<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

御本尊様を返すと仏罰?

学会の大好きな「仏罰」。
私が子供の頃は、今よりももっと酷かったように思えます。
子供の頃から、「御本尊様を悪く言ったり変なことをしたら罰が当たる」と教え込まれてきました。

「学会の悪口を言って、御本尊様を処分した人が、事故に遭ったのよ。仏罰なのよ」
「邪宗の人は、死に顔が見られたものじゃない。創価の人は霊山に旅立つ良い顔をしている。」
そんな話をずっと聞かされてきました。
「火事になったら、一番に御本尊様を巻いて持ち出すのよ!」とも。
…歴史ある寺社にある文化財でもなく、コピーだってのに、命がけですか?

しかし、自分が大人になり、色々な人に会い、話し、体験してきて、本当にそうだろうか?と思う事が増えていきました。
学会二世三世として育ち、組織に疑問を感じた方は、皆さん同じではないでしょうか。

度々ブログに書いてきた、トンチンカン地区婦。
いつだったか、彼女の発言で知ったことがありました。
それは、我が家のお向かいさんのことです。

地区婦が我が家に来た時、お向かいさんの方をチラッと見て、
「ここの家、昔、御本尊様返してんだよね~」
と軽く言いました。
それまで、数年間、近所づきあいをしながらも、初めて知った事実。

私は、義父母と夫が建てた二世帯住宅へ嫁いで来たのですが、お向かいさんとは、昔からの長い付き合いで、夫が子供の頃、お互いに子供を見てもらったり、物を貸し借りしたり…という親しい仲なのです。
何か困った事があれば、お互い家の中に入って解決、という雰囲気です。
私も子供も、そこへ加えて頂き、本当に良好な近所づきあいをさせて頂いてます。

地区婦は、「御本尊様返してんだよね~」と、罰が当たるんだから~的な言い方をしていましたが…
ご高齢のご夫妻は、通院をしつつもお元気です。90歳近かったかと思います。
夫と幼なじみの息子さんは、地域の活動にも参加。消防団にも属し、地域の皆さんから頼られる存在です。
敷地の広いお住まいで、1Fはご夫妻が自営されていましたが、数年前に引退され、今は貸店舗として日々お客さんが訪れているようです。

それが幸せかと言えば、幸せの尺度は人それぞれですし、ご家庭の中では多々問題があるかも知れません。
が、「御本尊様返して仏罰当たる家」には見えないんですけどね。

ここまで書いた内容、実は、春先にまとめかけていたものなんです。
というのも、実家のトラブルがあって、ふと思い出したことなのです。
リンク:「実家のトラブル」

その3ヶ月後、トラブルが改善されていないことも書かせて頂きましたた。
リンク:「「放置」好きな組織」

そして、またそれから3ヶ月…。
実家のトラブルは改善されておりません(汗)

○御本尊様を返したお向かいさん
→ご夫妻が引退された後の店舗の借り主がすぐに見つかり、それから2年以上経っても順調に店舗が続いている。

○必死に活動してお題目あげまくっている母
→引退した後の店舗の借り主がみつかったが、とんでもないヤツで警察沙汰に。
その後しばらく空店舗で、やっと次の借り主が見つかったと思ったら1年せずに自己破産。さらに設備をリースした業者がとんでもない社長で、自己破産で閉店してから7ヶ月たった今でも、弁護士を入れて解決を図ろうとしているが、解決せず…。

再度書きますが…幸せの尺度はそれぞれです。ご家庭の中では…
でもね。

御本尊様返したから仏罰?必死に祈れば解決?
ちゃんちゃらおかしいわっ!
…と言いたくなってしまうのです。

…って書くと、バリ活さんに、「これから罰が出る」「今後分からない」「人生の最後の姿が…」とか、色々こじつけて言われそうですけど。かわいそうに…(泣)

残念ながら、人間平等では無くて、トラブルにも遭うし、病気もするし、色々あります。その時、宗教を支えにして乗り越えよう!とポジティブになるならいいかもしれませんが、創価の場合、宗教が支えではなく、中心になってしまう。

トラブルに遭うのは祈りが足りないから。
解決しないのは、過去の宿業が出ているんだ。とかとか。

「仏罰」という言葉に縛られて、どんどん深いループに墜ちていく…。
何とも悲しい思い込みです。


あ、それから。
2つ前の記事「うぬぼれないで!」で、書きましたが、トンチンカン地区婦。
「地区の一員である事は変わりないので、連絡だけはさせていただきます。」
とメールにありましたけど、あれから2ヶ月、なーんの連絡もありません。
本当に会合に出て欲しい、って思うなら、いつどこで、どんな会合があるか連絡してくださいな。

「地区の一員である事は変わりないので、[選挙と財務の]連絡だけはさせていただきます。」
の間違いですよね?言葉足りないっす(笑)




[PR]
by awake_2014 | 2015-11-11 00:00 | 5.いろいろ | Comments(6)