ご無沙汰しております。
やっとこ子供の夏休みが終わりました!
子供のお昼ご飯を作らなくて良い日常に戻りました!(笑)
旅行、映画、お祭り、花火…ママ、頑張りました(笑)

夏休みも全く組織と関わりが無く。
近所にいるはずの学会員さんと、まーったく会わないんですけど?!
全員引っ越したのか?!

2-1.覚醒へ、常識外れの婦人部 」で書きましたが、
=====
 顔見知りのママに学会宣言しようよ!(略)
 相手が嫌ったり、離れていくなら、それま でなのよ。
 そういう人だって思えばいいんだから
=====

うちの近所はこういう考えなんですかね?
私は「そういう人」なんでしょう。
だからより一層、お花畑モードが加速するんでしょうね…。

さらに、学会員が「そういう人」に変化したら、
「信心に背を向けるなんて罰が当たる」
と話しているのかもしれません。
私が不幸になるのを待っているのかもしれません。
人の不幸話、好きですからね…。ほらみたことか!みたいなね。
本当に人を、世界を幸せにするのが目的ならば、「そういう人」を救ってあげるべきだと思うんですけどね。

この芸能人は学会員なのよ!と、売れてる時は広告塔にして。
売れなくなればほったらかし。
犯罪者になったりすれば「お題目あげないと、あぁなっちゃうのよ」みたいなね。

…と、こういう事書いてると、キリがないので、やめときます(笑)


この夏休み中のお話をひとつ。

組織とは全く関係ないのですが、唯一関係するのが「母」です。
ブログにも書きましたが、4月に股関節の手術を受けました。
実家と私の家は、電車を乗り換えて30分程なのですが、術後落ち着いても、人混みを歩くのは怖いと、我が家に遊びに来ることが無くなりました。

というのもあり、もう半年前から、我が家のタンスの上にある小さな仏壇は扉を閉めっぱなし。まあ、やかましい母が来たら、そん時だけ開けておけばいっか、という感じでした。
扉しめたもんで、その前に物置いたりしちゃってね。

んが。8月の終わり、突然母が今から行っていいかしら、と。
実家のトラブル」でも書いたのですが、実家は両親が食堂を経営していました。
その後、店舗を貸したものの、貸した相手が悪く、散々なことが続き…。
新たな不動産仲介業の方に依頼したところ、1年半借り手がいなかった店舗に、借り手ができた、ということでした。

その仲介業の方、隣の地区の支部長だそうで(汗)いらん情報ですが。
「とってもしっかりしてるのよ」と、喜んでました。それは良かったです(汗)

その契約やらの書類を見せたり話をしたいということで、半年ぶりに母が来たのですが、私、すっかり忘れてたのです。扉を開けること。

母が帰るときは、必ず「じゃあ、ばーば、ナムナムして帰るね」と私の子供に言って、タンスの上に向かって題目三唱し、「○○(私の子)もナムナムしてね」とか、いらん事を言って帰るのがおきまりなのです。

その部屋に入って母は、「あら、扉、閉めちゃってるの?」
やっべー!開けるの忘れてた!「あ…うん」
ごまかす言葉も出てきませんでした。

でも、母はそれ以上、何も言いませんでした。
子供の頃は、「おしきみの葉をくわえて、息を吐き出さずに扉を開け閉めするのよ」「毎朝扉を開けて朝の挨拶をして、夜は今日も一日平穏だったと感謝をして閉めるのよ」なんて言われていました。

何か言ってくるかと思ったけど、何も言いませんでした。

最近、組織に対して否定的な事を言う私に、あまり言わない方がいい、と思っているのかもしれません。私の性格、分かってますからね。言えば言うほど反発するのを。

新たな借り手がという話をした時も
「今度の人には、聖教新聞の体験談とか持って行ったりしない方がいいよ。ただの家主なんだからさ。」
という話をしたんですけどもね。
父がやめた後、最初に借りた人にも、次の人にも、厳しい、大変と言われれば、新聞の切り抜きとか持っていったそうですから…。

