<   2015年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

背筋の凍る選挙活動

年度末、子供がらみで、バタバタした日々でした。
時折、地方選がちらつきつつ、創価については穏やかな状態でした。

が…。

久々にあのトンチンカンな地区婦、私を覚醒させるきっかけをくれた地区婦、からメールが来ました。
ある婦人部長からのメールを転送してきたものです。

メールを読んで、背筋が凍りました…。
本当にゾッとしたのです。

おおよその内容をまとめてみます。

===============
○○区婦人部長のメールを転送します。
□□広宣長が、学生時代の名簿から○○区の方を100軒書き出し、○○区の地図を15000円で購入。
土日に訪問しており、60軒まできた。
初めて会う方ばかりなので、自己紹介し、××(地方選、公明候補)支援をお願いしている。
(以下略:候補者××の政策等々)
===============

これに対して、元のメールの作成者である婦人部長は、
「なんとありがたいことでしょう。地元がしっかり頑張らねば。」
と、最後に記しています。

こわ~~~~~っ!!!!!!

高価な住宅地図を買って、名簿で家を探し出し、面識もない人に、突撃。
その行為を「なんとありがたい」ですって…。

本当に創価の常識のなさを痛感です。
もし自分が逆だったら、気持ち悪いと思わないんでしょうかね?
「私たちの戦いは正義だから」「師匠のために」とかヌカすんでしょうね。

某宗教の方々が、学生時代の名簿から名前と住所を書き出して、住宅地図で家を特定し、学生時代に同級生だったからと突然やってきて、次の選挙はこの人をお願いします、って言われたら、創価の人はきっと激怒しますよね。気持ち悪い、って。名簿から家を調べて、いきなり来るなんて、って。
お互いに連絡し合って、気をつけましょうね!と言い合うでしょう。

でも自分たちの仲間がやっていると、「ありがたい」なのです。
どこかのインチキ訪問販売と変わらないと思うんですが。

そして、我が地区のトンチンカン地区婦も、メールの最後に「頑張って参りましょう」ですって。
これを聞いて「頑張ろう」って思えるなんて。

さすが、創価に対する反論メールをした私に
「これから20年30年後を楽しみにします。ありがとう。」
というメールを送った地区婦です。

私はこの言葉を、一生忘れないと思います。
創価の傲慢さ、選民思想、仏罰論が凝縮された一言だと思います。

…話を戻して。

さらに、トンチンカン地区婦は、またもマナー違反です。
私を含め、11人に対して、「TO」でメールを送信してきました。

私以外の10人で面識があるのは2人だけ。あとの8人は、名前も顔も知りません。
面識のない人に対して、一斉送信する時は、個人情報漏洩にもなるので、「BCC」で送る(=メールを受け取った人は、他の受け取った人の名前やアドレスが分からないよう配慮する)のが、マナーのはずです。

背筋が凍り付きながら、マナー違反には頭がきたので、メールを返信しました。

===============
他の方にアドレスを教えたつもりはない。
面識のない人にアドレスを知られたくない。
送信した全員の氏名とアドレスが丸見え。
個人情報漏洩なので、「TO」での一斉送信はお断りする。
一斉送信するなら「BCC」を利用して欲しい。
===============
何も分かってないかもしれない…と、最後に「TO」「CC」「BCC」の説明が書かれたサイトのURLも付け加えました。「個人情報漏洩になる」と書かれたサイトを。

そう送ったら
「配慮が足りずすみません。今後気をつけます。」
と返答がきました。
一度出てしまったアドレスは消せないんですけど。

今や、幼稚園や小学校でも、個人情報だからと、名簿は名前のみ。住所や電話は、保護者同士が交換してください、と言われる時代です。
少し前も、某企業が個人情報が漏れて大騒ぎになりました。
そんな時代でも、名簿を簡単にコピーして配布し、アドレスをひけらかしたメールを送る。

本当にとんでもない団体だと、また選挙を前にして実感しました。

主人は入会していませんし(元から反対派)、子供も入会させていませんが、主人と子供の氏名、生年月日は、私の情報と一緒に把握されています。
教えてしまったことが悔やまれてなりません。
先祖代々の持ち家に住む我が家は、引っ越すような予定もありません。
幸いなことに、拒否しても押しかけてきて、身勝手な指導をする役職持ち・幹部はいませんが。

しかしながら、私は悪いことなど何もしていません。
常識を外れた行動もしていません。
自分の思想に反論する人に「20年30年後を楽しみにします。」なんて言葉を送りつける気持ちもありません。

正常な常識を持って、これからも生活していきたいと思います。





[PR]
by awake_2014 | 2015-03-22 00:00 | 5.いろいろ | Comments(4)