選挙ですねぇ

毎度のおきまり文句ですが、またまた久々の更新です。
が、我が家、平穏に暮らしております。日々、感謝。

始まりましたねぇ。選挙戦。
公示前は、毎日情勢が変わるような感じで、こんなの過去に無かったですね。
野党第一党が新党に吸収されちゃうなんて。
そしてナツオさんは「立憲民主党は、いっけん民主党だ」と演説でおっしゃっていて…テレビ見ながら「ダジャレかよっ!」と一人ツッコミ入れてました(汗)

当たり前ですが、今回も自分の意志でしっかりと考えた党・人に投票します。
これだけ情勢がドタバタしていると、マニフェスト見たり、立候補者の意見を読んだりするだけで、手一杯ですけどね。とても他人様に、ぜひ○○を!なんてオススメしてる余裕はございません。

私のブログでも、度々選挙のことは書いておりますが…
3-5.覚醒後の生活・2
今、アレなんでね
背筋の凍る選挙活動
投票には行きました
Fとるぞ!福運つむぞ!と思っている方々…最低限、公明党のマニフェストとか、しっかり読んで理解して下さいね…ホントに。

それにしても、公明党、最近ユルユルじゃないですかね?
昨年の参議院選挙で比例トップ当選をした長沢広明復興副大臣。
20代のホステスを議員宿舎に宿泊させ、カードキーまで貸していて、辞職。
さらに、比例近畿ブロックで公認されていた樋口尚也前文部科学省政務官。
文春に、赤坂のホテルで女性と密会、と報道されて公認辞退、離党。
まあ、指摘されてすぐ辞めるのは、最近多い不倫疑惑議員よりも幾分マシかもしれませんが。

解散総選挙か、と報道され始めた頃「考えただけで疲れる」とメールに書いてきた母ですが、この不倫議員に激怒しておりました。母に同情しときます(汗)
でも、私の感覚では思っていたほど大きく取り上げられなかったな、というか。
なんかこう…大きな力が、これ以上取り上げるなよ~という封じ込めをしているような気がしてなりませんけども。

そして、春頃から何もなく平穏だったのに、先日、地区婦が訪問…。夫が居たので「出かけてます」ってドアホンで対応してもらいましたけど。
普段は、あんな未活の人どーでもいいわ、なのに、選挙と財務の時だけは、一部員さんですから!みたいな対応してくるっていうね。
そして、その数日後、ポストに封筒が。
「ビクトリー唱題会のご連絡です。公明党の資料も入れておきます。」と、毎度おなじみ手作り入場券と資料。
はっきり言えよ~。選挙よろしく!って。確かこの名の唱題会、定例でやってるはずだけど、久々に聞きましたけどね。こんな時だけ連絡ですか。

ホントにもう…分かりやすいっていうか。
選挙終わったら、今度は財務の時期にくるんでしょうね。
何も活動してないのに、なんで最低1万円の寄付しなくちゃいかんのか。会館の敷地に入ったこともないし、何のお世話にもなってないんですけどね。

と、吐き出させて頂いて、家の中では笑顔で楽しく過ごしたいと思います♪



[PR]
# by awake_2014 | 2017-10-13 00:00 | 7.その後(2017年) | Comments(13)

葬儀のことを考える

毎度のことですが、また1ヶ月以上あきました。
でも、やっぱり元気です。毎日平穏に過ごしております。
子供がちょっとケガした、という事ぐらいでしょうかね。
でも、予定よりも早く完治して通院終了となりましたし。
「守られたわぁ…」ではなく、子供の治癒力ってすごいな!です。

そんな中、ネットを見ていたら、こんなのを見つけまして。
創価学会は僧侶なし、香典なし 友人葬という先端〈AERA〉
https://dot.asahi.com/aera/2017080400065.html?page=1

なんか、学会員が書いた記事か?という程、友人葬を褒めてます。
お金かからない、みたいなこと書いてありますけど。
そりゃぁ~ねぇ~。死ぬ前にいっぱい払ってるんだもん。最後ぐらい、お食事代程度の導師で終わってくれないと。
書籍買って、人の分まで新聞買って、選挙で票集めて、広布基金出して。
だからですよ、って記事に書いてもらわないと誤解されますね。

