<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「残念」な母

前回も残念な母のことを書いたのですが…。続きです。
ちょっと流れをまとめながら、追加してみます。


…と。
何だか最近、母に対するグチのような話が多いのですが。
『創価』に対することなのか、個人的な『母』のことなのか、と考えたのですが。
どちらか、ではなく、「『創価』である『母』」のこと、なんですよね。

物心ついた時から、創価思想で育てられた。
「御本尊様は見ているよ」「お題目送ってるからね」
でも、実際どうなの?何十年もやってきて、それでどうなの?

「4-2.母との関係・1」でも書きましたが、
『御本尊様は最高です。功徳もありますが、自身の宿命転換は日蓮仏法を根本に世界の平和と一切衆生の幸せの実現、広宣流布達成の為に、日蓮仏法を拡大して行く事が学会活動であり、相手の方に理解していただく為に自分も勉強し力をつけるための教学もあり、相手に理解していただくために聖教新聞を読んでいただいたり、対話をしたり会合に誘ったり、相手の幸せを祈り自分も幸せになる、最高の生き方と思います。』
と、創価の疑問をぶつけた私に返信してきました。

宿命転換とやらを見せてよ。信心の力で乗り越えるところを見せてよ。
そう言いたくなってしまうのです。

覚醒する前に、悶々としていた思いが、覚醒後、私の中からあふれ出ています。
ブログで書くことでは無いのかもしれませんが、私の、創価に対する、母に対する、吐き出したい思いをここに書かせて頂くことで、気持ちを整理し、落ち着き、平穏な日々を送りたいと思っています。


…本題に戻します。


家族旅行から帰ってきた翌日、母から、実家トラブルについての長~いメールがきました。
旅行疲れもありつつ、色々大変そうでしたので、以前から言ってきた事の繰り返しもありますが、私もメールを読み返し、返信。

しかし、それから1週間、何の音沙汰もなく。
私の返事について、肯定も否定もなく。
メールに、来週時間取れないか、とあったので、予定についても書いたのに、何も連絡が無い。

私も仕事や子供のことで忙しかったのですが、さすがに1週間連絡が無いと、急に暑くなったこともあり、体調が悪いのではないか、と心配になり、メールを送信。

「自分なりに一生懸命考えて返事を書いたけど、何も返事が無いので、正直ガッカリしている。」
そう書きました。
と同時に、この日の午前、二世帯同居している義父が、熱中症のような症状が出た為、意識はあったのですが、まともに歩けず、認知症もある為、救急車を呼んでかかりつけの病院に搬送してもらい、入院。その事も書きました。検査したところ、肺に影があり、肺がんの可能性もあるということでした。

すると「落ち着いたらメールします」とだけ返事が。
その数時間後、改めてメールがきましたが、

破産管財人の弁護士から、こんな内容のメールがきた。納得できない。何も話が進んでない。どういうことだ…という怒りをぶちまけた内容。
破産管財人の話が納得できないから、以前お世話になった弁護士と契約しようと思う。
気温が上がって体調が悪い。家にこもっている…云々。

そして最後に
「そちらもいろいろ大変のようだから、少しでも前向きな話をメールしたいと願っていますが、なかなか、それができずすいません。」
とありました。

私は少し期待していました。
義父に肺がんの疑いがあると医師に言われた。それについて、何かしら反応がないかと。
義母は少なからずショックを受けていました。長年夫婦として苦楽をともにしたパートナーが、がんと言われるかもしれないのですから。
それを経験したのは、私の母です。
だからこそ、その部分について、何かメールに書かれていないかと、少し期待しました。

しかし「そちらもいろいろ大変のようだから」。それだけでした。
「お題目をあげてさしあげてね」とか「お題目を送ります」とか…
そんな言葉すらありませんでした。
この言葉は出てくるかと思ったんですが。
「人の幸せを祈れる学会は幸せ」そう言っていた母も、目の前の事に必死…。

法律的な話は弁護士に聞かないと分からない…等々、返事を書きながら、
「必死に信心しても、こんなに困難が次々と訪れるものなのですかね。こういった出来事ひとつひとつを、宿命とかいうのは、どうなんだろうと疑問に感じます。」
という一文も書き添えました。
功徳、宿命転換、最高の生き方…それを見せてよ!
そう、思い切りぶつけたい思いでした。

そして、また、5日間ほどメールはありませんでした。
5日ぶりにメールがきたと思ったら、
「○○弁護士と契約しました」という一文のみ。
その後、立て続けにピンぼけした弁護士との契約書の写真メール。
(…ボケすぎてて、読めないし、契約書を私が見てどうする?!)

