<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

新地区婦と自己変化

またまた間があきましたが、以前にも書きました通り、「アップが少ないのは平穏な証拠」です037.gif
常々書こうと思うことはあったりするのですが、仕事に育児に…と時間に追われてます。
でも、忙しいけど充実してます。
短時間の在宅ワークでコツコツ貯金して。子供が学校の友達と仲良くなり、ママ友さんも増えて。隙間時間に好きな読書もできて。
ブログを書く間隔が空いておりますが…創価の事を考える時間なんて、もったいないですからねっ!034.gif


2-2.覚醒へ、新・地区婦人部長」から出てきた、私を覚醒へと導いてくれた(?)地区婦人部長=トンチンカン地区婦。

あれこれメールでやりとりした最後が「これから20年30年後を楽しみにします。ありがとう。」ですからねぇ。どんだけ上から目線なのよ…。
でも、ブログに書いてきた通り、ちっとも会わず、穏やかな普通の生活をしておりました。

が、今日変化が。
日中出かけていたのですが、帰ってきてポストを開けると封筒が。
「アズラ様 ××地区△△」

ゲゲゲッ。久々に来た手書きの手紙。
そんなの、婦人部しかあり得ない~。町内会とかご近所さんは、同居してる義母がやりとりしてるし、ママ友さんはLINEですからね。
△△って誰だろう?
開けてみると…

「はじめまして。この度、××地区の地区婦人部長に任命されました△△と申します。
 本日はごあいさつで伺いました。お留守のようでしたので、お手紙書きました。
 お世話になります。また伺います。△△ 090-xxxx-xxxx」

ドアホンを確認すると「未再生」の文字。再生してみると、顔まではっきり分からないものの、女性が二人、お子さんが一人。
おそらく、トンチンカン&新地区婦+そのお子さん、と思われます。

訪問お断り~って伝えてませんでしたっけ?
良かった、留守で…。同居の義母も外出中だったようですし。

我が家は二世帯住宅で義母と同居しており、生活は1Fと2Fで別々ですが、玄関は1つ。
その為、覚醒した後も、ドアホンをならされると、義母が先に出てしまい、「アズラさ~ん、お客さん来てるわよ」と言われてしまい、居留守は使えないのです。

「お世話になります」って書かれても、お世話もしないし、されたくないし。
「また伺います」って、来て欲しくないし、話すことないし。

なんかねぇ…もう今から想像できます。
活動していない人だけど、今日家庭訪問したら、玄関先に出てきてくれてお話しできたわ♪お題目あげてから行ったから功徳なのね♪
みたいな…。相手の迷惑も考えず、自己満足な家庭訪問…。

次にいつ来るか知りませんが、会わないといけない状況になったら、沈着冷静に、
 もう活動するつもりはない。財務もやるつもりはない。選挙も自分の意思で投票する。 お話しすることも無いので、今後訪問はやめてほしい。
そう言わなくてはなぁ。面倒な…。
引き継ぎするなら、そういう所も引き継ぎして欲しいもんです。

そうやってガツンと言わないと、婦人部って分かってくれない人がいますからね…。
会合出なくてもお話だけでも~とか。
だから、お話をしたくないんです!みたいなね。
創価がらみの話をするのはもちろんだし、世間話だってしたくない。
だって、世間話からこっちの状況を探って、「一緒に祈りましょう!」になるもだん。

新地区婦…どんな人なんだか。
そして、トンチンカンさんは、どうしたんでしょうかね?
新地区婦のご挨拶お手紙よりも、トンチンカンさんの退任ご挨拶が欲しかったわ。
人手不足の中、今度はどこの何長になったんでしょね?


というか・・・

正式に脱会したいんですけどねぇ…。向こうがそれを認めないとしても、こっちとしては、きっちり書類出して、コピー本尊も返しましたからね!と胸張って言いたい。だからもう関わらないでくださいね、と。
名簿にあれば、まあ訪問しないわけにいかないんでしょうしね、バリ活さんも。

これもブログに度々書いてきましたが、母が熱心に励む限り、それはできないだろうなぁ。若いときから信仰してるのに、未だに心配性で、何かある度に睡眠剤飲まないと寝れないような人ですから。
父亡き後、一人娘が脱会なんてことになったら、どうなっちゃうんだか。
独り暮らしとなった母のご近所づきあいは、婦人部中心ですしね。

…って、どんだけ頑張っても昔から悪いところは何も変わってないんだよなぁ。
そんな母の影響で、私も心配性が抜けきれず。
でも、私は結婚したパパが「うまくいくよ!」という『Take it easy』な人で、そのおかげでかなり心配性メーターは激減しましたけども。

私が手術を受けることになった時、そりゃもう母は「大丈夫かしら」「お題目あげなくちゃ」「祈れば大丈夫」「完治して使命を…」とか、もうオドオド…。
当時付き合っていたパパは「大丈夫だよ」「うまくいくから」ってニコニコ。
今まで色々ありながらも、パパの「大丈夫」という言葉にどれほどすくわれたことか…。

ふと振り返ると、覚醒してからは気軽に会話できるママ友さんも増えたし、一緒にランチして、みんなで心底大笑いしたり…。心が解放されたから?
これが、お題目でもあげてたら「功徳だわ♪」になっちゃうんだろうか…。
そんなもん無くたって、日々の幸せは自分の心次第で訪れるものですよね。

強制的・義務的な宗教なんぞ無くたって、人は変われる。そう思います。017.gif


[PR]
by awake_2014 | 2016-10-21 00:00 | 6.その後(2016年) | Comments(4)