※最新記事は次の記事からです。この記事は常にトップとなります。

ハンドルネーム「アズラ」。
祖母からの学会3世。現在は、非活の40代主婦です。

10代は活動に打ち込むものの、八王子のS大学在学中、一般世間とのズレを感じ始める。
女子部時代は仕事に打ち込み幽霊状態。
婦人部となり、出産&退職後、我が子を思って活動したが、やはり違和感。
2013年の終わりに、地区婦人部長との会話がきっかけで、「違和感」が「不信」へ。
2014年2月、地区婦人部長の「20年30年後を楽しみにします。」というメールの一文で、覚醒へ。
ネットで様々な方の体験・経験を知り、「私だけじゃ無かった」と確信をもつ。
現在、非活として自分の半生を振り返り中。

自分の半生を振り返ると同時に、同じように悩んでいる方が何かを感じてもられえば、と思い、まとめました。
「人生は山あり谷あり」。「仏罰」などないのです。
誰にでも良いことは起こる。悪いことも起こる。悩みも出てくる。

冷静に考えれば、悩みの無い人なんて、いるのでしょうか?
壁に当たって宗教を求めることがあっても、それは個人の自由。
義務でもなく、人から強制されるものではないはずです。
私に創価の力は不要です。

2014年に感じたことを中心に、1~4のカテゴリでまとめました。
各記事の日付は時系列に並べたもので、実際に記事を書いた日付ではありません。
カテゴリ5.~は、2015年~に思ったことを綴っています。

【重要:コメントについて】
コメントは、承認制とさせて頂きます。
私と同じ考えの方(=創価という組織活動に反対意見を持つ方)のみ承認させて頂きます。
失礼ながら、創価万歳!という方、そういったコメントは、承認せず削除させて頂きます。
(創価の素晴らしさを語ったり、私に対して間違っている!と反論するコメント等)

私は、創価のおかげで幸福!という方は、周囲に迷惑をかけなければ良いと思っています。
宗教は自由なものと思うからです。
創価万歳の方に対し、反論して、やめなさい!とは言いません。
ですから、私に対しても、創価は正しい!と反論したり、説き伏せるようなコメントは拒否します。
私のブログのコメント欄は、同じ考えを持つ者同士が意見交換できれば、と思っています。

覚醒の確信をもつきっかけをくださった、「わだかまらない生き方(旧 don't trust ///)」の祥蘭さんに、心から感謝します。





# by awake_2014 | 2019-12-31 23:59 | 0.はじめに

相変わらずですが

またまた3ヶ月経ちまして。いつの間にか新年でした。
放置気味のブログですが、私の過去の経験の記事にアクセス頂いているようですので、引き続き残しておきたいと思っています。
数年前、私がピン!ときた時のように、迷っている方が、新たな一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。
いつの間にか、「その後」というカテゴリーも増えました。あれからもう5年経つんだな~と。

私の方は…まあ、体調不良もあったりしましたが、家族揃って新年を迎えまして。
学会の方でも、悪いことひとつもない!ってことないでしょうしね。
誰だって、山あり谷あり、なんです。
病院も行くし、周りに悩みを相談して慰めてもらったり。子供の笑顔に癒やされたり。

楽しいこと、悲しいこと、嬉しいこと、痛いこと…
色々あるのが人生。
平凡でも家族で笑ってご飯食べる幸せ。
今年もこれをかみしめて、周りに感謝しつつ、1日1日を過ごしていけたら、と思っています。

…って平穏に暮らしたいけど、年末は「新年勤行会」、年明けは「座談会」の入場券、さらに選挙に向けたチラシがポストインされてますけどね~。んま、ポストインなら、いっか。
でも私は行かないんで、行く予定のある方に回してくださって結構なんですけどね。紙もったいないし。恥ずかしいゴミになっちゃうので(汗)

新年と言えば年賀状ですが、何年も会っていない学会繋がりだけの人に、年賀状やめます、と伝えたので、これもサッパリしました。「今年は会いたいね」って書きつつ20年以上会って無くて毎年この一言…の年賀状もなくなって、落ち着きました。
会いたいのは選挙とか財務の前ぐらいなのに。思ってもない事書いても、気持ちは伝わりませんですよ。

また活動家の方は、嫌々ながらも功徳だからって選挙活動するんでしょうねぇ…。ご苦労様です。
選挙お願いして功徳なんて、そんなのおかしいですよ。
お題目あげたから功徳、ならまだしも。
やりたくないことを無理してやっても、ストレスになるだけ。
周りからは、また選挙前だけ電話してきたわ、って思われるだけです。
嘘ついてFの数報告しても、選挙の結果で出ちゃいますしね。
(公明党の比例票は、年々減少してます。比例票・公明党、とかで検索すると出てくるかな)

選挙は、立候補した人のマニフェストを読んで、この人に託してみよう、という人に投票すべきです。よね。
主人の言葉じゃないですが「選挙の前だけ電話してきて頼まれて入れるかよ」です(笑)

またダラダラと書いてしまいましたが、皆様も素敵な一年となりますように。


# by awake_2014 | 2019-01-15 00:00 | 9.その後(2019年) | Comments(0)