記事では、学会員ではないけど友人葬したいと相談されたのでやって、300万の葬儀代が80万ですんだと喜んでもらえて、学会の理解を深めてもらってる、という内容もあるのですが。

いやぁ…もう、その人はターゲットですよね。今は葬式も広宣流布ツール…。
今度座談会に来てね、から始まって。逃げられないですよね、お安く友人葬やってもらっちゃってるし。新聞入れられて、選挙の度に電話がきて…。
っていうか、安くあがって喜んでるわけで、それが学会の理解なのかしら、ですけど。
確かに、一般的なお坊さんだと、結構な額を包んだり、戒名つけるのにいくらとか。戒名でも、こういう漢字が入ると高い、とか。なんじゃそら、というお金が出ていきますからね。

私もそれはどうなんだ?という気がします。戒名ないと成仏しないですか?みたいなね。
いくら立派な葬儀をしても、ものすごい漢字使った戒名でも、豪華なお墓を建てても…いつまでも故人を思う人がいないんじゃさ…。お墓立派でも墓参りされないんじゃさ…。そう思います。
我が家は、私も主人も父が他界してますが、家族で夕飯食べながら、じーじはこんなだったよね~、なんて、頻繁に話題に出てきます。それが一番の供養だと思ってるので。


私の父も、やはり友人葬でした。
熱心な活動家ではなかったけれど、人生のピンチを救ってくれた、と言ってましたのでね。若い頃ギャンブルとか投資で失敗して、そこから立ち直ったのはこのおかげ、って。

まあ、実家周辺の学会員さんが大勢来て頂きまして。一緒に読経してくれまして。
それは娘として感謝でした。
でも、いっぱいいっぱいだった葬儀を終えてしばらくしてから…。
何だかよく分からん人が、最後に父の骨を拾ってたのが、何だかね…。
私としては、え~、火葬場までこんなに来る?って感じだったんです。
私が子供の頃からお世話になった方とかならまだしも、結婚してから実家を離れて数年。そんなに親しい方なんかしら…っていう。
なんかこう…同志ですから!みたいな空気を感じたんです…。


偶然、この記事の少し前に、母とメールをやりとりしている時、色々な話しの流れで葬式の話題になりまして。
正直に母に伝えたんです。
今さらだけど、お父さんの葬儀で、私の知らない人が大勢、お父さんの骨を拾っていたのが、何か違和感があった。親族と長年の知り合いなら分かるけど、何か…って思った。
そして、
お母さんは、いつか自分の葬儀をする時、大勢の人が来てくれた方がいい?家族葬みたいにこじんまりの方がいい?
って聞いてみたんです。そしたら
私は家族葬でいいよ。今は簡素化が流行だし、こっちの親戚もみんな年取って動けなかったり亡くなったりだし、そっち(私の嫁ぎ先)の親族は関わりがないし。○○さんのように、亡くなった後に手紙で知らせてもらえればいいなぁ、と。来てもらっても気を遣うだけだから。お香典もお返しもなし。もちろん坊主はお断り。学会以外の葬儀屋は、あちこち追加してお金を取るからね。等々。
…と最後は婦人部モードでしたが(笑)
母の本音を伝えてもらって、良かったな、と。

こういう話って、元気なうちじゃないと出来ませんからね。
寝たきりになってから話せないし。本人が、こーしてくれ、っていうならいいけど。

私の嫁いだ今の家では、お墓を近くにお引っ越しさせる話が出てまして。
そういうのをきっかけに、いざとなったらどうするのか、っていうことを、色々聞いておくのって大事だよな、と思いました。
結婚式みたいに、事前にじっくり準備できませんからね、ホントに。
お盆を迎えるにあたって、そういう会話をするのもいいかなぁと思いました。

自然災害が猛威を振るっています。夏の暑さも危険レベル。
どうぞ皆様、お身体ご自愛くださいませ。




[PR]
# by awake_2014 | 2017-08-09 00:00 | 7.その後(2017年) | Comments(14)