<   2015年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

うぬぼれないで!

あの季節がやってきました。
「真心の財務」です。

昨年(2014年)、続けてきた財務を断りました。
その時の、地区婦とのやりとは、こちら(3-5.覚醒後の生活・2)に書きました。

調べてみると、昨年の財務依頼メール、9月9日にきました。
そして、今年も9月9日にきました。
…これって、毎年同じなんですかね?

伝えるべきコト)に書いたメール以来、3ヶ月ぶりのメールです。
3ヶ月前、「お婆ちゃまグループ長がくも膜下で倒れたので題目を送って下さいね」と書きつつ、その後、全く何も無いので、このお婆ちゃまが、その後快復されたのかどうかも分かりません…。
コメントでご心配頂いた方々に御報告できず、申し訳ありません。

「(略)是非、広布のお役に立てる財務をお願いしたいです。
 暫く会ってないし、新しい白ゆり長もご紹介したいです。
 如何でしょうか?」

2年以上会合に出ておらず、何のお世話にもなってない幽霊会員の私が、
「広布のお役に立てる財務」?!
え、なんで?!
行ってもいない会館運営の為にお金を出せ、と?
今年もハッキリお断りの返信をしました。

「昨年同様、広布部員の申込みをする意志はありません。
 訪問もお断りさせて頂きます。」

やれやれ…と思っていたら、返信です。

「学会、やめちゃうの?
 信心だけ続けますか?
 私が居なくなれば、組織に着きますか?
 そんな風に思わせてしまい、申し訳ありません。
 が、地区の一員である事は変わりないので、連絡だけはさせていただきます。
 心から祈ってます。またよろしくお願いします。」

どんだけ自惚れてるんだろう…。
確かに「20年30年後を楽しみにします。」という、仏罰論と選民思想がたっぷり詰まったこのメールの一文に衝撃を受け、なんて人なんだろう…と思ったことは事実です。
でも「私が居なくなれば、組織に着きますか?」って…。
バリ活さんが大好きな「『怨嫉』で…」という理由付け、ですよね。これって。

地区婦が「20年30年後を楽しみにします。」と送ってきてイライラした後、(3-4.覚醒後…友人とのメール)にも書きましたが、(元?)親友のバリ活地区婦B子にもメールで言われました。

「会合に出て、人と話して元気になって前向きに活動してもらいたいって思ってるのに
 「あの人が嫌いだから会合出ない」って、ただの怨嫉。
 その人の為に信心してる訳じゃないよね、「先生と共に」だから。」

トンチンカンな地区婦が嫌だから、組織から離れる。
地区婦がいなければ、組織に就く。会合も出る。
…そんな単純な話じゃありません。そんな安っぽい話じゃないんです。

「地区の一員である事は変わりないので、連絡だけはさせていただきます。」
っていうけど、ここ1年以上、座談会だ、同時中継だっていう、会合の連絡なんて一切ないんですけどね。
連絡が来るのは、財務・選挙・教学試験。
お金絡み、選挙の票、報告しないといけない事務連絡…。
もし気が変わって(あり得ませんが)会合に出てみよう!と思ったって、何も連絡が無いのに、どうしろと?!

日頃全く連絡もしないのに、地区の一員だから連絡だけは…って。
よく言うなぁ~。

「学会、やめたいですね。
 信心、分からないです。
 あなたがいてもいなくても、創価が嫌です。
 連絡だけは、ってあるけど、数ヶ月に一度、報告が必要なことしか連絡してきませんよね。
 財務とか選挙とか。
 まあ、祈ってみてください。組織になんて戻りませんけど。」

…って、返信したかったけど、アホらしいのでやめました。

翌日、主人の仕事が休みで、二人でランチをしたとき、我慢できずにこのやりとりを話しました。メールを見せつつ。
すると、主人が言いました。

「そういえばさ、○○(地区婦)さんって、最近全然見ないよね。
 前はさ、歩いてる時にすれ違ったりとか、何回かあったのに。
 まだあのマンションにいるの?」

そうです。私も同じ。覚醒前は、度々近所ですれ違いました。買い物とか駅に行く途中に。
我が家から徒歩2分もかからないマンションですからね。しかも、お互い、ちょっとだけ出れば駅前通りに出る位置です。この町のメインストリート沿いに住んでるわけです。駅の向こう側には、ショッピングセンターもありますしね。スーパーもあるので、この町の人は日々利用する所です。

んが、ここしばらく、というか、1年以上かな?見かけてません。
会ったら、幸せ満面の笑みで「こんにちは」って言おうと思ってるのに。
「相変わらず私にお金と選挙の時は連絡くるから、あのマンションなんじゃない?」と言ったら、主人にウケました。
「今度選挙の電話きたら、安保法案のことで、公明党には失望したから、とか言うか?」なんて言ってくれて、お互いに笑いました。

それにしても、「怨嫉」って、嫌な言葉ですねぇ…。
別に、怨んでも嫉んでもないんですけどね。
裏を返せば、「アタシが頑張り過ぎちゃってるから…」という、うぬぼれでしょうか?!
選民思想たっぷりだからなぁ…。




[PR]
by awake_2014 | 2015-09-12 00:00 | 5.その後(2015年) | Comments(4)