前々から弁護士を依頼したら?と言ってもほったらかし。
結局弁護士に頼み、それ以外の話はスルー。
私の娘が夏休みになり、幼稚園の夏期保育、お泊まり保育…ということもスルー。
私はあきれ果てて、返信しませんでした。

翌日きたメールも、今回の件の、さらに前に借り主と起こったトラブルに関して、ズラズラと語った内容と、弁護士さんとこう話した、という内容だけでした。
このメールも、私は読んだだけで返信はしませんでした。

そうこうしているうちに、入院して10日程たった義父は、肺炎の疑いがあり、熱が上がったり下がったりで、相変わらず食事も摂れず。この症状が治まらないと、肺がんの検査もできないが、肺炎が重篤化する可能性も…と言われる状態。

これだけは伝えておこうと、母にメールを打ちました。
「こちらの事まで考えられないでしょうけど。一応、状況だけ伝えておきます。」と。
付け加えて、忙しそうだから旅行のお土産は宅配便で送った、子供は幼稚園でこんな行事があった、と、簡単に書き添えて。

すると、
「お義父さんのことは気になってしましたが、すみません。お見舞いは自宅でいいでしょうか?お義母さんの予定を教えてください。」
やっと気づいたようですが…家にお見舞いしてどうする?というか、見舞うよりもまず、電話一本を直接義母に入れなさいよ、です。
「娘から入院したと聞いたけど大丈夫ですか?」と電話を入れるぐらい、簡単なことなのに。

私の父が、ガンで体調を崩した時も、義母は私の母宛に電話をしてくれたことを、私は覚えています。母から「お義母さんから電話をもらった、心配してもらった」と言われたからです。
多忙な中、突然見舞いに来られても、困ることもあると思うし、弱っている姿を見せたくない相手だっているはず。母も、父の時に同じ思いをしたはずなのに。

確かに困った問題に直面しているとは思いますが…
嫁いだ娘が、二世帯住宅で暮らす義父が入院しても、「その後お義父さんはどう?」という一言すらなく、自らの困った状況とグチを送り続けてくる母。
信心は最高と言いながら「お題目送ります」の一言もない母。
創価の中で生きてきた母って、コレか?
そう思うと、何とも言えない気分になるのでした。

夏休みになり、日中、あまりの暑さで屋外で遊ぶことすらままならない中、「ばーばは遊びに来ないの?」という娘。
「ばーば、忙しいんだって」
そう娘に話しながら、溜息を吐いて、7月が終わろうとしています。


[PR]
by awake_2014 | 2015-07-31 00:00 | 5.その後(2015年) | Comments(7)

「放置」好きな組織

また前回の更新から時間が経ちました。
前回も書いたのですが、創価がらみで何もなく、仕事に育児に家庭に、と平凡ながら幸せな日々を送っているから、でもあるのですが。

前回書いた、くも膜下出血で入院したおばあちゃんグループ長の話も、その後、全くです。
「アズラさんも一緒にお題目を送って下さいね。よろしくお願い致します。」とメールを送りつつ、その後、状態が安定しました、とか、退院しました、なんて話は全くありません。
「祈って」と頼んでおいて、放置です。

私は、おばあちゃんのお宅の近くを通る度に、どうしたかな?回復されるといいな、と心で祈っているのですが。
すっかり私は、非活学会員として放置して頂いているようで、それはそれで、ありがたいのですけどね。

それにしても、ホントに、創価は「放置」が多い。
選挙にしてもそうではないでしょうか?
公明党のお願いばかりして、いざ選挙が終わったら放置。
応援してもらった議員がどんな活動をしているのかもサッパリな方ばかりです。


そんな中、我が家は、7月前半、家族旅行に出かけました。
主人はシフト勤務で、夏休みというものがなく、繁忙期にまとまった休みが取れないため、毎年少し早めに家族旅行をしています。
母にも声をかけましたが、体力的にきついし、家の方の問題もあるのでパス、とのこと。
家の方の問題とは、4月にブログで書いた件のことです。
(リンク 実家のトラブル

旅行直前になると、「全てが良い方へいくように、お守り御本尊を忘れずに」とメールが。
すっかり覚醒している私は、勿論スルーしましたが、それ持って守られるなら、世の中みんな幸せだよ…と、溜息が出ました。
そのくせ、他宗のお守りについては、ものすごいバカにしますからね。創価も同じじゃん。
しかも、神社仏閣で販売されているものより、ちゃちくて高い気がします…。

