<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

広い視野をもちたい

ISIL(いわゆる「イスラム国」)が連日報道されています。
その中で、ISILが支配している地域の映像を見ました。

やや記憶が曖昧なのですが…
ISILの兵士たちが、子供から大人を集め、教育をしていました。
我々が最高であり、異教徒は悪である…と。
そして、小学生位の子供がカメラに向かって熱く語っていました。

「欧米の悪と戦う戦士となる!これは聖戦だ!我々が勝つ!」

幼いうちに、身近な大人から教えられたことを正しいと思う。
それは普通のことだと思います。
ただ、その教えられたことが、正しいのか、正しくないのか。
そこが重要です。

ISIL占領下の子供も、違う教育を受けていれば、違う感情や意志が芽生えたはずです。
まだ染められていない心の子供への教育は、とても重要なことだと感じています。
昨年、ノーベル平和賞のマララさんも、教育の重要性を訴えていました。
子供への教育は、平和への第一歩ではないかと感じました。

大人になってから、イスラム教徒が多いエジプトに行きました。
過去、エジプトでは日本人が犠牲となる事件もありましたし、イスラム=怖い、というイメージがありました。
しかし、現地ガイドと親しくなり、色々な話をしていると「一部の過激な人たちが起こす事件が報道されて、イスラム教を誤解されるのが悲しい。平和と幸せを願う気持ちは、他の宗教と変わらない」と話してくれました。

一刻も早くISILが崩壊し、子供達が正しい教育を受け、
平和な世界を作り上げる人に成長して欲しいと願うばかりです。

・・・・・・・・・・

この話とは比較にならないのですが…。
私自身の子供時代を思い出しました。

子供は純粋です。そして、身近な親や大人を見て育ちます。
一番最初に出会う世界は「家庭」です。
そこで、これが正しい、と教えられると、すんなりと受け入れてしまうものです。
まだ善悪の判断も自分でつけられないのですから。
愛する家族が、そう教えるのですから。

私もそうでした。
知らぬうちに、神社に行ってはいけない。神輿など担いだら罰が当たる。
創価以外は邪宗だ。等々、親に教えられて育ちました。
それが普通だと思っていました。

私は、成長して、自分の世界が広がるにつれ、創価に対する疑問が出てきました。
高校生になり、学生になり、社会人となり…。
海外に旅行することで、さらに視野が広がりました。

世界には色々な宗教があることも知りました。
海外で様々な人が祈りを捧げる姿も見ました。
「創価以外は邪宗」と教えられた子供時代…あれはなんだったのだろう。
幸せを願う気持ちは、みんな同じじゃないか。そう思いました。

最近の創価は、他の宗教を「邪宗」と言わないようですし、
地域のお祭りにも一市民として参加協力し…と言うようですが。
「邪宗」「地獄」「仏罰」…そんな言葉がなかなか消えませんでした。

こんな私も母となりましたが、我が子には、広い世界を見てほしいと思います。
狭いお花畑で盛り上がっているような人にはならないでほしいな、と。





[PR]
by awake_2014 | 2015-02-18 00:00 | 5.その後(2015年) | Comments(8)

今、アレなんでね

内容の前に、私の家のことですが、主人の両親と二世帯住宅で暮らしています。生活は別で、玄関を共有しています。義父母は、先祖代々の宗教があります。

という前置きをして。

去年覚醒してから、「3-3.覚醒後の生活・1」にも書いたのですが、訪問をやめてほしい、と伝えました。
それ以来、ずっと訪問はなく、たまに手紙やメモ、お金のかかった立派なしおり等々がポストインされるだけでした。

しかし、先日、お婆ちゃまグループ長が来ました。
私たち(主人、私、子供)だけなら、ドアホンのカメラを見て、居留守を使えますが、義母が先に出た場合、それはできません。
階下の義母から「アズラさん、○○さんよ」と声をかけられました。無視するわけにいきません。また、ご近所ということで、義母とグループ長は面識があります。
仕方なく私は玄関先に行きました。

