<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2015年正月の母

2015年の元日から、母へのガックリ感を強くさせることがありました。

母は年末から風邪を引いて、体調を崩していました。寒さもあり、一人暮らしなので心配していましたが、元日にメールが来ました。
「あけましておめでとうございます。(略)今朝8時の勤行会参加。バスの時間帯が悪いので往復歩き、運動になりましたが疲れ。こたつに入ったままです。(略)」

年末に風邪を引いて熱が出たと言っていたけど、大丈夫になったんだろうか?
そう思いつつ、主人が「じゃあ、3日が休みだから、お母さんの所に挨拶に行こうか」と言ってくれたので、予定はどうかと返信しました。すると、

「まだ調子悪いので、ベッドで休んでいました。お腹すいたので軽く食べて薬飲んだところです。体重くて何もする気が起きないので、すみません。」
え?冷え込んで雪がちらついた元日の朝、片道20分の道のりを歩いて会館に行き、勤行会に出たんでしょ?まだ風邪が治ってないの?
そんなに体調が悪いなら、歩いて会館に行かずに体を休めて体調を治すのが大事なのでは?とメールしたところ、

「入会以来欠かしたことがなかったので、参加しました。自分に負けたくなかったので。とにかく何をするのも億劫なので。気持ちが立ち上げるまで、待ってください。どういう言葉で返信したらいいのかわかりません。」
というメールがきました。

「入会以来欠かしたことが無いからっていう気持ちも分かるけど、風邪で体調が完全では無いのに、冷え込みがきつくて雪がチラチラ舞う中、歩いて往復してまで行くのか、ってことですよ。
体調イマイチの中、朝から寒い中歩いて行って、「何をするにも億劫」じゃ、行った意味があるのか?と。メールを読んでて疑問に感じるのは普通の感覚だと思いますよ。
大雪の中、神社に並んで参拝してきて「何をするにも億劫」って言ってたら、そんなに寒い中、無理して神社行くことないのに、って思うでしょ?」
私はそう返信しました。

主人にも話せず「まだ風邪みたい」としか言えませんでした。
「元旦に雪のちらつく中、20分歩いて新年勤行会行ったら、また風邪がぶり返したみたいよ」なんて、言えませんでした…恥ずかしい…。(数日経ってから話して、主人もため息混じりでしたが)

布団の部屋にテレビはありません。
それでも、毎年見ていた箱根駅伝は、テレビにかじりついて見ていたことでしょう。創価大学が初出場なんですからね。テレビの前で三色旗、振ってたんじゃないかしら…。

今年もこういったやりとりが続くのでしょうね…。

一方の我が家は、家族揃って、初詣で有名なお寺へ行ってみました。去年までは、主人と子供だけが行っていましたが、今年は3人で。私も、結婚してからは新年勤行会なんて行ってないんですけども。
お賽銭を入れ、昨年一年、私自身に色々あったけれど、特に大事もなく家族揃って新年を迎えられた。今年もそうであるように…。
心でそう願い、子供にせがまれた出店の綿あめを買って帰ってきました。
ただ、家族が揃って、今年も良い年になりますように、と願う。幸せなことです。




[PR]
by awake_2014 | 2015-01-21 00:00 | 5.いろいろ | Comments(4)