B子だけ返答が無い事も多々あり、その度に、あの出来事を思いだすようになり、長いメールを打てなくなりました。
会わない上に、メールのやりとりも減っていきました。






[PR]
by awake_2014 | 2014-12-16 00:00 | 4.家族、友人 | Comments(2)