グループ長は、久しぶりに会えた!という喜びを爆発させて、ずっと喋っていました。

「会えて良かった。お久しぶり。今年初めてよね。今年もよろしくね。」
…主人も地区婦の件で怒ってるので、訪問お断りって伝えましたよね、という間もなく…。

「今はちょうどアレだから、忙しい時期でね。アレもあるんで、皆さんにお会いしようってことで、回ってるんですけどね。」
…アレって?!はっきり言えばいいのに。春に地方選ですからね~、って。
創価って、隠語が多すぎますよね…。選挙になると「F」とか、財務になると「事故」とか。怪しい組織のニオイがプンプンします…。

「あれからどうかしら?まだ活動とか…どうかしらね?」
…活動したかったら、自分から言ってますって…と、ガックリ感漂わせる態度でいると、

「でもね、自分の信心だけはね、自分でしっかりとね。勤行は基本だから。お題目は時間がなければ三遍でもね。お忙しいでしょうしね。お仕事とか忙しいのかしら?お子さんはお元気?新聞はとってらっしゃるのよね?じゃあ、先生の指導も読んでいらっしゃるでしょうし。そこは安心ね。お母様もいらっしゃるから、信心の指導も受けられるでしょうし。」
…長いこと勤行もしてないし、三遍すらやってないし、新聞はポストから古新聞入れに直行だし、母には創価のおかしい点を指摘してるんですが。非活の私よりネガティブな母ですし…。

と全部話したらいいのでしょうが、子供も帰宅し、義母も在宅する中、無駄な時間を使いたく有りません。私は引き続き「苦笑」という表情を浮かべていたら、
「まだね、他にやる人いなくて、まだ私がグループ長でねぇ…」
「それじゃ、今年もアレなんで、よろしく」
とグチを混ぜながら帰られました。

選挙と財務の前は、訪問活動に必死なんですよね。選挙になれば、会合もなくなるし。選挙屋さんに早変わりです。

その日の夜、主人が帰宅してから、簡単に話してみたところ
「俺んとこにも、学会で幹部とかいう高校の同級生、前も来たやついたじゃん。あいつから電話きてさ。統一選があるからよろしく、って。いつ選挙あるの?何の選挙?って、俺聞いちゃったよ。」
とのこと。

統一選に向けて正義の大前進!
みたいなのが始まったんでしょうか?(汗)

…とここまで書いて、一晩経って、読み直してから投稿しようと思っていたのですが。
朝、ポストには大きな封筒が入っていました。
「(主人の名前)様、(高校の同級生) よろしくお願いします!」と書かれていました。

それにしても…いつポストインした?!
前日、17時前にポストから夕刊をとった。翌朝、早起きの義母が7時にポストから新聞を出しているはず。いつ来た?!(ちょっと怖い…まだピンポンしないだけいいけど…)

主人が仕事から帰宅して開封すると、公明党のパンフレットに、短い手紙。主人は私にそれを見せながら「部活仲間だったんだぜ。この堅苦しい文章、なんだろね。」
主人に確認しましたが、やはりこの方も、選挙の前しか連絡は無いそうです。

そんな薄っぺらな繋がりで、頼まれたから投票します、なんて、あるわけないでしょっ!!

「電話きてさ、うん分かったよ、って言うけど、一度も入れたことないもん」と主人。頷く私。
独身時代、周囲に学会宣言なんてしていなかった私は、友人知人から度々主人と同じ言葉を聞かされました。

必死になって、昔の名簿を見ては、電話したり訪問する学会員…。
「分かったよ」と言われて、「やった!Fとれた!」と喜び、報告して褒められる…。
それが自身の成長となり、福運になる…。
…だそうです。素晴らしいお花畑です。満開です…。

まだ独身の頃ですが、豪快な婦人部幹部が、座談会の席で話していました。

 家に自民党の人から電話がきたの。
 「はい、分かりました。頑張って下さい。」って終わってね。
 電話一本かけてきて、はいはい、って投票するわけないじゃない!
 (座談会場、笑)

私は笑えませんでした。え、あなたも同じでしょ?!
だって、この話の前に「数年ぶりに同級生に電話をしてFを…」って言ってたじゃない?

創価のヘンテコリンさは、周りと同じ事をしていても、「私たちは正しい」と思っちゃってるところ、ですね。
どうぞ、常識ある行動を…。












[PR]
by awake_2014 | 2015-02-02 00:00 | 5.その後(2015年) | Comments(6)