旅行先は沖縄だったのですが、ちょうど台風が沖縄に接近した時でした。
滞在中、台風が通過しましたが、前半は海や屋外プールで楽しく遊べましたし、屋内プールでも遊んだり、往復の飛行機も揺れることなく飛び、楽しい家族旅行でした。
台風ばかりは自然ですから仕方ないことで、そういった状況の中、家族で楽しい時間を過ごせました。

お守り御本尊なんて無くても、いいんです。
子供には、お空に他界したじーじがいて、いつも見守ってくれている、と話しているので、子供は「じーじ!お空から台風吹き飛ばしてね!」なんて、かわいらしくお願いしていました。
宗教に関係なく、先祖を思う気持ちは大事ですよね。


そして、楽しい旅行を終えて帰宅した翌日、母からメールがきました。
実家の方の問題の続きです。
借り主が自己破産し、破産手続きを行い、弁護士が破産管財人となって処理を進めていたようですが、処理が7月末に終了して、店舗が破産管財人から貸し主である母に戻される予定。
しかし借り主が残していった物、リース機材などは、貸し主である母が処分を行う、という書類にサインをしてくれ、という内容だった、と。

店を突然しめて出て行ったので、あらゆる物が放置されたまま。さらに大きなリース機械が置かれたまま。そのリース機械の業者は、搬出にお金がかかることで拒否。搬出には100万かかるから他の業種に貸したいならその費用を母が出してくれ、と業者は言うそうです。
店舗の中をどうにかしないことには、次の人にも貸し出せない。
本当に困った状態です。

旅行から帰宅した翌日、たくさんの洗濯物を片付けているときに、まとまりのない長く重たいメールがきました
「旅行から帰ってお疲れの所申し訳無いけれど…」とあり、それは大変であろうと、句読点も改行も無い、非常に読みづらいメールを何度も読み返し、私なりの意見や考えを書き連ねて、メールで返事を出しました。

が、それから1週間、何の音沙汰も無し。
忙しい中、必死に考えてまとめて送ったのに?
まさか体調でも崩して一人で寝込んでるとか?もしくはもっとひどいことに?

とりあえずメールをして、返答がなければ電話をしようと、メールしたところ「落ち着いたらメールします」という返答。
なんだ、体調崩したわけじゃないのか。だったら、「そういう考えもあるね」とか「それは違うと思うわ」とか、何かしら返答くれてもいいんじゃないの?
創価にあるあるの「放置」パターン?!
またも、うんざりしました。


私は少し前から、第三者として、破産管財人も法律に従ってやっているだろうし、リース業者が搬出費用を出せというのはおかしい話だし、こちらも弁護士に依頼して、事務的に処理を進めた方がいいのではないか、と母に進言していました。

しかし、母は、何も事を起こさず、ただ静観していたようで。
そして、弁護士から自分に不利な話ばかりきて、冗談じゃ無い!と思い立って、以前の借り主でトラブルになった時に依頼した弁護士と契約することにした、とか…。

主人にに簡単に話すと、言いました。
「お母さんは、そんなに必死に信心してるのに、トラブルばっかりだね。一人目は悪い噂流して警察沙汰になって、今度は自己破産されて。こういうとき、学会の人とか、公明党の人とか、弁護士を紹介してくれたり、法律相談の対応とかしてくれないの?」
ごもっともです。私もそう感じています。


「一緒に祈って!」「選挙活動して!」「財務やって!」「新聞とって!」
その時だけは必死に訴えるけれど、いざ山を過ぎれば音沙汰もなく放置。
そして、潤うのは、創価学会という組織だけ。
会員は、経済状況があまりよろしくない中、節約して暮らしているのです。

財務なんて「出せばそれ以上のものが返ってくる」なんて、よく言われてましたが、どうなんでしょうね?
現実は、年金暮らしの高齢者が、新聞、グラフ、書籍を買わされ、民音で興味の無いコンサートチケットを買わされ、無償で新聞を配達し、集金し、選挙依頼まで。
でも、誰が見てもぼろいと思うアパートで暮らしている…みたいな。

無駄な書籍は買わず、新聞配達や集金の時間、同じご近所を歩き回るなら、チラシの投函パートでもした方が、定期的に収入が増えると思うんですけどね。
「最近葉物野菜が高いわねぇ。節約しなきゃ。」と言いつつ、ろくに読まない大先生の書籍はポンポン買って本棚のコレクションのように並べる…。

ホントに創価っていう組織は…。






[PR]
by awake_2014 | 2015-07-20 00:00 | 5.その後(2015年) | Comments(4)