そんなもん、いらんですよね…。
借り主からしたら、厳しいから家賃下げてくれないかな~って思いだけでしょうし、そんなんもらったら、ドン引きですわ。
「今度の人は企業みたいだから持って行かないわよ」
また個人の人が借りたら持っていくんかいっ!とツッコミたくなりましたが。

最近は、新聞の話もあまりしないし、まあ選挙があれば「投票に」ってしつこいですけど、私をあまり刺激しないようにしてるのかもしれません。
今更言ってきても、サラリとかわしますけどね。


一人っ子の私は、生まれてからのことを知る母と、ありのままの気持ちで色んな事を話したい、と思っています。特に年齢を重ねてくるとなおさら。
でも、「創価」がそれを妨害します。
「病院で検診したら、再検査しましょうって言われちゃってさ」と言えば、「じゃあしっかり祈らないと」と始まってしまうのです。
「大丈夫よ」という一言が欲しいだけなのに。
私の母は「祈ってるから」「祈るから大丈夫」としか言えないんですよね。悲しいかな。




[PR]
# by awake_2014 | 2016-09-05 00:00 | 6.その後(2016年) | Comments(8)

投票には行きました

またまた前回から一ヶ月経ってしまいました。
選挙も終わり、そのことを書こうかと思っていたのですが、子供が夏休みになり、初っぱなから家族旅行に出かけ、その後もプールや映画…。母、頑張っております。

真実と幻想と創価学会」のクロさんにご報告した、週刊ダイヤモンドの記事についても、色々とありつつ、まとめられておりません。クロさん、スミマセン。

とりあえず、もう20日も前のことですが、選挙のことを。

2014年2月に覚醒し、そこから会合やら新聞やら拒否し始めた私ですが、選挙になると地区の誰かしらからメールが入っておりました。ブログでも書いてきましたが。昨年の選挙では、背筋が凍る内容もありました…。(「背筋の凍る選挙活動」 )

んが。今回は、全く何もありませんでした!
すっかり放置されている私ですが、ついに選挙活動も放置されたようです。
「友人に依頼できた?」「ご主人にお願いできた?」ということがありませんでした!

あぁ…でも、2つ前の「ママ繋がり…からの選挙スタート」で書いたママさんには、選挙前に「ご主人、投票いける?」と言われ「この前、一緒に期日前投票してきたので」と返事する、というのはありましたが。
このママさんから、実はうちの地区の人に繋がってるとか?うーむ…。このへんは、謎なところですが。
『誰に』投票したかは言ってないですけどね。行った、ってことだけです。はい。


あとは、相変わらずな母です…。

投票2週間前には、「○日○時~NHKで政見放送、2回目は…(略)ぜひ見て聞いてください。」
投票10日前には「期日前投票が始まっています。××さん、下手すると次点、浮上できず厳しいです。ぜひ投票を。」
投票2日前には「××の街頭演説に友達を誘って行ってきました。」

そして投票日には「(親戚)に電話して確認。聞くと、××の選挙カーのすぐ側に共産党の選挙カーが来て演説が始まり、警察車両が4台来て、共産党が戦争反対のデモを始めて××の演説が聞こえなくなったとのこと。いつものことだけれど、共産党の選挙妨害はひどい。」等々、ガラケーの小さい画面で、これでもか!というメールを送ってきました。長すぎるのでカットします…。
そして20時過ぎには「地区の拠点に行きテレビをつけたら、すぐに当確。あとは全員当選を祈ります。」

うんざりする選挙期間でした…。
10日前に「ぜひ投票を」というメールがきた時、「もう期日前投票してきたから。パパも一緒に。」と返信したら、喜びのメールが返ってきました…。

だーかーらー!
誰に投票したかは言ってないですけどっ!!!

私が投票すると、公明党に1票、って思ってらっしゃるようですが。とんだ勘違いなわけでして。
ホントにお花畑なんだから…。すべて良い方向に解釈してしまう。
悩みが出れば「お題目をあげるチャンス!」、解決すれば「祈ったから!」。
ある意味、幸せですけどね…。お花畑の中では。




[PR]
# by awake_2014 | 2016-07-29 00:00 | 6.その後(2016年) | Comments(6)